飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産の受付は8月を予定しています。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「6月 7日は現在未定」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

2008年08月

週末トリップ

 このコーナーは、ブログを開設しました2008年2月より2009年6月まで、ほぼ毎月、5千円での旅を行って記事にしてまいりました。しかし、環境の変化により継続性がなくなってしまいましたので、不定期での旅行ネタを掲載させて頂きます。番外編で掲載しました2回の後には新しい企画となります。どうぞよろしくお願いします。

「新渡戸稲造」先生でいく週末ワンデートリップ

「工業と農業は双生児になるべし
 バランスがとれた中で、健全な産業が発展する。」

これは、阪神大震災が起こった平成7年、ある講義の締めくくりに紹介いただいた新渡戸稲造先生のご意見です。
当時、そして、現在の状況がどうかということは議論しませんが、私の心にとまる言葉の一つです。

さて、現在の5千円札の肖像は「樋口一葉」さん。でも、世間ではまだまだ新渡戸稲造先生のイメージの方が強いので、こちらを代名詞に「1日5千円」で旅する企画です。新渡戸先生
切符の都合上、2〜5枚セットで買う商品もありますが、それは、1枚あたりで計算させていただきます。

また、5千円にこだわりすぎて楽しめないのではいけませんので、5千円程度とお考えください。

この企画、月に1回、原則として第2日曜日に旅したものを次の木曜日に読んでいただけるようにしていきたいと思っています。
注1)JR企画切符の都合上、週がずれることがあります。
注2)ほかの用件と兼ねて出かける場合、行程を一部編集することがあります。
注3)都合がつかず旅に出られなかった場合、私自身の過去の旅経験より、紹介させていただくことがあります。
    (この場合冒頭に「推薦」とコメントを入れます。)
注4)2009年3月以降、不定期で記載させていただきます。
注5)2010年企画内容の変更。 

第1回 松浦・島原鉄道の旅
第2回 肥薩オレンジ鉄道の旅
第3回 別府の旅
第4回 気まま、筑後の旅
第5回 人吉・球磨地方の旅
第6回 熊本・南阿蘇の旅
第7回 山口県長門市の旅
第8回 鹿島・長崎・武雄の旅
第9回 (推薦)ぐるり鹿児島の旅
第10回 期間限定・佐賀市周辺の紅葉を巡る旅
第11回 早岐、嬉野温泉への旅
第12回 消えるブルートレインを見に門司・大分の旅
第13回 武雄温泉・有田への旅
第14回 長府(下関市)への旅
第15回 別府・大分の旅
第16回 鹿島・塩田の旅
番外編1 沖縄・奄美の旅
番外編2 伊勢神宮の旅
2010年2月 ゲキ☆ヤス土日乗り放題きっぷ霧島の旅
2012年8月 山陰の旅(萩〜出雲)
2012年8月 山陰の旅(出雲大社へ)
2012年8月 山陰の旅(温泉津温泉・石見銀山)
2013年1月 旅名人の九州満喫きっぷで松浦路を旅する
2013年1月 旅名人の九州満喫きっぷで島鉄へ

夏期グループ課題2

グループ課題で配布したレジュメ
グループ課題レジュメ1町田課題レジュメ2










G課題の平面図 課題でイメージした空間。
クールアンドライトとウォームアンドライト
どちらへも、提案する家具としての畳、が溶け込んでいます。


グループ課題1グループ課題2     




         空間イメージパース1       空間イメージパース2

今回、課題で提案しました商品は、南海プライウッドの「キャブロック」です。南海南海1南海2







南海3南海4






南海5南海6






南海7南海8南海9


夏期グループ課題1

 町田アカデミーでは夏休みにグループ課題があります。私たちのグループはクラスの年長者から4人?グループで実施しました。7月中旬からの1ヶ月半、ショールームを廻ったり、文献を調べたり。
 で、昨日はその発表会でした。

(発表内容)
 私達のグループでは「靴を脱いで生活する国日本」。この特異な文化を床材の変遷から調べ、そこから将来のインテリアイメージを考えることをテーマに活動を始めました。
 床材を調べるために各個人で、木質系の床材メーカーのショールームを訪れ、素材の変遷を尋ねる一方、インターネットや文献を頼りに日本住宅の床材を調べていきました。文献調査をする中で、日本の住宅では畳の使われ方が大きな意味を持つことが分かりました。よく、
「畳は日本文化の象徴」
とか
「(日本人は)やっぱり畳が落ち着く」
といいます。しかし、日本の庶民が畳の上で生活した期間がどのくらいなのか、大変疑問に感じるところです。
 そこでテーマを畳を使ったインテリアイメージにずらしながら発表していきます。

 日本を始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど新石器時代の一般的な住宅は「竪穴式住居」でした。地面を数10センチ掘るこの方法は、大地の熱を感じて暮らすことの出来る当時としては最良(最適)なすまいだったと考えられます。
 ところが弥生時代に入り稲作が始まると、集落も農耕に適した低湿地帯へ移ります。ここで、地面を掘ると地下水が染み出してジメジメするので対策が必要です。そこで、地面を盛り上げて屋根をかける方法に変わってきます。
 この頃から古墳時代にかけて、収納としての高床式倉庫と、土間床と床上部分が共存する平地式住居が生まれています。平地式住居の床仕上げは定かではありません。
(土間に蓆敷き。一部に床貼りも)
 奈良時代になると、平城京などの都市では平地式住居が一般的になりますが、農村部では竪穴式住居のままです。
 平安時代には板張りの寝殿造りが登場します。寝殿が主人夫婦の居住空間でその回りの対(たい)の屋には娘の家族が住んでいることが多かった。女系制家族の名残のようです。その後、平安末期から中世にかけて小御所へと変わっていきます(機能はよく分からない・男子相続に変わってきた変化の現れ)。同時に、室礼による用途を変えて空間を使用する方法から、一部に座敷飾りを設けた用途限定に変化しています。
 室礼という一つの空間を儀式・行事から主人夫婦の日常生活まで模様替えによって行うことは、履き替えの習慣を持つことが重要な意味をなしています。履き替えは朝鮮半島やイスラム圏の一部にしかない文化です。日本人は伊勢神宮を20年ごとに白木の檜で建て替えるなど、とりわけ白木に対して特別なこだわりを持っていたようです。大切にしている白木の上を土足で歩いたとは考えられません。このことから、履き替えは寝殿に床貼りした、平安時代から1000年以上に渡って続けられた文化だと考えられます。
 土足のまま家の中へ出入りすると椅子やベッドなどの家具が必要となります。室礼による空間機能を自由に使い分けることも難しくなります。履き替えることで、どこにでも座れ、どこにでも寝ることが出来る。膳を並べて食べることも出来るという事になります。

 さて畳ですが、はじめから床材だったわけではなさそうです。奈良時代には、革や絹など薄いものを何枚か重ねて縫い込んだものを全て畳と呼んでいたようです。また、椅子やベッドのような座具であり寝具でもありました。
 これが平安時代になると、藺草の畳表と藁床に固定された、縦横比2:1のものになっています。
 畳は西洋の椅子と同様に身分を表すものとされ、身分の高い人ほど大きな畳に、そして重ねて座り、低いと小さな畳、そして板の上に直接座るようになっていました。
 また、縁は天皇や上皇は繧繝縁(うんげんべり)という花模様の錦が用いられ、親王や大臣は高麗縁(こうらいべり)という白地に花紋を黒く織り出したもの、公家はこの紋の小さいもの、さらに下ると無地の紫や黄色の縁と決まっていたようです。
 身分を表すものですから、畳を使えた人も一部に限られ、庶民が使うようになったのは、江戸半ばから明治にはいってからと考えた方が良さそうです。そう考えると
「畳は日本の文化」
と考えるより、
「日本人は畳にあこがれた文化人」
と考えた方が良さそうです。

 ところが、庶民に畳が広がり始めた明治になると、西洋文化が導入され、家具が多く入ってきました。とはいえ昭和30年代、庶民の家具はタンスや食器棚、さらに高価な家電製品しか浮かんできません。
 しかし、ベッドや椅子といった家具に価値観を持つヨーロッパ文化が入ってくると、畳では不便に感じます。1980年代になるとフローリングの部屋が増えてきました。椅子を使い、ベッドを置く。このことは同時に畳の部屋の衰退と、杉、檜といった日本の針葉樹から、ナラ、サクラ、チークといった硬い広葉樹へとニーズが変わるきっかけにもなったようです。
 とはいえ多くの西洋文化が入ってきた現在でも、日本の「畳」というものは、日本人の私たちにとって、癒しの空間・素材としてこれからもなくすことの出来ないものだと思います。
 しかし、現在の住宅事情、つまり和室を作れないローコスト住宅の増加、マンションや限られたスペースに建つ狭小住宅という現実を考えると、普段あまり使うことのない和室を1部屋作るということよりも、これからは限られた空間の中に「畳のある空間を作る」ようになるのではと考えました。
 そこで私たちは、畳を床材としてではなく家具として捉えてみることにしました。過去に座具や寝具などの高級調度品として扱われた時代もあり、畳を好きな場所に、好きな形で置くことの出来る「移動できる畳」としました。また、畳を使わないときは重ねて置けば収納として使える家具になるのです。
 今回提案しています資料はシンプルなものですが、西洋(で考える)家具と同様(の位置づけとして考えるならば)、アートのように描けばシンプルなお部屋にも使えるおもしろいデザインになるでしょう。畳に家紋を入れれば代々受け継いでいくようなものとして、また、婚礼家具のように女性が嫁ぎ先へ自分のお気に入りの畳を持ち込むようになれば、新たな伝統が生まれるきっかけにもと考えます。実際は数年に一度張り替える必要も生じると思われますが、次はこんな柄にしようとか、こんな色にしようとか、置く場所によって「畳を選ぶ時代」が生まれるのではと考えました。

 「室礼に併せて畳をアレンジ」
 「人生を共に歩む畳」
 私たちのグループではこのような畳の使い方を提唱する事として、発表をまとめさせて頂きます。

という内容です。写真や資料は明日のブログで。

200年住宅をリフォームすると

 200年住宅と言っても、構造体が長期にわたり使用できるのであって、水廻り設備や外壁材、屋根材、内装仕上げ材は定期的にメンテナンスや取り替えが必要になります。政府案でも間取りの変更が出来る家と言っているわけですから、内装仕上げ材もゴミになります。
 となると、純粋に木だけで造った住宅ならば、長寿命の住宅よりも、基礎のみそのまま利用して40年程度の周期で建て替えた方が「地球に優しい」ケースも生まれてくるのでは、と感じます。
 エネルギーの選択と同じで、高耐久の住宅を選択することも、個々人のライフスタイルを考えて選択すべきではないでしょうか。
 200年住宅と言われながら、窯業系外装板のつなぎ目やサッシ廻りに使用される、「コーキング」のメーカー保証期間はたったの2年です。あまり、大きく叫ぶと「私の仕事(建材の販売)」が無くなりますが、この矛盾に接しているのが戸建て住宅の現実では、と感じています。

200年住宅って

 最近話題の200年住宅。200年は大げさかもしれませんが、耐震性を強化したりリフォームしやすい設計を推進したりして、長く使える住宅を造ることを目的としているようです。そこには、当然ライフスタイルの違いから、転売される物件もあるでしょう。
 長くすむことの出来る住宅、ということには賛成ですが社会環境を考えると疑問を感じる部分もあります。
 2003年の資料では日本の全住宅数は5387万戸あります。一方世帯数は4722万戸。つまり、664万戸が夜に住まれていない住宅なのです。もちろんそこには、別荘や建築中の住宅もありますから数値としては異なるでしょう。ただ、世の中の少子化の流れは変わりません。(私も未婚なのであまり言えないが)
 住み手のいない住宅は確実に増えるのです。住み手のいない住宅でも「財産権」の問題などで壊すことが出来ないでしょう。こうした、古い住宅の問題を放置したまま「200年住宅」を造っても、耐久性がある分「社会のゴミ」として長く残る危険性が生まれると考えます。転売をしやすい仕組みを作ることも大切ですが、放置された住宅問題に手を打たないと日本が「観光立国」として生きる道も失うことになりかねません。
 自分が建てた200年住宅の隣が、数年後、台風で倒れかけた空き家になっては、心配になりますよね。

原価が安いエネルギーが良いのか

 昨日は家計の面からエネルギー消費を考えてみました。
今日は造る側から考えてみます。ここ1,2年で原油価格が高騰し石油は高い、という印象はあります。また、太陽光発電はその設置費用の高さから採算に合わない、という前提があるというのが現状です。一方、原子力発電は学校で受けた授業の影響でしょうか、「安い」「温暖化対策になる」という印象があります。
 しかし、エネルギーというものは、本来目先の費用だけで判断すべきものではないと考えます。
 安いといわれた原子力発電は、そのことを学んで15年以上たった今、廃棄物の問題で想像以上のコストが必要になっているようです。
 現在高い、けど環境に優しいといわれる「太陽光発電」も、「将来、廃棄するときはどうするのですか?」と聞いてみるとはっきり答えてくれる人はいませんでした。さらに、パネル本体は30年以上耐久性の実績がありますが、雨風にさらされるスチール製の架台のメンテナンスの方法もPRされていません。加えて、5年を過ぎたらインバータにある(1個100円程度)のコンデンサのパンクが想定されますが、交換する計画性も提示されずにいます。不運にも悪い業者にかかると「パワーコンディショナー」の交換で30万円もの費用を請求される可能性すらあります。
 また、燃料電池は商品化に時間がかかっている一方、期待したほど効果があるか疑問に感じます。

 新エネルギーにはそれぞれ一長一短あると思いますので、それぞれ個人の価値観に合わせて、しっかり検討して導入するべきだと考えています。そして、このことを考える途中で、エネルギー消費について考えることが、省エネ・温暖化防止につながる第一歩だと考えます。

家計を助ける買い換え商品

 我が家(事務所も含めて)では、2005年から水道、ガス、電気(2004年から)、電話の使用量と料金を記録しています。家電製品を買い換えたり、生活行動が変わったときには、前月と前年同月を比較確認します。
 こうしてみると、その効果のあるなしがはっきりします。
 家電の買い換えで、効果のなかったのが「冷蔵庫」。370lから430lクラスに変わったこともありますが、店頭でPRされるほど省エネ効果はありませんでした。
 一方効果が大きいのは洗濯機。1日2回平均使用しますが、ドラム式に変えたことで水道使用量が月に「3立米」も減少したのです。水道料金は地域により差が大きいですが、ここ小城市に供給する西佐賀水道局の場合、1,000円に相当するのです。これに下水道代金もかかりますから、昔の箱形の洗濯機をお使いの場合は、十分検討して欲しい商品です。10年使えばお釣りが来ます。
 それと、効果が大きかったのは「下水道」。
「何故?」
と疑問に感じる方も多いと思います。私も電気料金が減ったことに気づかず、半年くらい過ぎてしまいました。
 実は、汚水処理に使う「合併浄化槽」。このブローにかかる電気代が馬鹿にならないのです。電気の使用量が30kwh以上減り、電気料金も大きいときは1,000円程度。更に月1回の浄化槽の清掃代も要らなくなりますから、とても効果が大きいです。
 現在、下水道の本管が来ているのに、合併浄化槽を使用しているのでまだつなぎ込んでいないという方、急いで接続することをお薦めします。

予定表 8月25日から9月7日まで

前日までの予約分を更新します。
当日受け付けた業務は、反映しません。
 約: 予定・予約が入っています
 移: 前後の予約に対応する移動・準備中です
 空: 予約はありません
 休: お休みさせていただきます


日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
25
26
27
28
29
30
31

日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
9/1

火災保険で泥棒対策

 先月、防犯セミナーを受けて泥棒心理と住まいの防犯に興味を持った私。ところが我が家の防犯は守備範囲が広く、どうしても置き去りになってました。
 その理由は1つ。中にある家財は大したものがない。でも、家の窓ガラスを割られて建物に傷が入ると大きな損害になる。という理由からでした。
 ところが昨日、自動車保険の集金に見えられた保険屋さんにお尋ねしてみると、大きな間違えであったことに気づきました。
泥棒に割られた窓は火災保険で修理が出来る
ということなのだそうです。これまで泥棒に入られても窓を壊されたくない、床を傷つけられたくない。
 こうした思いは大きな勘違い。これからは、心おぎいなく戸締まりが出来ます。ちなみに、家財の保険にかけていればそれに対する被害も補償されるそうです。なお、骨董品は事前に届け出が必要となります。
(詳しくは、お付き合いされている保険代理店へお問い合わせください。事務所の場合もお気を付けください)

「住宅瑕疵保証」の保険についての勉強会開催

 皆さんご存じの通り、平成21年10月1日引き渡し分から、新築住宅引き渡しに、資力確保措置が義務付けられます。保険に加入するか保証金の供託が必要になるのです。
 現在、
(財)住宅保証機構
JIO
ハウスプラス住宅保証(株)
(株)住宅あんしん保証
の4社が国土交通省から認定を受け、来年からの瑕疵保証制度に対応した商品を販売できるようになっています。
(別途1社申請中)

 今回、工務店さん向けに「住宅あんしん保証」のPRを兼ねて、9月24日(水)、10月8日(水)の両日、瑕疵保証についての座談会を実施します。時間は17時半から1時間程度の予定でいます。
 会場はサンコー商事事務所を予定しており1回5名程度で実施します。(参加者多数の場合クリナップさんのショールームなどに変更あり。参加者3名未満の場合中止。)
 講師は、越智産業(株)リテールサポートチーム専任リーダー 河野裕治様です。
 この機会に是非ご参加いただき、今後の経営戦略にご活用くださいますようお願いいたします。


新渡戸稲造先生でいく週末ワンデートリップ 第7回4

082131 市営温泉「礼湯」は音信川(おとずれがわ)そばの恩湯から少し登ったところにあります。料金は200円ですが、石けんがないことと、中でロッカー代が100円必要なので注意しましょう。
 6年くらい前に建て替えられたということで、施設は明るくとてもきれいです。
082132 こちらは「恩湯」。
前回はこちらを利用しました。料金は同じで温泉へ来たという気分を味わうにはこちらがお薦めです。

082133 風情ある長門湯本の温泉街、500M程上流へ歩くと自然一杯の河川になります。時間があるときは散策にお薦めです。


082134 音信川のちょっぴりロマンチック?な「恋伝説」。
夜に訪れるとまた風情があると思います。

今回の費用
切符代  2,300円
昼食代  1,5700円
みすゞ記念館 350円
湯本温泉    200円


行程
久保田 6時28分発 門司港行き
門司 8時48分着
9時05分発 下関行き
下関 9時12分着
10時36分発 仙崎行き「みすゞ潮彩1号」
仙崎 12時46分着
16時01分発 厚狭行き 
長門湯本 16時19分着
17時59分発 厚狭行き
厚狭 18時58分着
19時20分発 下関行き
下関 19時53分着
20時01分発 門司行き
門司 20時07分着
20時08分発 行橋行き
小倉 20時14分着
20時18分発 荒木行き
鳥栖 21時53分着
21時56分発 肥前山口行き
久保田22時31分着
帰宅





新渡戸稲造先生でいく週末ワンデートリップ 第7回3

 「みすゞ記念館」にはみすゞが20歳まで過ごした「金子文英堂」と「本館(資料館)」があります。
082021 金子文英堂の2階にはみすゞの部屋を復元展示してあります。
 建物の中には、いろんな歌が標され、座って一つ一つ読むと、少女が書いた詩なのにとても意味が深いものもあります。私の興味を引いたのは「お菓子」です。
 弟のお菓子をいたずらで隠す私。自分のは先に食べているのに、気づかれないとだんだん、弟のものまで食べたくなる、みすゞの心境。そして、ついに食べてしまうと、本当は甘いお菓子なのに「苦く感じる」というみすゞの歌。
 弟や妹をお持ちの方は経験ありますよね。
 そして、大人になった私たちにも、戒めの言葉のように響いてきます。
082022 こんな素朴で素敵な意味の歌が、本館では沢山読めるのです。(バスでお見えの観光客の方が多いのは本館の特徴です。)撮影禁止のため本館の写真はありませんが、みすゞの生い立ちといろんな歌をゆったりと展示した素敵な資料館です。
 パンフレットと資料館入り口に書かれた一節
「だれの心のなかにも
 みすゞさんはいます。
 あなたの心のなかの
 みすゞさんに出会ってくださると
 うれしいです。」
何となく足を運びたくなる、その訳を記されているようでした。
 082023
 資料館を後にして、海岸をゆっくりと散策、そして仙崎駅へと戻ります。帰りは山の中を走る美祢線へ。


082024 仙崎から3つ目の駅「長門湯本」で下車します。
 ここは「音信川(おとずれがわ)」沿いに湯本温泉の旅館街がならんでいます。ちょっと隠れ家的な温泉で風情があります。今回は市営温泉「礼湯」に立ち寄りました。
次回へ

新渡戸稲造先生でいく週末ワンデートリップ 第7回2

(その2)

081909081910




 外から見る「みすゞ潮彩号」は窓の形が特徴的です。まる、三角などとても目を引きます。中に入ると座席がすべて海を向いています。
(2両編成の指定席1両のみ、満席で今回は自由席乗車)
 下関を出発して間もなく、列車は山陰線へ入り、美しい海岸線が広がってきます。心配された雨も上がって、薄日がさしてきました。
 さて、このみすゞ潮彩号、平日は各駅停車で土日は快速運転。なのに、停車駅の到着時刻もほぼ同じ、不思議でした。しかし乗車してみると謎が解けます。この美しい海の写真、見てください。
081911081912




 窓越しの写真です。実はこの快速列車、駅ではなく「景色の美しい海岸」で3回くらい5分ほど停車してくれるのです。JR西日本のすばらしいサービス。感動しました。
 約2時間の列車の旅、長門市を経て仙崎駅に到着します。
081913 日本海に浮かぶ島、青海島の入り口仙崎は、昔、捕鯨で有名だった町です。金子みすゞの生まれた土地で、10年くらい前のNHK朝ドラ「和っ子の金メダル」の舞台でもありました。

081914 まずはお昼ご飯。海の幸のお店が目に付きますが、新渡戸稲造先生で行くワンデートリップの基本、5000円を守るには、メニューが外にあることが重要です。観光船乗り場にある「千石寿司」で、刺身定食をいただきます。煮物がおいしく、刺身もなかなかです。

 腹ごしらえしたら、いよいよ金子みすゞ記念館へ
081915 今度は、心に栄養を与えに行きます。ここ仙崎、金子みすゞ資料館は4年ぶり、前回はただ立ち寄ったイメージ。
 今回はしっかり資料に目を通すつもりで立ち寄りました。
(でも、覚えるつもりはありません)

次回へ



新渡戸稲造先生でいく週末ワンデートリップ 第7回1

 8月17日 第7回のワンデートリップは「青春18きっぷ」を使っての、山口県長門市への旅です。

(その1)
 久保田駅を6時28分発門司港行きで出発。下関からの列車を考えると7時32分でいいのですが、ここ数日悪天候でダイヤが乱れ気味なので余裕を持っての出発です。
081801 その為、下関では1時間ほど時間がとれます。早速歩いて町巡りです。
まずは「海峡夢タワー」
下から見ると存在感を感じます。

081802081803




 海岸の向こうに九州を望みながら、さらに海岸を進むと、「関門橋」が見えてきます。
081806明治の時代を思わせる海峡ロマンあふれる建物が至る所に残ってます。これらの建物を見ると改めて数年前に「下関駅」が火災で消失したのは残念でなりません。
081804 さて、ここ下関は明治時代の詩人「金子みすゞ」が結婚してからの時代を過ごした町でもあります。今回と旅で訪れる長門市仙崎は、金子みすゞの生誕の地であり、育った場所です。
081805 ここ下関にもみすゞにゆかりのある場所がいくつかありますが、歌碑を見つけることが出来ました。金子みすゞの詩は、特に興味を持つ訳ではありませんが、読むと自然に入り込み、何かホットするいい歌ばかりです。家族の問題で26歳で亡くなられたことは残念です。


081807 さて、下関からは「みすゞ潮彩号」で山陰線を走ります。特徴ある車内は次回に。
次回へ

予定表 8月18日から8月31日まで

前日までの予約分を更新します。
当日受け付けた業務は、反映しません。
 約: 予定・予約が入っています
 移: 前後の予約に対応する移動・準備中です
 空: 予約はありません
 休: お休みさせていただきます


日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
18
19
20
21
22
23
24

日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
25
26
27
28
29
30
31

三瀬のループ

三瀬のループ 一昨日、12日に開通した国道263号線の三瀬ループを通ってお盆のお参りに行ってきました。
 カーブがなくなって時間短縮効果は5分というアナウンスです。厳木バイパスと同様、ETCでの支払いが出来ず、一旦停止が必要な為に5分の効果は疑問ですが、夜道にあのカーブを曲がらなくていいのは安心です。

五徳

 皆さん、お盆はいかがお過ごしでしょうか?本家でご先祖さんをお祀りされてる方。実家に帰りお参りされた方、様々だと思います。そこでご先祖様の魂を感じることが出来た方、そうでない方いろいろいらっしゃると思います。

 ご先祖様を思うこの季節だから考えたいこと。それが五徳についてです。儒教の用語で正しくは「五常の徳」と呼び、「仁」「義」「礼」「知」「信」の五つの徳のことをいいます。
「仁」は奉仕の精神、人を思いやること、目上への感謝
「義」は恩に報いること、マナー、知的な行動力
「礼」は礼儀礼節 (本来は別の意味も)
「智」は知識、学問に励む
「信」は信念、信頼・信用、親睦を深める
という意味です。(書によって微妙に解釈が異なるが)

 「 孔子は仁を最高の徳目としていた。」とされています。一方、「信徳」は他の四つの徳がそろってないと身につけることが出来ない徳、とおっしゃる方もいらっしゃいます。
 様々な解釈がありますが、重要なことは
「今を生きる私たちが、バランスよく徳を積む必要がある」
ということです。
 学校で、「頑張ったら将来いいことがある」といったことを子供たちに教えると思いますし、私自身も教わりました。今行われている「北京オリンピック」の中継を見ていても、同様の報道がなされています。しかし、
「すべての人が頑張れば結果が出る」
というわけではありません。ここには、学校では教えてくれないご先祖様の頑張り(五徳を積んだ結果)が現れてくるのです。深見当州氏によると「人間は生まれた瞬間に約7割の運命が決まっているとのこと」
 同じように考えると、今頑張っている私に成果が現れないとしても、五徳を積むことは、自らの子孫にその恩恵が現れるのです。そう考えると、お盆の今「ご先祖さんに感謝の気持ちを込めてお参りすること」の重要性、そして、日々頑張ること(五徳を積むこと)の重要性がわかると思います。

 似たことは、住宅でも考えられます。200年住宅が叫ばれる今ですが、その住宅の運命は棟上げや引き渡しの時に決まるのではなく、契約するまでに依頼するお施主様の積まれた「徳」の高さと受注される業者さんの「徳」の高さによるのではと考えられます。
 この高さが良い運気の住宅を造る要素になってくると考えます。「当相談所」ではお施主さんの住宅に関する「智徳」を積んでいただけるよう、情報発信していきたいと考えています。


とも遠方より来る

 お盆に入って、各ご家庭にもご先祖様の御霊がお帰りになっていることと存じます。(本家の場合)
 一方、この時期に仕事先から帰省する仲間も多いことと存じます。私も昨日、佐世保高専の同級生が新潟から帰ってきましたので、一緒に墓参りにつきあって、お酒を飲んで佐世保行きの特急へ見送りました。
 当時の佐世保高専は低学年の全寮制。(怖い)先輩方から厳しいご指導(毎晩のように夜8時になると「1年生を集められて集会」が行われたものです。)部屋は4人部屋で学年が上がると3,2,1人部屋に変わるのですが、私は3年の途中で自宅通学したので、1人部屋は経験していません。
 年に2回の部屋替えは、まさに「民族の大移動」期末テスト終了の日に行うという今考えると無謀な行事でした。こんな生活をしてましたから、相部屋で過ごした仲間には特に情が湧くものでしょう。新潟から帰ってくる友は、一時期同部屋で過ごし、10年前になくなった友達のお墓参りにやってきます。私は毎年、駅に迎えに行ってお墓参りにつきあってます。来年の10月は亡くなった彼の「13回忌」。出来ることならクラスメートが集まって、お参りしたいものです。

 ところで、私の廻りには、寝過ごすことの好きな人が集まっているようです。
 まず私の弟。大学受験で東京のホテルに泊まり、夕方ちょっと一休み。目が覚めたら翌朝8時半だったと。(でも、慌てず、朝食を食べて受験したこの大学には無事合格しましたが)
 ほかにも、いろいろありますが、昨日の新潟の友達もやっちゃいました。深夜出発の急行「きたぐに」に乗車のため、夜、少しうたた寝。気づいたら翌朝1時半、「きたぐに」には乗れず、佐賀に来るのも、お昼の予定が夕方になっていました。(おかげで一緒にお酒を飲めたが)

 プライベートでの寝過ごしは、笑い話で済まされますが、ビジネスではこうした失礼のないように、私も気をつけたいと思います。
 お金は取り返すことが出来ても、無駄に過ごさせた相手の時間を取り返すことは不可能ですから。

子年の幻 オリンピックマラソン

 昨夜は北京オリンピック「柔道女子63kg級」決勝を偶然、テレビの生中継で見ることができました。谷本歩実選手の金メダル、本当によかったです。
 しかし、その直後、データ放送でまさかの情報を聞くことになるとは。

 振り返ると24年前の同じ8月12日、ロサンゼルスオリンピック最終日に行われた男子マラソン。前年の福岡国際マラソンを、見事なラストスパートでタンザニアのJイカンガー選手を破り優勝。オリンピック出場を決めた「瀬古利彦選手」。幻のモスクワオリンピックのあと、1年10ヶ月に及ぶケガから復活。当時、多くの日本国民が金メダルを疑うことなかったでしょう。しかし、35kmでまさかの失速。14位に終わられてしまいました。
 時は流れて、北京オリンピックまっただ中の昨日、8月12日、瀬古選手と同じ三重県出身、女子マラソン2連覇を期待された「野口みずき」選手が、出場断念とのこと。

 中学時代、弱小バスケットボール部にいながら、陸上の長距離チームに招集された私にとって、瀬古選手の勝負強さはあこがれでした。野口選手は以前家族の思い出として
「台風の夜、家族みんなでひとつの部屋で過ごしたこと」
と答えるほど庶民的(それ以上かも)で、けして恵まれたとはいえない環境の中を頑張られていたので、応援していました。
 ピアニストから重量挙げに転身した三宅宏美選手とともに応援していた選手が敗れるのはとても残念ですが、今は
「しっかりとけがを治して欲しい」
と願うのみです。


 

マルキタ情報8月号

 携帯でご覧の皆様、すみません。今日の情報は文字が小さく、パソコンでしか読めないと思います。
マルキタ情報8 越智産業グループマルキタさんから送られてくる情報ファイル。今回も、業者様向けメニューに組み込もうとしていましたが、繰り返し読んでみると、奥深いです。
 そこで今日の話題に取り上げてみます。果たして自分の耳に入る情報は、どのくらい正確なのでしょうか?

リッツの素敵なサービス

 昨日は早朝、「ソフトボール」の練習
 お昼から「町田のグループ課題」
 夕方はベストアメニティースタジアムで「サガン鳥栖の応援」と充実?した一日でした。FC岐阜に勝利していたら、いうことなしだったのですが、引き分けで残念です。
 さて、しあわせデザイン研究所の馬渕さんが、顧客サービスのお手本として推奨される「リッツカールトンホテル」。
ザ・リッツ・カールトン大阪」のホームページをチェックしてましたら、こんな素敵な企画が。
 なんと、ホテルの宴会場で400ml献血ができるんですよ!以前、当ブログ顧問の大野君がコメントで、
「大阪リッツで空港行きバスの切符を買える」
と紹介してくれました。
 でも、せっかく訪れるなら献血で使いたいですね。
とはいえ私、先週の日曜日に献血したばっかりなのです。
 毎年誕生月である8月に献血することを心がけておりまして今回10回目(ちょっと少ないが)。記念品にガラス製の素敵な杯もいただいてきました。
 「リッツで献血」一度は経験してみたいです。

予定表 8月11日から8月24日まで

前日までの予約分を更新します。
当日受け付けた業務は、反映しません。
 約: 予定・予約が入っています
 移: 前後の予約に対応する移動・準備中です
 空: 予約はありません
 休: お休みさせていただきます


日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
11
12
13
14
15
16
17


日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
18
19
20
21
22
23
24

お盆も閉店開業中です

 朝からテレビではお盆の帰省ラッシュが始まったという話題が流れてました。工場はそんな時期ですね。私も5年ほど、
工場務めしていましたが、設備部門にいたためにGWやお盆、年末はいつも仕事してました。
(93年に不況で操短がありお盆休みしたことはあるが)

 建材メーカー・問屋さんのお休みは13日から17日までがほとんどのようです。

 サンコー商事のお盆は、祝日モードで「閉店開業中」です。ご先祖さんと、過ごしておりますので、朝10時までにご連絡をいただいたお仕事は、可能な限りその日のうちに実施させていただきます。朝10時以降の依頼につきましては、翌日でお願いします。(日曜日はお休みさせていただきます)
 

 さて、お盆は出かけない予定の私ですが、7月末からJR九州の駅に注目のポスターが。夏休み最後の2日間「JR九州の全列車乗り放題10,000円」(新幹線・特急含む、指定席別料金)
 鉄道ファンの私でなくとも、これはお薦めです。お子さんたちの宿題を早く済ませて、活用してみませんか。鹿児島へ日帰りするだけでも元が取れます。泊まりでなくても日帰りで、一日目は別府へ、二日目は長崎へ。こんな使い方もできますよ。当日の混雑は必死です。計画が決まったら、別料金ですが指定席の確保をお薦めします。
(鹿児島から帰るときの、新八代から鳥栖までなど)
良い夏の思い出ができると思います。

気になる数字

 昨日の細石明子先生の授業で、ちょっと気になる数字を紹介されました。2001年のデータなのですが、日本の住宅市場で使われる金額は47.1兆円になるとのことです。これだけ見ますと、
「そうなのか」
と終わってしまいますが、このうち住宅本体に掛けられているお金は19.5兆円しかないのです。住宅市場で使われるお金の半分にも届きません。
 それ以外といいますと、住宅設備機器である、トイレ、ユニットバス、システムキッチン、照明、カーテン、家具 etc.です。
 ここで、考えてみてください。最近200年住宅という言葉が流行っていますが、200年をめざす部分は19.5兆円の住宅本体部分でしょう。しかし、高級家具を除いて、10年から15年で取り替えやメンテナンスが必要な住宅機器の購入割合が本体よりも大きいというのは問題なのではありませんか。なぜなら、一部の人を除いて15年程度で更新が必要な住宅機器を30年近い住宅ローンで購入するわけですから。
 やはり、「住宅は資産だ」と考える以上、住宅本体にお金を掛ける金額の割合をもっと増やす必要があるのではないでしょうか。
 住宅のメンテナンス周期や費用に関しては、昨日まで取り上げました(株)オーパス社長の吉富さんも紹介してありますので、是非ご覧ください。
 そして、こうした将来必要になるお金を考えて住宅リフォームを実施するために、ライフプランを作成することをお勧めしています。ライフプランは(株)スタイルオブ東京と提携したライフスタイルコンシェルジュサービスにより実施します。

立秋

今日は立秋です。

残暑お見舞い申し上げます


忙しさにかまけて、葉書を書きませんでした。
年賀状は頑張ります。

さて、オーパスさんの素敵なショールーム紹介も最終回です。
ショールームD 3回には、こんな畳コーナーをあしらったスペースがあります。
でもこのお部屋、左側の階段を登と、!!


ショールームBショールームC




 洗面所とお風呂が現れます。しかも、どこかのユニットバスや洗面台を買ってきたのではなく、オーパスさんのオリジナルですから、魅力的です。
 雑貨もいろいろ取りそろえてありますから、住宅を新築、リフォームしてから出かけても楽しめそうでした。
雑貨1雑貨2

悪質なクレームへの対応策!

 今日まで、オーパスさんへ行った話題を掲載するつもりでしたが、昨日、小城商工会議所で行われた冒頭タイトルのセミナー、とても良かったので緊急告知です。

 セミナー講師の援川聡さんは、大阪府警を30代で退職後、スーパーのサティーなどを経営するマイカルにお勤めになったそうです。刑事と接客業という相反する経験を生かし、(株)エンゴシステムを設立されています。

 話題の基本は、顧客満足
どんな相手でも、始めからクレームを付けようと思ってお店に来ているのではない。
ということです。(正しくは約97%のお客様)
 初期対応のまずさで、大きなトラブルになる、ということを「大阪のおばちゃん」「ボクシング亀田の父ちゃん」を例に出しながら面白、可笑しくの講演でした。

 ただ、地球温暖化と同じように、人間社会でも
ストレス社会の進行による、人間の中身の温暖化
が、現実化しているということをおっしゃってました。
「モンスター***」という言葉も流行っていますが、一言で世相を言い当てるうまい言葉だと感心させられました。ストレスが多いから、ちょっとしたことが待てなかったり、ちょっとしたことで文句を言ったり・・・。
 多くの人たちがこうした環境の中で生活しているので、相手の顔をよく見て、一声掛けることの重要性を説かれていました。

 このセミナーは、今日6日、明日7日と佐賀県内、佐賀商工会議所と鳥栖商工会議所で実施されるということです。
企業や商店経営者の方はもちろん、接客のお仕事をなされている方にはお勧めです。時間のある方はお問い合わせの上、参加されてはいかがでしょうか。

被害に遭わないための防犯チェック3大ポイント 3

防犯チェック3大ポイント その3

 (株)防犯住宅 柴山明輝先生によると泥棒を近寄らせないためには、生活習慣を変えることも重要になるとのことです。外から見て女性の部屋と分かるのはあまりよくありません。

3.生活習慣を改善する
10.ポストには鍵をかける
  郵便物(電話会社の請求書)が盗まれると個人情報が
  知られてしまいます。
  泥棒が電話番号を知り、電話による留守確認をしたり、
  ストーカー行為をしたりする。

11.ポストの中に郵便物や新聞をためておかない
  何日も不在になる時は、新聞を止めてもらう
  不在がひと目でわかる。

12.洗濯物は、外から見えにくいところに干す
  夕方以降も洗濯物が干してあるということは、留守と
  わかり第一ターゲットになる。
  夕方まで帰宅できないときは室内に干す。

13.敷地内の整理整頓をする
  (園芸道具などは)物置・家の中にかたづける。
  泥棒は下見の時に、侵入の道具として使えるものが
  あるかチェックしている。
  泥棒はできる限り道具を持たずに来る。

14.園芸スコップ・ドライバーを外に置いたままにしない
  侵入の道具になる。
  泥棒は、このような家は防犯意識が低く鍵かけが
  不十分で侵入しやすいと判断する。

15.脚立・はしご・椅子などは家の外に置いたままにしない
  2階に登道具になる。
  自分の家になくても、両隣・近所の家にあることで
  利用されてしまう。
  2階だからといって窓を開けたままにしている家が
  狙われる。
  
オーパスさんの素敵なショールームから0805ナチュラル10805ナチュラル2

被害に遭わないための防犯チェック3大ポイント 2

防犯チェック3大ポイント その2

 (株)防犯住宅 柴山明輝先生のお話では、明かりを付けていることが泥棒を近寄らせないポイントになるとのことでした。

2.明かりをつける
7.帰宅が夜になるときは、外から見える部屋の明かりを
  一部屋付けておく
   留守と分かると第1ターゲットになりやすい。

8.家の廻りを明るくする(門灯・勝手口など)
   泥棒が家に近づきにくくする。
   真っ暗な家が先に狙われる。
   なぜなら、留守宅の方が仕事をやりやすいからです。

9.レースのカーテンはすべて閉め
  遮光カーテンは30cm程開ける
   暗くなったとき、中の明かりが外に漏れるようにする。
   遮光カーテンを全部閉めると、昼間も留守とわかり
   侵入されやすい。

オーパスさんの素敵なショールームから
トイレ1 オーパスさんのショールーム、トイレも明るく清潔感があふれています。



トイレ2 洗面台もオリジナルで素敵でした。

予定表 8月4日から8月17日まで

前日までの予約分を更新します。
当日受け付けた業務は、反映しません。
 約: 予定・予約が入っています
 移: 前後の予約に対応する移動・準備中です
 空: 予約はありません
 休: お休みさせていただきます

日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
10

日時曜日07-1010-1313-1616-1919-22
11
12
13
14
15
16
17


オーパスさんの素敵なショールームから
08013Fへ 三階のショールームへ上る階段です。オーパス社で使用されている外装材で仕上げられています。

 打ち合わせスペースでは、こんな感じ?
 写真は案内していただいた同社宇野さんと
 当ブログ顧問大野君
0803打ち合わせ10803打ち合わせ2

被害に遭わないための防犯チェック3大ポイント 1

 自分で窓ガラスを割る、面格子を壊すという作業をやってみることで、いかにして泥棒の侵入する時間を稼ぐことが重要か、心理的な影響が分かりました。

防犯チェック3大ポイント その1

1.鍵をしっかり掛ける 
1.1階も2階もサッシの鍵をしっかり締めロックをかける
  ガラスを割ることは30秒もかかりません
  鍵にロックを掛けてあると、ガラスを大きく割る必要が
  あり、侵入に時間がかかります。
  結果、侵入をあきらめる確率がたかまります。

2.サッシの補助錠をかける
  ガラスを鍵部と補助錠部の2カ所を破壊しなければ
  侵入できません。
  結果、時間がかかるので侵入をあきらめやすくなります。

3.面格子付き窓は2階を含めて窓を閉める
  面格子を外すのは1分もかかりません。
  窓を閉めることで、侵入に時間がかかります。

4.雨戸・シャッターを閉め、雨戸・シャッターの鍵とサッシの鍵をかける
  シャッターは18秒、雨戸は30秒で壊せます。
  サッシに鍵を掛けることで破壊に時間がかかります。

5.玄関・勝手口のドアの鍵を2つ以上掛ける
  鍵が1つだと、バールで破壊するのに、1分以内で
  完了します。

6.置き鍵をしない
  置いている場所はどこの家も同じ
  泥棒も置き場所を予想しています。

オーパスさんの素敵なショールームから
0802ピアノ教室 ショールームを2階へ昇る途中に、チャイルドルームとピアノ教室があります。ピアノ教室では外部の講師の方による教室が開かれているそうです。以前、ヤマハ音楽教室が子供さんにピアノを習わせて、そのお母さんに自社のユニットバスを提案する、という話を聞きました。
 同様に、気軽にお客様が立ち寄れる仕組みがありました。
 

驚きの空間

 オーパスさんのショールームは一歩中に踏み入れるとまさにゆめ空間。住宅会社のショールームなのに、住宅設備を見せるのではなく、新生活に対する「夢」を売っている感じのショールームです。
08011Fホール 玄関そばの受付で挨拶を済ませ、エントランスホールへ入るとこんな感じです。打ち合わせするにも、コーヒーをいただくにもとてもくつろげます。

0801柴山先生 さて、今回の目的は(株)防犯住宅 柴山明輝先生による、「被害に遭わないための防犯住宅」というセミナに参加するためです。
 このセミナーは6月にも実施されていて、このときの様子は、馬渕さんのブログ「しあわせデザイン研究所」やあぶりしゃけさんのブログ「建てちゃったハイム」でも紹介されています。この話題にコメントしたときに、馬渕さんからイベントの計画をしてみては、というアドバイスを受けたので実際視察してみることにしたのです。
 今回は、オーパスさんの主催でこれから住宅を建てる方むけのセミナーのためか、少数での実施でした。その分、実技では気持ちよく、また、いとも簡単に窓ガラスを割らせていただけました。また、アルミの縦格子がいとも簡単に壊れるのにびっくりです。
 これって、開口部はまさに不審者の自由通路という感じです。被害を防止するためにも、窓の寸法、仕様をしっかり考えて設計する必要がありそうです。

今回のセミナーの目的は
1.防犯対策に必要な目を持つ。
2.自分で出来ることを実施する。
3.ご縁のひとに防犯意識を広める。
ということです。

話を聞いていて、我が家の甘さを感じました。
 泥棒の6割は営業マン風で、
表札なし
門が開いている
インターホン
なしの家を狙っているそうです。
まさにターゲットになりそうです。
飯盛良隆


佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。
平成24年6月 突然
唐津から釜山へ新幹線で!
実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。
そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
福岡インテリアコーディネーター協会監事
夏・佐賀で稲作
冬・東京で会社員
お問い合わせ

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ