飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成29年産はただいま予約販売受付中です。

2013年02月

防犯にCPマークの窓は有効か

昨日2月12日は、福岡インテリアコーディネーター協会のパースセミナーでした。

半年間、ご指導いただいた(有)インターハウス捷の伊藤捷治先生には、パースはもちろん、
「木造住宅とは・・・」
という視点でも、沢山のお話をしていただき、とても参考になりました。

最終回の昨日は、防犯ガラスとして
「おおむね破るのに5分以上かかるので、防犯対策として有効とされるCPマーク付のガラスが、最近破られるようになっている」
というお話を聞かせていただきました。

これまで、想定されていた侵入方法は、窓を割って壊すという方法。もし、この方法で侵入した場合には「器物破損」の罪が想定されています。

一方、今回は器物破損よりも圧倒的に罪が重くなる恐れのある方法であり、成功したときの成果よりも、リスクが大きいので誰もやらないだろうと考えられていた方法です。しかしながら現実にこの方法が実行され始め、日本防犯協会会長の柴山明輝さん立ちの実験では、鍵を外すまでにかかった時間は3分15秒だったと紹介されています。

つまり、これまでのように合わせガラスを採用すれば、大きな開口を持つ窓でも防犯に有効ですよ、とは言えなくなってしまったのです。

防犯対策には
「砂利を敷いて足音が聞こえるようにすれば有効ですよ」
ともいいますが、現在の気密住宅では部屋の中へ音も聞こえにくくなっていますので、有効なのか検討する必要があります。

低い立ち木を植えておけば、証拠が残るので泥棒に入りにくい、ともいわれます。
しかし、低い立ち木をいける場合には、その手入れも大変になりますね。


最終的には、近所の人の目が一番の頼りなのかもしれませんね。




新築住宅づくりの応援サイト
新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

第24回住まいづくりの基礎講座

第24回 住まいづくりの基礎講座


  テーマ 「住宅の坪単価を安くするには」


  日時  2月17日(日) 14時30分〜17時10分


  場所  ドゥーイング三日月


       小研修室  


  第1部  住宅の坪単価を安くするには 


         講師:住宅CMサービス部長
             インテリアコーディネーター    飯盛良隆

        14時30分〜15時40分


  第2部  地鎮祭ってなぜ行うの


         講師:(株)スメトコプロモーション
              企画営業部   大野英章

         16時00分〜17時00分


  第3部  代理人と進める家づくりの魅力


         講演:住宅CMサービス部 飯盛良隆
 
         17時00分〜17時10分


  (講演終了後18時まで、皆様の家づくりの関するご質問などにお答えします)


  定員   6組


  費用   500円


     (若本修治氏著「家づくりで泣く人・笑う人」 定価1,500円をお渡しします。         なお、当日この本をご持参いただきます方は無料でご参加いただけます)


      このセミナーの様子


締切   一次締切  2月 7日 (応募多数の場合、抽選とさせていただくことがあります)


      二次締切  2月14日 (先着順で定員になり次第、受付修了します)


 セミナーのお申込・お問い合せはこちらから


  →  
 知っていたらごめんなさい「住まいづくりの基礎講座」参加申込


飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ