今年、住宅業界で話題の商品といえば太陽光発電でしょう。しかしながら、パネルのサイズが各社ごとにばらばらで、補修部品も最初に取り付けたメーカーに頼らなければならない状況が続いてます。
 こうした点が、高コストの要因になっているということで、経済産業省が太陽光発電パネルの設置や交換をしやすくするためにパネル部品の形状や大きさを統一する方向で検討に入ったとのことです。
 製法や材料が異なると並べることは難しいと思いますが、日本で普及しているシャープ、三洋電機、京セラ、三菱電機は結晶シリコン系のパネルだと記憶してます。同じ材料の場合は規格をそろえることで、導入へのハードルが下がればよいと感じております。