002 佐賀県立博物館。龍造寺の刀剣書(おそらく国内最古)が見つかったという事で、最終日に見学に行ってきました。
 これを見て考えるのが大学教育の問題です。最近の大学では処世術や英語が重宝されています。しかし、大学で必要な学びは1000年の時を超えて役に立つ學問ではないのでしょうか?
 様々な調査の中で見つかる文書。これを読み解く力がなければ、歴史の発掘調査は意味を持ちません。1000年の歴史を越えて役立つ日本語教育、そして日本語と歴史の研究が、税金を使って行うべき大学教育ではないでしょうか。