飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
購入のお申込、お問合せはこちらのサイトから

震和会とは。
 (為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

クラブは苦痛を売る

 4月16日の日経新聞に「吉田誠一」氏が、このタイトルでコラムを記載されていました。
 そんな記事を読んで、昨日は朝のうちに仕事を片付けて、ベストアメニティースタジアム(鳥栖スタジアム)で行われた「サガン鳥栖」の試合を見に行ってきました。対戦相手は下位に沈んでいる「水戸ホーリーホック」と言うことで、心配せずに会場へ向かいました。
 しかし、ゲームが始まっても、何となく悪いテンポ。前半途中では相手選手が一人退場。こうなると、「引き分けに終わるのでは?」と心配になります。
 ところが後半21分に「高橋義希」のゴールで先制すると、更に追加点の期待が。でも、間もなく「失点して追いつかれるのでは?」とまた心配になります。
 しかし、試合は後半40分過ぎに連続でゴールを決め、
3−0で快勝です。
 で、帰りには、「次は岐阜FC、J2新加入だけど好調だから大丈夫かな?」と新たな不安。さらに、「岐阜の後は、苦手湘南、首位広島と続くから厳しいな」と行った具合で確かに「苦痛を買いに行っている気もします」
 とはいえ、サガン鳥栖はJ2です。「上に上がる希望」が大きい一年になることは間違えないでしょう。「J1昇格が決まってから苦痛をみんなで考えたいものです」

0503サガン鳥栖

豊受大神宮

外宮神楽殿 新しい事業を始めるに当たり、ご祈祷に行ったのがここ。
 伊勢神宮外宮の「豊受大神宮」様です。1月4日ということで「年初祈祷」で混雑していました。

外宮にて
 神楽殿での祈祷を終えて本殿へ向かう際には、民主党代表の「小沢一郎」さんのご一行とも一緒になりました。


 さて、深見東州氏によると、神様は柔道や剣道など「○○道」という世界で己を鍛錬する人をごひいきになさるようです。そこで、私が取り組めることを考えてみました。しかし、事業経営者として、柔道などけがのリスクを負うことは避けたいところです。
 で、選んだのが「茶道」です。もっとも、理由はそれだけでなく、建築に携わるものとして和室を使う人の立場を理解して、日本の住宅(和室)を考える必要があると考えていたからでもあります。
 正直、「茶道は体力を使わないだろう」と甘く見ていました。しかし、全然違います。和室で座る行為、これだけでも相当体力を使います。裏千家の教室でのわずかな時間でしたが、「掛け軸」や「茶碗」をはじめ、いろんな作法に発見の多い貴重な時間でした。
 町田での勉強に時間をかけるために、「道」から離れますが、いずれ改めて取り組みたい「道」です。

千栗八幡宮

 昨日は5月1日。
 日本の諸天神様は「正五九」といって、1月、5月、9月にお参りに来る方々をお待ちになっていらっしゃいます。また、神々をお参りするのには、1日と15日がよいとされているようです。
 というわけで昨日はみやき町にある肥前の国一宮「千栗八幡宮」へお参りに出かけました。深見東州氏は、誠の5段活用として1番目に「わざわざ」を、上げられています。
 地縁を取り持ってくださる一宮様を、わざわざ1日にお参るすること。続けることで、良いことが起こるような気持ちにもなります。
0502千栗八幡
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ