住宅ローンの変動金利型にあって、固定金利型にないもの、それが25%ルールです。
(最近流行の25%削減ではありません)
 これは、金利が5年ごとに見直されるときに、返済額が現在より25%超える額になる場合、25%にとどめるというルールです。急に負担額が増えないための配慮なのですが、返済総額は当然増えてしまうことになります。25%ルールで返済額を抑えられた場合、次の見直しの時により深刻な事態になることが考えられます。
 そもそも、変動金利型は現在の金利が安いか高いかよりも、自らの収入が金利以上のペースで上昇すると考えられる場合に有効な返済方法のように感じます。皆さん、いかがでしょうか?



ライフスタイルコンシェルジュサービス