住宅の新築やリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 展示場や内覧会を訪れて業者を決めたものの、後になって
「こんなはずではなかった」
という声をよく耳にしてきました。この現実を何とかしたい、との思いで2000年に中部電力の従業員だった馬渕裕嘉志さんが社内ベンチャーで立ち上げられたのが「リブネット」。その後、8年間で400件の住宅プロデュース実績を積まれ、この春中部電力の資本から離れ、リブネットプラスを開業されています。これ以降、各地に住まいのコンシェルジュやプロデューサー、住生活エージェントなど同様のビジネスが各地で生まれています。

 さて、これらの業者のサービスを受ける際に気をつけて欲しいこと、それは運営されている母体の事業が何かということです。
 たとえば、建材店の私がアドバイスする場合
「良い建材を使っていただきたい」
という気持ちが入り、床材などで高級な商品を勧めがちになるでしょう。こうしたアドバイザーの心理を考えて意見を受け止めるとさらに良い業者さんに巡り会えるのではと考えます。