飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成29年産はただいま予約販売受付中です。

2023年に日本人として生きることができる社会を

 先の佐賀県知事選挙が終わってから、タイトルを変えています。「10年後に〜」から「2023年に〜」と。日本の危機は先送りできません。しかし、テレビや新聞を見ていると何が危機なのか勘違いをしてしまいます。

 震和会では日本人として生きる為の共通理念を3つ定めます。
1.日本人として身に付けるべき教育を正します。
2.子供の健康を守るために米づくりと給食を改革します。
3.美し日本の原風景を守る取組を行います。

震和会は、この理念に賛同して下さる佐賀県内の無所属・無党派の議員さん、議員を目指す方を応援します。

朝倉市の三連水車

013 今年七月の豪雨で被害を受けた朝倉市の三連水車。社会人になった頃から関心はありましたが、実物を見るのは初めてです。
佐賀県人としては、唐津市相知町にある町切の水車で満足していましたので。

 それと比較することは避けますが、どちらかというとこちらの方が迫力ありました。
017 三連水車よりも少し下流にある二連の水車。水の勢いが違います。活気があるように見えます。

 灌漑の施設として、水害にも負けずに水を送り続ける施設に先人たちの念いを感じることができます。

ひまわりが咲く道の駅原鶴バサロ

09103 国道386号線にある道の駅原鶴。道路向かいの水田に咲く向日葵が見頃を迎えていました。
 二ヶ月前の水害を忘れるように大勢のお客様で賑わっています。
 復興の支援方法は人それぞれ。現場で汗を流す人、現地でお金を使う人、現地に義援金を届ける人。・・・
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ