飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成29年産はただいま予約販売受付中です。

残り 約500kg です。(10/31現在)

建材の梱包

 環境重視の観点から最近商品の梱包が簡素化されてきています。ゴミ削減につながり、大変良い取り組みなのですが、メーカーの姿勢に反した問題もあるようです。
 雨降りに配達されるこの商品。ちょっとやりすぎでは。確かに、雨に濡れては困りますが、このビニールの回収(再利用)予定はなく、ゴミになってしまいます。ズレ防止にもビニールが使われていますし。
 もう少し、いい方法を考えていきたいですね。
過剰梱包

新渡戸稲造先生でいく週末ワンデートリップ 第2回

3月9日 第2回のワンデートリップは「旅名人の九州満喫切符」を使っての、「肥薩おれんじ鉄道」の旅です。

 佐賀駅を7時14分に出発、鳥栖で乗り換え、鹿児島線のワンマン電車で八代を目指します。座席がロングシートのため、旅気分とはいきません。しかも、だんだん雲行きが怪しくなってきます。八代駅でおれんじ鉄道に乗り換えます。八代駅 オレンジ鉄道
 1両運転のワンマンカー。2004年春までは「特急つばめ」 が走っており、かなりギャップを感じます。そのころは、青春18切符が使えましたので、年に2回以上乗車していたこの区間。今回は、第三セクターになって初めての乗車です。
 外の景色はすばらしいところなのに、雨が降り出しました。さらに、走っている列車はディーゼルなのに線路には電車用の架線が。写真を撮るのにも邪魔に感じます。後で分かったのですが、貨物列車だけ電気機関車が引っ張っているのです。なんだかもったいない感じです。
 さて、沿線の景色を懐かしみながら、目指す第一の目的地は遠く「串木野」。なぜ、こんな遠くへとお思いの方。串木野には名物「まぐろラーメン」があるのです。2004年に「めざましテレビ」で紹介され、一度訪れたのですがお店が分からずに食べることができませんでした。今回はしっかり準備しての挑戦です。川内で再び乗り換えて10分ほど、串木野に到着です。幸い雨はあがってました。ゆのまえ食堂
 地図で調べた目的地へ歩いてみると、駅からたった200歩。前回なぜ分からなかったのだろうと思うくらいです。
まぐろラーメン 念願のまぐろラーメン。麺は「喜多方ラーメン」に似た味のするちぢれ麺。スープの表現は難しいのですが、これが本当においしい味なんです。 大満足の30分でした。オレンジ鉄道沿線 今度は熊本のつなぎ温泉「四季彩」を目指します。列車に戻るとまた雨降り。なかなか車窓の写真が撮れません。2時間ほどで「津奈木駅」に到着します。
津奈木駅 駅前にはこんなモニュメントが。町を歩くとあちこちで見かけることができます。
 駅から歩いて10分、温泉に入る前につなぎ美術館へ。熊本小国町出身の宮崎静夫さんの個展「まなざしの彼方にあるもの」が開かれてました。また、この美術館の2階からはトロッコで展望公園へ上ることもできます。つなぎ美術館 トロッコ1




 いよいよ温泉です。フロントから温泉まで洞窟の中を歩きます。四季彩浴場へ




長旅でしたのでほんとに気持ちいいです。さらに、ここ四季彩の魅力は+100円でトロッコに乗って行く展望露天風呂があることです。トロッコで 展望露天風呂




 ここからは、走ってくる新幹線つばめ、そして不知火海を見ることができます。トロッコでしか行き来できないので、帰りの時間には余裕を持つ必要があります。展望露天風呂2 展望露天風呂3新幹線も




 ゆったりした時間を過ごしたら、歩いて駅へ戻ります。途中のスーパーにお茶を買いに立ち寄ったら、幕の内弁当500円が半額に。帰りの列車の中で食べることにしました。
 帰りの「上田浦〜肥後二見」はこれからの季節、天気がいい日はすばらしい夕日を望むことができます。列車の時刻と日の入りの時刻を見比べて乗車したいところです。

オレンジ鉄道沿線2002左は2002年夏撮影
海浦駅




今回の費用
切符代  3,330円
昼食      630円
美術館    300円
温泉      500円
トロッコ    100円
夕食      350円

行程
佐賀 7時14分発 鳥栖行き
鳥栖 7時38分着
7時41分発 八代行き
八代 10時11分着
10時19分発 川内行き おれんじ鉄道
川内 12時59分着
13時22分発 鹿児島中央行き
串木野 13時33分着
14時03分発 川内行き
川内 14時15分着
14時19分発 新八代行き
津奈木 15時54分着
18時11分発 八代行き
八代 19時05分着
19時15分発 銀水行き
大牟田 20時47分着
21時03分発 門司港行き
鳥栖 21時45分着
21時56分発 肥前山口行き
佐賀 22時24分着
久保田22時31分着
帰宅
(3月15日ダイヤ改正により時刻が変わることがあります)
* 次回は4月3日掲載予定

さよなら「あかつき」

 今週末、JRのダイヤ改正があります。この改正で京都と長崎を結ぶ「あかつき」、熊本を結ぶ「なは」が廃止になります。一昨年の「さくら」廃止に続いての措置で残る九州発着のブルートレインは、「はやぶさ」と「富士」だけとなり、これも来春には廃止の予定です。
鳥栖駅にて 10日の夜、鳥栖駅のホームは連結作業の撮影に多くの人が集まってました。14日長崎発京都行き、京都発鳥栖行きが最終となります。

あかつきテールランプ
早朝・深夜ではありますが沿線の方、見送りませんか。



あかつきEF66

続きを読む
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ