028 年末の帰省で利用するのは新幹線です。仕事の終わり時間が読めないことと、飛行機は料金が高いからです。
 帰り道に体幹の矯正を行うために、唐津廻りで帰るのですが東京から佐賀まで帰る乗車券を筑肥線・唐津廻り唐津線経由で発券できることを、今の駅員さんはご存じでないようです。福岡市営地下鉄が全線開業する昭和58年?まで、筑紫線は博多駅へ乗り入れしていたことを、その名残で現在でも福岡市営地下鉄を経由して連続した乗車券を発売することが可能であることを。
 今回は、関ヶ原地区積雪の影響で、自由席しか切符を持っていない私に座席に座ることは不可能と判断し、電車を待つのではなくいけるところまで進む方法を選んだために、券面通りのルートで帰ることは出来ませんでしたが、追加負担なく迂回できる便利な方法です。