飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産の受付は8月を予定しています。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「6月 26日は震和会事務所前 小城市三日月町樋口803」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

2010年04月

連休特集?

 日経新聞を読んでいましたら、連休の谷間だからなのかニュース記事が少ないです。一方、特集記事が沢山。その中には大手ハウスメーカーが協賛している「住宅取得促進施策」が掲載されています。住宅ローン減税にフラット35S。読み出したら、今住宅を購入しないと馬鹿みたいに感じさせる数字が並んでいます。
 ほんとに魅力的です。でも、注意して下さい。全ての人がこの仕組みで住まいを手に入れることがベストではないということを。住宅ローンの年間最大控除60万円なんて、どのくらいの人が受けることが出来るでしょうか?フラット35Sで借入金3000万円を35年元利均等払いで借り入れて、家計が破綻しない人がどのくらいいるでしょう?
 住宅に必要なお金は、住宅を購入するときのみにかかるわけではありません。家賃並みとはいいませんが、固定資産税や住まいのお手入れには相応のお金が必要になります。記事には載らない陰の部分を考えて、住まいの計画を行いたいものです。





倉庫開き

倉庫開き1 道路から見た様子です。





倉庫開き2 ついに、足場が取れました。
2ヶ月前の倉庫を解体し始めたときの面影はありません。
とても明るく感じると評判です。


倉庫開き3 事務所の外観は簡素ですが・・・。
奥のドアが、(株)スメトコプロモーションの入り口となります。

皆様、ご連絡の上お立ち寄り下さい。





内装工事も終わり・・・

 3月始めから実施しておりました倉庫・事務所の改装工事、いよいよ完了間近になりました。今日は電話の移設工事中です。電気は仮配線になりますが、事務機器を自宅から移設出来ます。
 28日の明日場撤去が終わる午後には、新事務所で営業を始めます。応接室のクロス貼りが来月にずれ込みますが、業務には影響ないでしょう。5月の連休明けには皆様のお越しをお待ちしています。





7−10時

 年初に計画した目標を達成すべく、改めて告知して実行したいと思います。私・飯盛良隆がサンコー商事で勤務する時間は午前中のみです。携帯電話の電話には、午前10時以降、応答しません。
 昨日、ちょっとのつもりで対応しましたところ、お昼の予定が狂ってしまい、午後からの会議へバタバタと出かけることになりました。しかも、襲ってくる睡魔。「津波のように長時間、何度にも」。
 せっかくの時間、集中して対応したいものです。

というわけで、平日朝7時から10時まではサンコー商事の仕事も受け付けます。しかし、それ以降に私へ連絡されても翌日になりますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。





外装工事が終わりました

外装工事終了 外装工事が終わりました。屋根には一体型の太陽光発電システム5.01kwが設置され、壁はアスベスト入りのスレートから無石綿のサイディングに代わり、角度によっては新築と見間違えるようです。現在は内装の施工中で、コーキングと雨樋を掛けて今週中にはめどが付きそうです。足場解体が28日ですから、月末には本格営業が出来るでしょう。
 完成が楽しみですが、請求書を見るのが怖いです。





開けてびっくり!

哀れな断熱材 今回、倉庫をリフォームしようとした最大の目的は、太陽光発電パネルを設置するために、南向きの屋根を確保することでした。
 同時に、外壁や屋根で使用しているスレート。これには固定された状態では問題ないとさているアスベストが含まれていますので、将来の負債にならないために撤去することが目的でした。
 付帯工事として考えていた事務所のリフォームですが、スレートをはがすとびっくりです。本来、壁に面しているはずの断熱材が、団子のようにC鋼の上に堆積しています。その上にはすさまじい量のイタチの糞が・・・。
 事務所を作ったのは、1991年の台風の後。その頃は、断熱材の施工なんて今以上にいい加減でしたね。1999年頃の品確法設置後は、断熱材の施工にも注目されましたが、それ以前に建てられた住宅は、同じような心配は考えられますね。
 今度は、しっかりとした考えの上で施工して頂きます。

 ところで昨夜、アメリカに転勤になった先輩からメールが届きました。テネシーの工場に移られたようです。何年向こうにいるのか分かりませんが、送ったメールが届いたようで安心しました。現地でのご活躍をお祈りします。





昨日から春の土用ですが

 昨日から春の土用です。土用の間は土いじりをしてはいけないといわれています。
 が、昨日は土用の間日です。
です。この日は土公神さんが天上界にお出かけなさっているので、その間に土いじりをしても良いことになっているようです。今回の土用は、17,25,26,29日(巳・午・酉)が間日に当たります。気をつけて作業に当たりましょう。ちなみに土用明けは5月4日となっています。





太陽光の工事開始

太陽光設置開始 いよいよ太陽光発電パネルの設置工事が始まりました。ところがトラブル発生。
 予定では、軒先に1枚平板瓦を入れた後、太陽光パネルが36段入って、最後に2段瓦が入る予定でした。ところが、メーカーから送られた金具が間違っています。
 職人さんを遊ばせるわけには行けませんから、仕方なくそのまま施工です。
太陽光設置1日目 総枚数、264枚のうち99枚が施工されました。天気が良ければ、3日間で終わる予定です。





看板を掛け替えました

看板 道路に設置した看板。「サンコー商事→」から「住宅CMサービス」に掛け替えました。
 後は、事務所が完成すれば・・・。
 さて、昨日は福岡市薬院にあるパナソニック電工へ行ってきました。「我が家見なおし隊」を形成して、IHヒーターとエコキュートのリフォームに力を注ぐ電工さん。その姿勢を明確に示した研修会でもありました。





太陽光発電システム設置準備

ダウンフィル 太陽光発電システム設置の為に作りました勾配屋根。長さ10mの4寸勾配ですから上から眺めると爽快です。
 パネルの施工は、佐賀県の助成金の許可が下りてからになりますが、金曜日に始められたらと思っています。
屋根下地 ゴムアスルーフィングをかぶせてもらい、準備完了です。明日16日から施工開始です。
 屋根材一体型の太陽光発電システムに興味をお持ちの方は、金・土曜日に施工の様子をご覧になれると思います。こちらへご連絡の上お越しになって下さい。






Twitterを始めました

 先週の土曜日からTwitterを始めてみました。
@smetoco
です。詳しいことは、勉強中ですがとりあえずつぶやいてます。






住宅CMサービス福岡にて

米田建設内覧会 昨日は、福岡県糟屋郡宇美町で、住宅CMサービス福岡を利用して建築された住宅の内覧会が開催されましたので、現場を見せてもらいに出かけました。
 今回のお施主様が、住宅CMサービスに出会われたのが昨年のゴールデンウイーク明けだったそうです。土地探しから完成に至るまで、一年がかりのプロジェクトですが、ご主人様が満足そうに熱弁されている様子を見ると、その充実した住まい造りをうかがうことが出来ます。一年掛けても大変だったということで、ご来場頂いた方には、
「二年ぐらい時間があるとちょうど良いよ」
と、アドバイスされていました。直接、住宅を施工する事業者に相談した場合、なかなかゆっくりとは進めてもらえないと思いますが、最初の相談から完成まで、中には5年かかったという方がいらっしゃるのもこのサービスの特徴だと思います。

 今回の物件の施工は、那珂川町の(有)米田建設さん。内装は、檜材を最近は珍しくなった真壁造りで仕上げてありました。玄関を入ると、とても良い香りが漂います。






明るい***♪

LEDは明るい 先日ラジオで、電機メーカーの音楽特集をやっていて、
「あかるーい*****♪・・・」
という懐かしいメロディーが流れてきました。それとは異なりますが、新時代の照明として人気のLED照明。先日報告しましたとおり、佐賀県の助成金の対象にはなりませんでした。しかし倉庫の取り替えには、省エネ効果があると判断しての導入です。約30坪の空間(天井高は3.6mから5m)を40w蛍光灯の器具に、直間型LED照明を4本取り付けています。かなり明るいです。蛍光灯とは比べものにならない気がします。ダブルで付いていた器具も、1本に減らしてます。
 ところで、LED照明の魅力は、虫が寄って来にくいということらしいです。「ブン蚊」県と呼ぶ人もいた佐賀ですから、真実ならこの効果は大きいでしょう。夏が楽しみです。







いよいよ屋根作成

屋根構築 解体を初めて一ヶ月、いよいよ屋根の作成が始まりました。カネカの屋根材一体型住宅用の太陽光発電を設置するために、屋根勾配を4寸にする必要がありました。そこで、倉庫の外装補修を兼ねて今回の工事になっています。当然、出力を最大にするために、屋根の向きも南向きに変更しています。来週後半には、いよいよ太陽光発電システムが設置される予定ですので、興味のある方は連絡の上お越し下さい。予定では、15日から設置される予定になっています。







やっぱりメールは苦手?

 マスターアドレスとは別に、仕事用やプライベート用など、片手では数え切れないメールアドレスを使用している私。その中に、通販などで使用するアドレスが一つ。でもなぜか、そのアドレスを教えていたのが、20歳の時に入社した会社でお世話になっていた先輩。
 今年のお正月に年賀状で、「海外転勤の話が出ているけど、単身赴任するかどうしようか迷っている」と書かれていました。
 会社設立を兼ねてお返事を出した私は、
「家族そろっていくべきです」
と書いて、そのメルアドを付け加えておきました。そんなことはすっかり忘れて、最近はネットショッピングもなく、メールチェックは週1回程度。
 たまたま、さっき日産のディーラーさんが現れて、メルアドが必要に。確認してみたら先輩から4月3日付けで、
「家族そろってアメリカに行くことにしました。今は年の実家に帰ってきてます。4月8日出発です。」
とのメールが・・・。

 返信メールは、宛先不明に。
 挨拶も出来ずに申し訳ありません。 

記事の訂正

 直管型蛍光灯を器具を交換せずにLED照明に変更出来るとPRしてきました(株)ヘパスの照明。今回、私が自宅に設置するに当たり、佐賀県の「住宅用太陽光発電と省エネ設備をあわせて設置する方への補助制度」を申請に行きましたところ、LED照明器具の新設にならないということで却下されました。
 器具から安定器を外すという電気工事が必要なので、補助制度の対象になると考えていた私。しかし、対象になるのは改造ではなく、「器具の新設」のみということでした。私は想定外の答えで困惑しましたが、台所にLEDのダウンライトを設置することにしました。結果として誤った情報になりまして、参考にされた方には申し訳ありません。
 残念ながら、LEDの照明器具は種類が少なすぎます。長時間点灯してこそ効果のある照明ですから、現状で器具ごとの交換というのはちょっと疑問に感じます。せめて、
「選べる種類はそろっているけど、高くて購入されない。」
という段階で、補助事業にすべきではと感じました。







倉庫のリフォーム3

屋根解体 3月のはじめから実施してまいりました倉庫のリフォーム。着々と進行中で、倉庫部分がほぼ完成し利用出来るようになりました。
 いよいよ、事務所部分の改修にかかります。
平屋へ これまで中二階がありましたが、南向きの片屋根を作るために、鉄骨を切り離します。
 この部分がなくなると、これまでの面影は全くなくなりました。身軽になったような気がします。
 続いて、足場やさんが、足場の掛け替えを行われます。
一部完成 これまで隠れていた、新しくなった倉庫の一部も顔を出します。
 外観が完成するまで、後2週間ほどかかりそうです。楽しみな気もしますし・・・。
 住宅CMサービス佐賀の事務所機能が正常化するのは、今月末になりそうです。






太陽光発電 佐賀県の補助金

 一月から始まった佐賀県の住宅用太陽光発電と省エネ設備をあわせて設置する際の補助金。年度末を迎えて、3月10日頃から受付が止まってましたが、金曜日の夜に受付が再開されたというメールが届きました。申請書類はこちらのページからダウンロードしてください。ちなみに、導入を計画している私も申請しますが、間に合うかどうか?屋根材一体型を計画していますので、認可されるのが遅れては雨漏りしますのでNGです。さてどうなるでしょう。
 ところで、この補助金は太陽光発電と同時に、対象になる給湯器、LED照明、2重サッシ、断熱工事などとの組み合わせが必要になります。しかも、エコポイントとの併用は出来ません。そこで、私が進めるのがこちら
 蛍光灯の器具を改良するだけで、直管型のLED照明に早変わりです。定価25,000円ですが、1日5時間の点灯で計算すると6年間で元が取れるそうです。ご参考にされてください。かなり明るいです。
 4月6日に自宅分を県庁へ申請に行きましたところ、LED照明器具の新設にならないということで却下されました。(誤った情報になりまして、参考にされた方には申し訳ありません)
 現状では、使い勝手は悪いと感じますが、LEDダウンライトを利用することが最善策となりそうです。






建材メーカーのリンク

 昔は、建材メーカー各社が競ってカタログを配っていました。しかし、今では電子カタログが一般的になってきています。パソコンの中にブックマークしていましたが、他の情報もブックマークしているので見にくいです。
 そこで、建材店サンコー商事のHP「すまいさがネットワーク」の中に建材メーカー一覧を作成してみました。たぶん使いやすいと思います。掲載されたメーカーさんで、
「うちの主力商品は違う!」
とおっしゃる方や、こういうメーカーも紹介して欲しいと、ご要望がありましたら、お声掛け下さい。
 良い方向に検討したいと考えています。







飯盛良隆


佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学・氣學を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!
実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。
そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
お問い合わせ

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ