029 今さらフルマラソン、なんて考えていません。
とはいえ、10代、20代の時にはそれぞれ1回ずつ完走した一方、途中棄権で救護車に乗った経験がありますので、その道のりの険しさも記憶しています。
 さて、部屋の中を掃除していたら4年前に申し込んだ「佐賀桜マラソン2015」の参加賞(Tシャツ)が、出てきました。昔は、本当に参加しないと(会場で受付をしないと)もらえなかった参加賞が、お金を振り込むことでもらえるのですね。時代の変化に、ちょっと驚きました。
 で何故、桜マラソンに申し込んでいたかと言いますと、申込みの始まった2014年10月の時点で、統一地方選挙の選挙運動期間に大会の開催日が設定されていたからです。
 マラソン大会の選手を応援する候補者は、どこにでもいると思いますが
「候補者がマラソン大会の選手として(たすきを掛けて)走るなど、有権者は想像していないだろう」
と考えた選挙戦略の一つでした。もちろん、選管にもOKの確認を取っていました。
後は練習あるのみ。準備万端。のはずでしたが、まさか・・・
選挙の日程が変わることなど、想像していませんでした。選挙運動の一環として申し込んだマラソン大会でしたので、大会に出場することは無く、参加賞だけが手元に残ることになりました。