012 種まきから2週間が過ぎた田圃の様子。2日間、水を落としていましたので今朝は水を入れに行きました。






018 排水口に堰板を当てて泥で押さえます。

 ん?

 なんか、こすったような変な感触が?

020 よく見ると、泥を甲羅に背負った亀ではありませんか!!

驚いた亀としばらく顔を見合わせました。

それから、何事もなかったかのように、亀の廻りから泥を集めて堰を完了。





046 ポンプを回して水田を潤してきました。

 亀のメッセージは九紫「優れた感性と執着を離れる智慧を意識する」です。
 しかも、泥をかぶって「黒」の色を強調していますので「忍耐力を養い根気よく誠実な仕事を展開する」とあります。

 そもそも、今年・九紫にいながら、それに対する意識が薄いことを警告に来てくれたのかもしれません。
・ 感性を意識する
・ 執着を離れる
改めて意識して過ごしたいと思います。