お部屋の雨漏り お部屋の天井を見ていたら、イタチの小便みたいな模様が・・・。

はじめは疑いなかったのですが、朝方から大雨が降って寝ている私のところに、水滴が落ちてきました。
なんと、雨漏りです。





屋根の上
建てたときの工務店さんにお願いして、補修の業者さんを手配していただきます。

ちなみに、屋根にある「谷」部分に穴が開いています。





谷の穴
想像以上に大きな穴が開いています。








005
ゴールデンウイーク真っ只中の5/3にかかわらず、業者さんが補修に来てくださいました。





そんな家屋修理でのトラブルが急増しているようです。

6月3日の日経新聞では、豪雨や台風といった自然災害による家屋の損傷被害を
「保険で無料修理できる」
と持ちかけて法外な手数料を請求するなど悪質な修理業者と消費者のトラブルが急増していることが紹介されていました。

確かに自然災害による住宅被害の多くは火災保険などで保証されます。

しかし、自然の消耗や劣化、サビなどは保険の対象になりません。
中には、業者が屋根瓦などを意図的に壊すケースもあるようです。

記事では「無料の強調」「法外な手数料の要求」
のほか
1.業者が住宅修理サービスと合わせて保険金請求を代行する
2.解約しようとすると法外な違約金を請求する
3.うその理由で保険金申請を勧める
と言ったことが特徴としてあるそうです。


ご自身の身体のことで相談できるかかりつけ医師が必要といわれるように、住まいにもかかりつけ工務店があるといざというときに安心できます。

もちろん、メンテナンスを行っていただくときには、かかりつけ工務店であっても、費用負担が発生になりますので、ご注意ください。