飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産の受付は8月を予定しています。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「6月 7日は現在未定」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

2014年02月

有田の町中から離れたところに魅力

030
有田町にある九州陶磁文化館に出掛けてきました。

025
学生時代は毎日ここのそばを電車で通り、定期的に町中を歩いたものの、有田駅から1kmも離れていないここへ足を運んだのは今回が初めてです。
23日まで開催されていた有田窯業大学校学生による作品展を見ることが目的でした。

作品も素敵なものがたくさん見ることが出来ましたが、無料のこの施設が人目に触れないことは佐賀県民としてもったいないなと感じるところです。
027
きれいなお庭を見ながらゆっくりお茶をいただくのもいいと思います。
028


つづいて有田町の南西に位置する柿右衛門窯へ
031


有田駅から2kmほどで交通手段がタクシーしかないので、一般の観光客の皆さんはなかなか足を伸ばしていただけないところかと思います。
035


しかし、きれいなお庭に囲まれたお家と工場、そしてギャラリーがゆっくりとした時を楽しませてくれます。
038
商品は3万円を超えるマグカップからの展示でしたが、柿右衛門さんの作品が好きな方には、是非使っていただきたいアイテムです。

049
町歩きも楽しい有田ですが、ちょっとゆっくり足を伸ばすと、さらに魅力溢れる旅が実現しそうです。

11年ぶりHTBのバックヤードに

2月4日立春、この日は年に一度の
電気技術者協会の研修旅行でした。

はじめは(株)戸上電機製作所
002


仕事の都合で遅れて参加しました。

続いて昼食会場へ。バスで佐世保市街地を抜け九十九島が望める船越町へ。

昼食会場の潮幸の宿 はな一へ
004


005


食事は離れで
025


窓からは九十九島の絶景が
007


お弁当も豪華です
008


約1時間の休憩を楽しみました
009


017


023


いよいよ、ハウステンボスへ
059
今回はバックヤードツアーということで、園内には入りません。

平成15年の九州発見塾以来のバックヤードツアーです。
039


20年以上前に建設された段階から耐震構造が用いられていました。
053


上下水道や中水、温水・排水、電線や信号線などが、共同溝で地中にあるので、ハウステンボスの空は広々としています。
056


平成15年に参加した時には良く理解できなかった水の浄化システム
067

当時は園内で中水として使用するものも、散水して使用するものもすべて、4次処理を完了してからだったそうですが、現在は散水用はウルトラフィルターを使用しない3次処理まで。
それでも、大村湾に流せる環境基準は2次処理でクリアしているということですから、すごい力の入れようです。
創業者・神近義邦氏の環境に対する思いが詰まった施設です。

案内して下さった植田さん、有り難うございました。
飯盛良隆


佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。
平成24年6月 突然
唐津から釜山へ新幹線で!
実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。
そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
福岡インテリアコーディネーター協会監事
夏・佐賀で稲作
冬・東京で会社員
お問い合わせ

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ