イネを食い尽くすジャンボタニシ。多くの農家が対策に頭を悩ませる中、除草効果があるなどと中途半端なメディア報道がなされ抜本的対策がとられずに、今では駆除薬をつくる業者だけが潤っているのでは、と感じてしまいます。

 何も学ばなければ「捨てた養殖業者が悪い」と流布されてしまいます。しかし、歴史を学ぶと日本の産業を破壊する戦略ではなかったのかと気づかされます。
 1940年代のサイパン島。サトウキビが生産されるこの島に、アメリカ軍は空からタガンタガンの種を播いたそうです。食料にも材木にもならないこの草は、サイパンから野菜をはじめとする食料を奪いました。島の外に食料を依存せざるを得なくなったのです。

 戦後の日本では、米食から麦食へと変えられていきました。そこには経済戦略としての巧みな仕掛けがなされていました。だんだんと減少していく食糧自給率とお米の消費量。しかし、日本人がお米の魅力を再認識したその時のために、日本中の水田にジャンボタニシを生息させる手を打っていたのではないでしょうか。

015 直播きをはじめて6年目を迎えます。いつもの年ですと、種を播いて10日ほどで、このくらいに発芽して出そろいます。
 昨年大豆を栽培したこの圃場では、今年も順調に育っています。




001 しかし、直播きの特長を生かし、準完全無農薬・無化学肥料で栽培する「さがびより」の圃場2カ所は10日経ってもほとんど芽を確認できません。
 機械メーカーのクボタさんや家族が他に原因を求める中、私はジャンボタニシの食害と強く主張し、その対応を検討しました。


027 56aの水田は準完全無農薬を断念し「ジャンボたにし君」という殺虫剤を使うことに。
 この判断は地中の微生物を殺す可能性も有り非常にリスクを負うものですが、原因不明のまま放置しては稲作の継続が困難になるとの判断からです。
 結果として、遅れて発芽した稲が順調に生育し、部分的に大きく欠けたところはあるものの、昨日は草丈10cmほどに成長してきました。雨に備えて再度「ジャンボたにし君」を散布しました。このまま分けつしてしっかり育ってくれたらと思います。

009 一方、15aの水田は6月13日に種子のまき直しを行いました。
 播種後3日間冠水した後、水をかけない状態で育てています。
 現在、少しずつ緑が表土に顔を出しています。今日の雨で水が溜まってきました。
 ジャンボたにし対策の薬剤を使用しないために食べ尽くされるリスクは否定できません。
 その場合は、水稲栽培をあきらめ大豆の栽培に変更することも考えています。

 化学肥料を使う農業が、私たちの健康を害することを学びました。ジャンボタニシの食害は、それに気づいた人たちの壁としてたち塞ぐことになりそうです。
 経済戦争へ立ち向かう日本人の団結力、それが必要な時代です。