住宅CMサービス佐賀

 昨日は事務所の外壁落下のクレームで、ニチハの工法技術開発部から施工状況の確認に来てもらいました。視察の結果、施工状況には問題なさそうです。残るは金具の問題なのか。のびた金具を持ち帰って素材を確認するそうです。
 さて、そのニチハの面々とお話しする機会があって市場の様子が激変していることにびっくり!なんと、断熱材に続いて

外装板・2ヶ月待ち

になっているというのです。
サイディングの16mmと耐火野地板の欠品がひどいとのことで、納品が2ヶ月程度かかっているものがあり、市場シェア46%を占めるニチハのシェアを落とす要因になりそうとのことでした。この現象はKMEWにも生じ始めているようで、今後は市場全体に広がりそうです。ただ、事務所や賃貸物件も多く、4月には終息するとの見通しを示されていました。ただし、14mmの外装板にはまったく心配ないほど余力があるということでした。
 こうした状況も、長期優良住宅という仕様に向かい、住宅会社が動いている事実を表していると感じます。サイディング不足は約15年ぶり。断熱材不足に続いて、物不足に対応する能力が欠けている業界の現実を浮き彫りにしているようです。

建材店:サンコー商事のサイト 


(株)スメトコプロモーションのサイト: 


新築住宅づくりの応援サイト