昨日の日経新聞3面に、
住宅ローン「返済困難」続出
という記事が出ていました。民間金融機関の住宅ローン残高は100兆円以上で、大手銀行はその対応を強化しているそうです。
 ところでこの住宅ローン。固定金利と変動金利があることは皆さんご存知のことだと思います。低金利が続く昨今、変動金利型は常に金利と支払額の変更が行われるものだと思いがちです。しかし、金利の見直しは半年に1度、一方、返済額の見直しは5年に1度になっているとのことです。実は私も、スタイルオブ東京のライフプランの研修を受けるまでは一緒に変わるものだと思ってました。しかし現実は、タイムラグがあるのです。
 このことを認識していないと将来、大変なことが起こります。
(次回へ続く)




ライフスタイルコンシェルジュサービス