有田駅 武雄温泉から普通電車で15分、有田に着きます。駅の観光案内所で
「約2時間で、食事して上有田駅まで散策したいのですが?」
と尋ねてみました。案内書のおじさんは2月11日から始まる、有田雛(ひいな)のやきものまつりのパンフレットを見せながら、
「2時間では難しいよ」
といいながら見どころを説明してくれました。車で通ることはあっても、歩くことはない有田の町です。学生時代は平日の陶器市で50分くらいかけて上有田まで歩いたり、雪で止まった電車を降りて、一つ前を走る列車まで走ったりしてましたから、2時間で充分と思ってました。
有田の町並み1有田の町並み2





有田の町並み3 しかし、歩き始めると町並みがじつに面白いこと。和と洋がとても素敵にマッチしているのです。陶器市期間中など混雑しているときには決して気づかないその良さが見えてきます。

 観光案内所で最初に進められた、賞美堂さんを尋ねてみます。
賞美堂にて1 お店の方に進められて、2回の展示場に上がると素敵なテーブルコーディネートを発見しました。



賞美堂にて2 こうなると、お店廻りは課題で使えるものはないかという視線に変わってしまいます。
(これは底からお酒を入れます。こぼれないのが不思議。)
次回へ