U-20チケット 6月5日からU20世界ラグビー選手権が日本国内各地で開かれています。予選リーグ4グループのうち1つが、なんと鳥栖市のベストアメニティースタジアムで開かれているのです。
 私の学生時代は、福岡県の強豪校が修猷館・筑紫丘ということからも分かるように見た目以上に、知的なスポーツであります。サッカーに比べて日本ではマイナーなスポーツですが、日本は2015年、2019年のワールドカップの誘致に力を入れるなど取り組んでる最中です。次世代のトップ選手のプレーを、この機会に見てみませんか。
 今日13日はリーグ戦最終日。D組は
13時から カナダ代表VSトンガ代表
15時から オーストラリア代表VSウエールズ代表
となっています。特に第2試合は注目です。

U-20大会 ということで、大会をのぞきに行ってきました。第1試合の後半途中からと、第2試合を後半途中まで約2時間。残念ながら場内撮影禁止ですから、会場裏の様子を1枚。私は
ラグビーの試合を過去3回見たことがあります。1回目は中学時代の佐賀県総合運動場で。2回目は88年3月に学生最後の日本一になった早稲田大学(永田主将)が平和台陸上競技場へ凱旋されたとき。3回目が2005年1月2日大学選手権準決勝を国立競技場でみたことです。
 しかし、今回のベストアメニティースタジアム。他のどの競技場とも違います。トラックがないので、選手が間近でみられるのです。一流選手のタックルの時にバチッと響く肉体音。快感です。迫力あるシーンの連続でした。
 この大会、各組2位のグループ順位決定戦(5−8位)が17日と21日、福岡市の博多の森、レベル5スタジアムで開かれます。時間のある方、国際レベルの試合を是非ご覧になってみませんか。