飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産はジャンボタニシ食害のため、一般販売を見合わせることにいたします。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「8月21日は震和会事務所前」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

武雄競輪場へ

055 知り合いの競輪選手が6月に遊びに来てくださいました。全く知らない世界でしたが、競輪の鐘は「追悼の鐘」を意味することや、一レースに出走する車数は陰陽の意味から7か9に決まっていること、さらには開催日が年金の支給日を意識して決められており、支給された年金を地元で使っていただき、その売上げで自治体が事業を行えるように考えられている、といったことを教えていただきました。
 それを聞いて早速現場の観察に武雄競輪へ足を運びました。もちろん、その選手の応援です。施設の快適さに、ちょっとビックリです。猛暑の3日間でしたが、冷房の効いた施設は年輩の皆さんにとっても快適な時間だと感じます。
 また一つ、新しい学びを得ることが出来ました。

雑草・ホタルイの除去に追われ

021 ジャンボタニシ対策に追われた今年の稲作初期段階。食害もだんだんと落ち着いてきました。
 こちらの圃場は、ジャンボタニシの被害が全くなかったので手を入れていませんでした。
 が! ホタルイで大変なことになっていました。

025 株間に生えるホタルイです。








023 片道約100mの水田を3株列ほど見て歩くとバケツ一杯になります。片道30分以上の除草は炎天下で長く続けられるものではありません。
 タニシ取りと交互に10日ほど、一通り目を通すことができました。8月に入ったらもう一度作業の必要があります。
 まだまだ、いろんな課題を体験できそうです。

長崎新幹線計画ミスの責任は?

 九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン。2022年開業時導入および2025年量産化導入が厳しくなったことを7月15日の佐賀新聞1面で報じられています。
 これを受けて佐賀県山口知事が、どのような方向に導くのかは、オスプレイや玄海原発再稼働問題への対応と共に注目する必要があります。私は、フリーゲージトレインの開発が困難なことによる導入遅れは、国に責任があるため2022年の新線開業時は、全区間在来線規格のスーパー特急を運行するべきだと考えます。武雄温泉〜諫早〜長崎は地元の要望も強く求められ先行して着工された区間です。工事が完了して放置すべきではありません。一方で全線フル規格化はコストが桁外れに大きくなることと同時に、牛津、高橋といった水災に弱い地域を通るルートであるため、それが適当であるかの検証を行うべきで、そのためには10年を超える時間が今後必要と考えるからです。
 もともと、新幹線長崎ルートに反対の立場であったものの、工事の進捗状況を考えると中止にはできないことから、先の選挙では「新鳥栖〜吉野ヶ里公園〜新佐賀〜多久〜武雄温泉」という新しいルートでのフル規格化を提唱していました。しかし、玄海原発再稼働とオスプレイの佐賀空港受入という課題の陰で大きな争点とはならなかったために、光を見ることはありませんでした。とはいえ、次世代をにらみながら玄海原発の避難ルートの確保、オスプレイの佐賀空港受入、そして水難の多い地域を避ける新幹線を考えたときに、このルートは費用以上の効果と安心をもたらすものと考えています。

 さて、今回の事態を引き起こした最大の問題は2006年に、古川前知事が本来、鹿島市などの自治体が行うべき並行在来線廃止地元同意を、ウルトラDのすご技で佐賀県の同意で進めたことにあるでしょう。フリーゲージトレイン導入が困難なのは、予算が不足して開発が遅れているのではありません。技術的な問題です。これを想像できなかったことはリーダーのミスです。判断の責任は国に問うものではありません。県が責任を追及するか、あるいは前知事自らがその責任を認め対処することが求められます。
 この問題を放置してはならない理由は、オスプレイの佐賀空港受入問題、そして玄海原発再稼働問題、いずれも最終判断は山口知事が行い、その責任を負わなければならないことを自覚していただくためです。事故が起きるか起きないか、それは

リーダーの念い

それにかかっていることを感じていただきたいのです。国の役人、長崎県の総務部長、その延長の判断では県民を幸福へと導くことが出来ないということを強く自覚していただきたいと感じています。
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ