天満宮大祭の準備 8月10日に遷座式を終えた江利天満宮で、最初の部落行事「灯付け」が行われました。私たちの小中学校の頃は、前の日から祇園川へ「リアカー」を押して「砂」上げに行き、各家庭を訪問して「250円」ずつのお金をいただき、中学生のお母さん達にお願いして、9kgの「豆」を炊いてもらうなど準備に追われたものです。
 今の子供達は現金への執着がなく、掃除や準備も大人達の力を借りないと出来ないようですね。今後の江利部落の課題です。

天満宮大祭の始まり さて、灯付けを前に部落の役員さんと勇士による「宮座」が行われます。こちらに合わせて、新しいお社にお迎えした神様と、社屋完成の喜びを分かち合う大祭が行われました。神飾で登場の菩提寺勝厳寺の住職達です。約40分に渡り祝詞が捧げられました。


夜の灯付けの様子は、こちらで。






新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー