飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
購入のお申込、お問合せはこちらのサイトから

震和会とは。
 (為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

日本の左傾化に終止符を打つ

 佐賀県知事選挙の注目点は、共産党の候補者が法定得票数を確保し、供託金300万円の没収を免れるか否かということでしょう。衆議院選挙の収支報告書を見ると、選挙費用に100万円を使わない共産党佐賀県支部にとって、報告書に偽りがなければ300万円の没収は大きな痛手になるはずだからです。
 公明党とともに組織選挙を行う共産党にとって、投票率が上がることは不利な要因です。50%割れが予想され、投票に行かないことを決めている私も選挙の投票率がどうなるか?
 共産党の財布の面からも注目しています。

 さて、日本の課題を克服するために積極財政を唱える人が増えています。私もその一人ですが、その議論に欠けている点が2つあります。

 食料をどうするかとエネルギーをどうするかです。

 消費税増税を凍結し、物価を安定(上昇)させることは、国内の景気を良くし、結果税収も増やせます。平成の30年間がほぼデフレで、為替も円高に推移した日本にとって、デフレ克服のためには、財政出動と減税が必要なことは明らかです。
 心配されるインフレを起こすことが、今の日本社会に必要なことです。

 ただ、実現するためのハードルになるのが、食糧の自給率とエネルギー自給率の問題です。平成のはじめに比べて、食糧自給率は明らかに低下してきました。それをごまかすために、本来自給率は穀物の重量ベースで議論するべきことを、カロリーベース、そして金額ベースで評価するように変わってしまいました。全くの愚策です。
 エネルギーの自給率も、福島原発の事故を境に安定供給を放棄する方向へ舵を切ってしまいました。
 先の大戦で、対米戦争を決断しなければならなかった最大の弱点。その弱点を、今あらためて世界にさらしているのです。

 この現状を打破するための方策はないか?

 一つの方策として
 2019年7月「消費税増税と憲法改正議論の凍結」を公約に衆参同日選挙を行うことがあるでしょう。将来の日本を考えられる真の政党、政治家は誰か?

 種子法改正や水道事業民営化など、日本国民のためにならない愚策を行う政府の、真相を示す機会をつくらなければなりません。

関口の椿山荘をゲストで訪ねる

029 いつもは仕事で訪れる、文京区関口にある椿山荘。
 昨日はクリスマスパーティーに参加するために、一人のお客として訪れました。





033 仕事で来るときにはみることが出来ない素敵なお庭です。昼間の景色はさらに素晴らしいものでしょう。
 この夜は、お庭以上に素敵な皆さん、先輩方と交流を深めることが出来ました。学び初めて丸7年。紹介される人より、紹介する人が増えたかな?
 そんなことを感じる夜でした。

壊れたパソコンのデータ復元

1216 選挙公報-7 10月に壊れたパソコン。ハードディスクからデータを取り出す作業を依頼し、全てではありませんが重要なデータを復元することが出来ているようです。
 住所録などもデータとしては取り出せましたが、開くためのアプリケーションを準備することが出来ません。年賀状の作成のためにも年末までには復旧できればと頑張っております。
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ