飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
購入のお申込、お問合せはこちらのサイトから

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

「コメント」「お問い合わせ」は、日本語でお願いします。
(日本語以外は無視または削除します)

風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館へ

008 ある日突然に両手を失ったら・・・。
トラクターで耕し機械を洗う、農業を営むものなら日常の光景。
 物事に偶然は無い、全ては必然。そして、その人に与えられたストーリー。
 運命を受け入れ、自らの使命を果たす姿。作品の数々。両手両足が満たされ、人生があまくなっていることを改めて教えられます。

 熊本南阿蘇の山麓に建つ美術館。念いの力を感じさせられました。

田圃の整地

IMG_0113 ここ数年、稲刈りを終えると慌ただしく上京していたので、家族に任せっきりだった田圃の整地。稲刈りが早く終わった今年は、スコップを持って土を動かしています。





IMG_0112 長い距離は一輪車を・・・。

県立名護屋城博物館へ出かける

IMG_0108 9月18日から11月8日まで、佐賀県立名護屋城博物館では「鬼島津が遺したもの」と題した特別展、島津義弘氏と文禄・慶長の役を題材にしたイベントが開催されています。18日は学芸員による調査・研究の成果を発表する講座が開催されるということで、足を運んできました。


IMG_0101 稲刈りが進む佐賀県、爽やかな秋晴れを楽しむようにちょっと遠回り。女山トンネルから伊万里市波多津を通り、玄海町の浜野浦を経由して、道の駅「桃山天下市」に立ち寄りました。
 お昼ご飯に「ウニ入り海鮮丼」をいただき、その間にリーフの充電も行いました。


IMG_0110 さて、お腹を満たして博物館へ。
 この日は茶道総偏流唐津支部の皆さんが、お茶のおもてなしをなさっていました。いろんなイベントが中止になる中、ほっと出来る時間をいただくことが出来ました。




IMG_0105 お菓子は島津藩の家紋にちなんで。

 90分の講演を終えて、帰り道は「太閤道」から旧(上場)広域農道を経由して山本へ。
 まだ稲刈りが行われている美しい佐賀の色を楽しむことが出来た一日でした。
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ