001 立春に合わせて、田起しを行いました。土を触ってはいけないとされる土用が明けた朝から5時間。雪が舞う寒空でしたが、地面の湿り気は少なくスムーズに作業できました。




006 しかし、寒かったです。今日から始まった小城市議会選挙の街宣車で回られる候補者の皆さんほどではないかも知れませんが、キャビンのないトラクターは寒風を直接受けての作業です。ま、小規模農家としては、機械に贅沢を言えません。



009 それでも、このデカイ作業機(鋤が6本ついています)だけで、約100万円です。
 従来のロータリーに比べて、自然な形で田起しでき、手入れもしやすいのでこれからますます活躍してくれるでしょう。
 昨年減反した圃場では、この時点で土が細やかになっています。


007 さて平成30年九紫火星戊戌(つちのえ・いぬ)年がスタートしました。今年は水難は少ないと思いますが、日の災いや大地の災いには特に気をつけて過ごす必要がありそうですね。