昨日9月1日の日経新聞1面に、「住宅ローン減税拡大 期間15年 最大1000万円」と大きく取り上げられていました。

 消費税増による負担増を軽減するためのものであり、今回は控除率が最大2%というこれまでとの違うポイントも見えてきます。

 しかし、住宅の購入する世代の平均所得が、従来より小さくなる中、この政策の有効性は疑問に感じるところもあります。

 世帯所得として補う方法もありますが、家族の価値観の変化などから相続の際に、様々な問題が発生する恐れもありますので、今後の動向と共に、利用する側も慎重に検討する必要があるのではと感じます。



新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー