逆浸透膜浄水器、Aquaクオリアを設置しました。

災害時に給水できるための購入ですが、箱に入れておくよりも皆さんに体感いただけるように、事務所に設置しました。性能試験の後で、窒素分を除去する試験を行いました。



放射性物質を除去できるということで、東日本では急速に売れ始めたそうです。(自衛隊が飲料水を作る方法も、この逆浸透膜の方式とのことです)

九州では、熊本県八代市などの井戸水の水質対策で、数多く納品したそうです。

佐賀では、初めての納品とのこと。県内に玄海原発を抱えながら、行政も個人も飲料水が放射性物質に汚染されたら・・・、ということには、まだまだ関心が薄いようです。