飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
購入のお申込、お問合せはこちらのサイトから

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

「コメント」「お問い合わせ」は、日本語でお願いします。
(日本語以外は無視または削除します)

太った猫より痩せたライオンに

 現代日本を支配するのは太った猫。あたかも天から降ってきたかのような給料に甘んじて、想像力をなくした事なかれ主義の官僚・政治家たち。それに群がる、サラリーマンや年金生活者から生活保護者まで。危機的状況におかれても、明日の暮らしは誰かがなんとかしてくれるだろうと考えているような。
 一方の痩せたライオンたちは、企業の経営者から小さなお店を営む個人事業主たち。他人の傘から独立し、それぞれの夢を追って明日の暮らしに対する不安を恐れず挑戦する人たち。

 民主主義・自由主義社会として日本の未来をどちらが切り開く可能性を秘めているかは明白である。
 今回の騒動「コロナウイルスチャイナ武漢型」によって、日本の自由と民主主義が危機に陥っている。問題なのは、その危機が情報洗脳された日本人にとって、民主主義を失い共産主義国家に変えられようとしていることに気づくことができないでいることだ。

 重要な局面で日本の指導者たちは、大きなミスを犯しました。まるで80年前に
「北進してソ連と対峙せよ」という流れがあったにもかかわらず、情報をコントロールされ「南進そして対米戦争へ」と進んだ過ちを繰り返すかのように。


 戦後、多くの知識人が公職追放されて、残ったのは東大でも左翼の思想家です。その指導を受けて今の霞が関を支配する役人は当然、左翼思想でしょう。そんな日本で昭和の時代まで左右のバランスが取れてきたのは、農業や商売を営む国家や文化を大切にしてきた庶民の力が、自民党の保守勢力として力を発揮していたからだと振り返ることができます。
 その頼りにされていた自民党は、平成10年代に入って共産主義の公明党と政治を行うようになりました。庶民の声より集票マシンの共産主義、グローバリズムの声を聞く方が心地よいのです。


 米中経済戦争の最前線が今の日本です。巧みな情報戦が仕掛けられています。

 志村けんさんの訃報は残念です。しかし、グローバリズムが情報戦を有利にする戦略としての効果は絶大でした。

 今回の騒動は米中経済戦争に起因した「グローバリズム(共産主義)と反グローバリズム(ナショナリズム)の最終戦争、情報戦ではないのか」と推測して考える方が分かり易いと感じます。

 2019年からのトランプ大統領による対チャイナ政策により、経済的に苦しくなってきた中国共産党。香港デモやウイグルでの人権問題にも、マスメディアを通して非難の声が上がり始めた頃に、武漢肺炎の煙は上り始めました。台湾では、蔡英文総統の再選に焦点が当たる時期です。
 そして、台湾の総統選挙で蔡英文総統のもと、民主主義の継続が支持された直後に、コロナウイルスチャイナ武漢型は日本へ運ばれてきました。

 今年最大のテーマはトランプ大統領の再選です。それを阻止したいグローバリズム勢力は、世界経済の減速がトランプ大統領の支持率低下につながるので、今回のウイルス誕生とそれに対する報道は、グローバリズム勢力から仕掛けた心理戦です。入国禁止の措置を執りウイルスの侵入を防ごうとした台湾とトランプアメリカ合衆国はナショナリズムの最前線で戦っています。続いたのは英国などでしょうか。
 一方でグローバリズム信仰が強い安部政権の日本や韓国、ドイツといったところでは、経済が瀕死の状態に陥っています。
 本来、米中経済戦争で大きな痛手を受けたのはチャイナのはずでした。ところが、ウイルスが世界的に拡散した結果、世界経済は機能停止し相対的にチャイナの落ち込みが軽く見える状況を作り出したのです。明らかに中国共産党の勝利です。
 このままでは、日本社会から自由が奪われます。情報戦に気づくことができなければ日本は超格差社会を迎えます。日本人として共産主義国家へ変えられることは絶対に阻止しなければならないことです。
 日本という民主主義国家を大切に考えるなら、海洋国家としてトランプ大統領のアメリカ合衆国や台湾などの国々と、この危機を乗り越えるべきです。



 明確な治療方法、治療薬がないコロナウイルスチャイナ武漢型が怖いのは、太った猫達です。痩せたライオンは治療薬がないコロナウイルスよりも、時間とともに死へ追いやられるような政府判断のミス官製不況が辛いのです。
 初期の情報戦で敗れ、立て直しができずにいる日本では、これから痩せたライオン(中小企業の経営者)の自殺が急増するでしょう。実態経済を知らない太った猫たち(霞が関の役人や規制改革会議のメンバー)は、痩せたライオンのことなど、見下して関心のない存在ですから。
 今の自民党の政治家に痩せたライオンの心理がわかる人など片手で数えるほどしかいないでしょう。


令和の徳政令
 民主主義を守るためには、痩せたライオンを助けなければならないのです。本来は自分の力で生きていくことができ、周りも養うことができる人たちです。それが今、瀕死の状況に追い込まれています。直ちに必要なことは、30万円の現金を配ることでも、都市封鎖することでもありません。今必要な政策は「令和の徳政令」です。
 一定期間の社会活動の自粛を求められている以上、その間の社会活動に影響を与えたもの(継続して支払いが生じている債権)について、免責(免除)されなければ生きられないのです。具体的には
・ 住宅ローン、月々返済の事業資金
・ 賃貸物件の家賃など
・ 上下水道、電気などの基本料金
・ 学校などの授業料
などです。
 誰が負担するのか、債権者、自治体、国、・・・。負担は後から考えないと。急ぐべきは、自殺者を出さない仕組みづくりです。海外や世間で騒いでいる現金のバラマキは、消費税による不況対策にはなっても、コロナウイルスチャイナ武漢型騒動の対策にはなりません。
 続けて必要になる対策が、社会保険料の事業者負担減免と雇用保険の仕組みを利用した従業員への所得補償です。さらに、社会保障の枠みの外で労働する人たちの暮らしを支えるためには、土木を中心とした公共事業の実施が有効だと考えます。密集する屋内での活動を避け、昨年露呈した災害、風害から街と資産を護るためにも。

 消費税減税や現金給付を求める声が上がり、(一部の世帯に)現金30万円が配られるという話も出ているようですが、これは正しくありません。消費増税による昨年末からの不景気に対する取り組みとしては、正しい政策ですが、急がれる問題は官製不況への対策です。労働によって所得のない子供達や年金受給者に、現金を配るなど必要ない政策です。急いで行うべき政策は所得が減少した人や企業への支援、所得を失った人への支援です。働いていない人への支援を一緒にしてはなりません。



 3月29日、東京では季節外れの雪が降りました。なごり雪、と言うにはちょっと遅い入学式、新学期を目の前にした時です。

 人の心を人気(じんき)といいます。
 経済活動のことを景気といいます。
 自然環境のことを大気といいます。

 人気と景気と大気が繋がっていることを学ぶのが気の学問です。コロナウイルスチャイナ武漢型で騒ぐ東京の指導者は、人気を悪くして景気を壊しました。景気がマイナスに触れたことで、大気もマイナスに触れて季節はずれの雪をもたらしたのです。自然環境が私たちの心を映す鏡であることを知る指導者は、現代の日本にはいないでしょう。左傾化された戦後教育、その頂点に立つ人たちが社会を動かしているからです。

 大気は移り変わり、暖かい恵みを与えてくれます。次は私たち人の心が変わる番です。自然からのメッセージに気づくことができますか。

新しいパソコンはNEC製で

027 Windows7のサポートサービス終了に伴い、インターネットを使ったパソコン利用を控えておりましたが、3月24日に新しいパソコンを起動させることができました。
 今回は、20年ぶりにNECのパソコンを購入しました。データのセキュリティーを重視し、メイドイン日本にこだわっての選択です。そして、これまでは安さ重視で購入しておりましたが、今回はシンプルな内容とスピード重視です。
 住宅のデザインを仕事にしていた時代と異なり、画像を重視する必要がなくなりましたので、保存データも少なめです。これまで、電源を入れて1分以上かかっていた起動時間が、10秒足らずになりました。これまで失った時間の大きさを痛感しております。

 パソコンのパスワードを思い出すのに、ちょっと時間がかかりそうですが、少しずつネットに復帰していきたいと思います。

 

田圃で禅体験ツアー 2020

015 京都東山に哲学の道と呼ばれる場所があります。哲学者西田幾多郎先生が散策された場所で、歩いてみると桜並木の平坦な川縁の小道が2kmほど続いています。自然環境の良いところで身体に負担のかからない歩行を続けることは、歩行禅という自らの思考を整理する瞑想の効果が生じるのです。

 さて、お米作りの体験といえば「田植え」と「稲刈り」をイメージされるでしょう。しかし、実際のお米作りは5ヶ月間、毎日(時間は1時間かからない日もある)観察し、何らかの手を加えています。特に田植え前の苗作りや畦の整備、移植後の草取りなどは機械に代わることのできない生産者にとって負担の大きな日々の作業です。
 そんな農作業の一コマ草取りですが、30分ほどの短時間にとどめることで、哲学の道を歩くことと同じ瞑想効果があることに気づきました。日本の精神文化の根源でもある米作り。その一コマを体験することで自然とふれあいながら瞑想し都会生活では感じることができない気づきを体感してみませんか?
 昨年に続いての企画ですが、本年は夏季オリンピック、パラリンピック対応のため、期日を限定してのご案内です。


募集内容   
参加資格 1.これまでに Shi-和 をご購入いただいた方
       2.今年、日産鮎川義塾で気の學門を学んでいる方
       3.日産鮎川義塾、指導員初級修了以上を終了した方

期日     7月4日土曜〜5日日曜
       7月5日日曜〜6日月曜
       7月6日月曜〜7日火曜
       7月8日水曜〜9日木曜
       7月11日土曜〜12日日曜
       7月12日日曜〜13日月曜
       7月13日月曜〜14日火曜
       7月15日水曜〜16日木曜
  以上の1泊2日を基本とします。

定員    各回1組 送迎は4名まで乗車可能(ペット同伴での参加はご遠慮ください)

料金     1人 5千円(子ども同額、アルコール代、入浴料および昼食代など別途)

基本ツアープログラム (詳細は各回グループごとに対応)
佐賀空港お迎え 成田空港12:30発 または羽田空港13:10発の飛行機に対応
 (羽田便1日5往復。他の時間や他の公共交通をご利用の場合、事前打ち合わせ。)

オリエンテーション 16:30〜17:00
草取り体験    17:30〜18:00
入浴       18:30〜19:30
     車で約5分の「ゆめりあ(200円)」にて
夕食      19:30〜21:30
就寝

農業体験など   6:45〜8:00
朝食         7:30〜8:45 自家製季節のお野菜とご飯、味噌汁
               (味噌は自家製大豆とくず米を使用)
オプションツアー    〜14:30 (案内のみ、昼食などは別料金)
佐賀空港お見送り     14:50

参加特典
1.2019年産Shin-和を3回以上、または20kg以上ご購入いただいてる参加者へ。
2.鮎川義塾指導員初級修了以上の方が参加されるグループ代表者へ。
 新嘗祭に合わせて、2020年産「Shin-和」(玄米無選別)5kgをお届けします。
   (11月20日発送予定)

お申込みの手順など
1.電話またはメールで希望日と人数を連絡する。
2.予定がなければ仮予約受付、すでに予定がある場合、その旨の連絡を致します。
3.仮予約受付の連絡を受けて航空券などの手配を行う。
4.ご利用交通と到着予定時刻、人数およびご希望のオプションプランを連絡する。
5.参加費は当日、現金で支払いをお願いいたします。
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ