へいせいの家外観 佐賀から自動車で約75分、福岡県糸島市にある「福岡水素タウン前原事務所」へ出掛けてきました。佐賀市内からだと国道323号で嘉瀬川ダムの横を通り、北山学校の先から、県道12号前原富士線へ入ります。長野峠を越えて、県道に沿って南風小学校の先「南風台」の信号を左折。さらに、すぐの押しボタン信号を左折すると、左手に沢山ののぼりが見えます。(一般住宅ですから要注意)
 予約の電話を入れて出発しましたが、地図と電話番号の載ったチラシを忘れたことに、川上峡で気づきましたがすでに手遅れです。現場付近で20分くらいさまようことになりました。

へいせいの家太陽光 さて、こちらの施設は平日は9時から17時半まで、西部ガスエネルギーさんが3電池(燃料電池・太陽電池・蓄電池)をPRするための施設として利用されています。
TEL 0120−210−426


へいせいの家屋上緑化 2階から屋上へも階段で上ることが出来(頭上注意)屋上緑化と太陽光発電パネルを間近に見ることが出来ます。




へいせいの家リビング 一方、土曜日曜には、地場のゼネコン(株)へいせいさんが、住宅展示場として活用されている施設です。今年の11月7日にオープンし、計画では5年後に中古住宅として販売される予定だということです。


へいせいのいえダイニング 住宅をモデルにした施設ですから、説明はリビングルームでお茶を頂きながら聞くことが出来ます。外は寒くても、中はエネファームの温水を利用した床暖房で快適です。リビングとダイニングで座るスペースにも限りがありますので、一度に見学を受け付けるのは、10人までだそうです。
 必ず予約して出掛けてください。


へいせいの家燃料電池 外には、JX日鉱日石エネルギーの新型(SOFC型)エネファームが設置されています。これは、プロパンガスから水素を取り出すタイプです。




へいせいの家コンセント 帰るときに、玄関へのアプローチに電気自動車のコンセントがあるのを発見!
着いたときに充電させてもらえば良かったと後悔です。
 電気自動車で前原へ充電なしでの往復は厳しいです(エアコンを使うとき)。帰りは、唐津を回って帰ることになりました。次回、訪問することがあれば充電もよろしくお願いします。