金融の話は、私たち普通の人にとって、じっくり考えてもなかなかピンと来ないところがあります。まして、
 「住宅が欲しい」
 「あのキッチンを取り入れてキッチンをリフォームしたい」
など、わくわくした気持ちになると、お金のことをじっくり考える心理にはなりにくいものです。
 昨日、変動金利には「25%ルール」があると紹介しましたが、今度はさらに難しい「未払い利息」のお話です。

 未払い利息とは、
「変動金利型住宅ローンの、5年ごとの返済額の見直しにおいて、返済額が25%までに抑えられることによって生じる、未払いの利息(「スタイルオブ東京」セミナー資料抜粋)」
とあります。
 つまり本来、返済額が一度期に25%を超えて上昇しないために、本来払う必要があった金額の残金に金利がつくのです。次の5年後、金利を見直すときに金利が下がっていれば負担が小さいのですが、そうでない場合、最終の5年間でこの部分の返済が必要になるのです。

 ちなみに、金利をn%とすると
n%=(毎月の返済額)÷(残債)×(12ヶ月)×100

で表され、n%以上の金利になると、未払い利息が発生するそうです。
 とはいえ、簡単に理解出来る部分ではありません。お金についての相談は、やはり中立の専門機関にご相談することをおすすめしたいです。




ライフスタイルコンシェルジュサービス