026 佐賀市鍋島町蛎久、尚賢保育園前の水田で今年、イネの直播きを作業請負で実施させて頂きました。私の圃場のようにジャンボタニシは生息していませんので順調に育っています。(写真は7月9日撮影)
 6月5日の播種から3週間が過ぎた6月の終わり頃から周囲の皆さんも、その生育ぶりを注目して下さっているようです。
 依頼を受けた地主さんから
「いくらぐらいかかっやろうか?」
と数件の農家さんから問い合わせをいただいたそうです。

 あいまいな答えは出せませんので、小城市三日月町の平成29年度農作業受託参考料金を基に提示させていただきました。

15500円/10a(税込)

 請け負う作業はイネの直播き作業です。地主の方で代掻きまで完了していただくことが前提です。機械の運搬費用は別料金とさせて頂きます。品種は「さがびより」で、鉄コーティングした種子と播種時に散布する除草剤(これまでは「サンバード」を使用)は準備いたします。
 播種の適期は6月1日から15日と感じていまが、裏作などの都合を考慮してご相談に応じます。播種から3週間は、定期的に圃場へ足を運び、管理方法についてアドバイスいたしますが、発芽を保障するものではありません。ただし、種子不良(自宅分を含めて半分を超える圃場で発芽しない場合)は、無料で撒き直しを行います。移植(田植え)に作業変更を行う場合の保障は行いません。

参考料金・育苗完全委託 15500円(育苗+種子+育苗箱+箱施薬剤)
参考料金・田植え 7500円(田植えと同時に除草剤撒布・除草剤別)

平成24年に、佐城普及センターから座談会で鉄コーティングを紹介されたときに私は、これから海外から輸入されるお米と市場で勝負するには、60kgで9000円以下の米作り(メモには7000円と書いていた)を目指さなければならないと考えていました。10aから収穫出来るお米を8.5俵(510kg)と考えると10aあたり6万円での米作りです。これまで家族の労賃を無料で計算していた田植えを止めることが、それに近づく唯一の方法だと感じました。平成26年の生産変動費が10aあたり約42000円でした(固定費や機械の減価償却費は含みません)。
 その後、私の米作りは低価格志向から無化学肥料へとシフトしていますが、地域の農業を考えたときには、生産コストの削減を抜きに考えることはできません。

 来年(平成30年)のさがびより、鉄コーティングによる直播き作業請負を10月20日まで受付いたしますので、興味のある方はFacebookのメッセージや、ブログ右サイドバーの「お問合せ」などからご連絡下さい。