太陽光発電システムを系統連係して明日で一週間になります。今日は初めての曇り空。夕方からは雨が降ってますので発電量も激減しました。
 ところで、この一週間でどんな変化が起こったかというと、まずはパワーコンディショナーの発電量が気になります。1時間おきくらいに足を運びます。
(10時〜14時の発電量がシステムの80%ほどになります。)
 その足で、1日1度は売電メーターを確認します。
 次に、リビングにある電力モニターに注目します。その前を通るたびにボタンを押して、発電量と消費量を確かめます。消費量が表示されますので、今度はどの家電製品を使うと消費量が増えるのか気になります。
 すると、これまで意識していなかった電気の無駄遣いや効率的な使い方を研究するようになります。

 そんな生活をしていると、

家族の会話

が必然的に増えるのです。いつまで続くのかは分かりませんが、太陽光発電システムを設置することで、家族の中に毎日、共通の話題が生まれることが最大の効果だと感じております。