飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成29年産はただいま予約販売受付中です。

ハウジングリテラシー

福岡インテリア協会佐賀地区委員

会場 5月29日に福岡インテリアコーディネーター協会の総会が開催されました。
基調講演に続いて、会計報告と組織の変更案内が。
最近、ほかの資格ビジネスによりインテリアコーディネーターの認知度が低下していることに危惧した皆さんが、組織をてこ入れして活動を活発にさせたいということでの提案です。


002 そこで私、福岡インテリアコーディネーター協会の佐賀(筑後?)地区の地区活動推進委員に任命されました。
(名刺も作っていただいた!)

九州で唯一、インテリアコーディネーター協会がない佐賀県ですが、福岡の協会で活動を盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

太陽光発電実績評価制度をつくろう

再生エネルギーの普及に伴い、急速に伸びている太陽光発電。一般住宅だけでなく、メガソーラーの買い取り価格も固定化されたことで、今年の7月から10月までのわずか4ヶ月の間に256万キロワットの設備が認定を受けているそうです。

256万キロワットというと、原発2基分と考えてしまいがちですが、原発の出力は定格出力がそれであるのに対し、太陽光発電は理論上の最大出力がこの数字ということになります。そのままで原子力発電の代替になるとはならないのです。

太陽光発電システムの導入成果を考えるときには
1.実際の最大出力と理論上の最大出力の割合
2.平均出力と理論上の最大出力の割合
3.平均出力と実際の最大出力の割合
を、調べて評価することが重要だと考えます。

つまり、販売する業者は理論上の最大出力を元に、補助金を計算し売電できる電気料金を計算します。パネルの製造メーカーも理論上の最大効率を元に、これだけの発電量が得られます、という話をします。

しかし、現実には設置場所や気象条件により、理論通りの発電は出来ません。

そこで、補助金を受けた家庭用太陽光発電システムやメガソーラーを対象に、提案の際に用いた理論上の発電量と実際の発電実績がどのように異なっているか、その割合を調査して公表する必要があるのではないかと考えています。

1.メーカーに関する比較
  メーカーごとに比較することで、太陽光パネルに示す数値の信頼性を評価すると同時に、代理店に対する指導力を評価することが可能になります。

2.代理店に関する比較
  地域ごとの代理店を比較することで、設置者に対する正しい助言が出来る販売店なのか、太陽光発電の不向きな立地に対して、無理な販売をおこなっていないかの評価が可能になります。

3.地域に関する比較
  メガソーラーの事業参入場所に北海道が多く選ばれているそうです。土地が安いための選定ですが、電力需要と場所が異なること、日照時間と照射角度の問題など、パネルの寿命を含めて正しい選定がなされているかを評価することが可能になります。

太陽光発電システムが今、お金を生むアイテムとして普及しています。しかし、本来の姿はエネルギーを効率的に使うこと、無駄を省くことが目的であるべきではないでしょうか。
電気を使う家庭の屋根に、それを補う程度の太陽光発電システムが設置されることは理想的だと考えます。しかし、西面や北面にパネルを設置して設備容量を増やす行為やメガソーラーに見られる需要地とかけ離れた場所で電力を生み出す行為は、耐用年数を迎えたパネルの処理費用の負担を重くするばかりでなく、製造エネルギー原価に見合わないコストをかけることにもなりかねません。

地球に優しいエネルギー資源として太陽光発電システムが導入されるためにも、導入したシステムを評価する制度を実現することが重要だと考えています。



新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

1級建築士詐称新たに5人確認

 昨日5日の日経新聞42面に掲載されていた記事
「無資格者が1級建築士と偽って業務をしていた問題で、国土交通省は4日、新たに東京都と千葉県で、男性5人の詐称行為が確認されたと発表した。」
これで、今回判明したのは計20人になったということです。

 建築確認申請書に偽装した免許のコピーを添付するそうですが、資格制度そのものに課題がないのか考えてみる必要があるのではないでしょうか?

 少し前に、登録薬剤師の受験資格の問題で、実務経験の偽装が発覚していました。同じように建築士を受験するためにも実務経験が必要なのです。そして、電気工学科しか出ておらず、建材店の総括責任者であっても大工を経験したことのない私は、実務経験とは認められませんので建築士の受験資格がありません。
 お付き合いのある工務店さんから
「うちで働いていることにしようか。」
と声をかけていただいたこともあります。しかし、私は資格を受験することに卒業要件や実務経験が求められることがおかしいのではと考えています。

 それよりも、合格者に対する研修制度や実務経験の場をつくることで、その資格の信頼性を向上させるべきではないのでしょうか?
 また、ある一定のレベルに達していない人が、2級建築士などに合格できることが問題であり、ある意味、身内(建築系の大学や高校、専門学校)を優遇する制度が、100万人の建築士を世に送り出し、結果としてその資格で食べることの出来ない多くの建築士が存在するという課題を生み出しているのではないでしょうか。そして、その結果として仕事内容に対してコストの高い業界となっているのではないかと考えるところです。

 薬剤師でも建築士でも、受験機会は今以上にオープンにするべきでしょう。受験料も上げるべきではありません。しかし、1次試験・2次試験・・・ときちんと課題を課して、資格を習得できるレベルはきちんと確保することが、本来の資格制度のあるべき姿ではないでしょうか?

 最近は、資格ビジネスが盛んになっています。住宅に限らず、金融などにも新たな名称の資格が登場しています。その資格がある基準から見たときにどのような影響があるのか、しっかりと検討する機関が必要なのかもしれません。




新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

太陽光発電をローンで設置する

 9月19日の日経新聞19面・クローズアップに
「太陽光発電ローン・続々」「金利優遇、リフォームより安く」
というタイトルで購入のハードルを下げる太陽光発電ローンを紹介してありました。
 イオン銀行が最大1000万円、最長15年、固定金利年2.75%
 広島銀行は最大500万円、最長15年、固定金利年2.5%など、魅力的な条件が目に付きます。
 一方、地元佐賀銀行でもリビングリフレッシュローン”エコライフ”という商品が設定されており、現時点で通常のリフォームローンなどの金利より0.3%低い、2.4%(変動)での貸し出しが実施されています。

 電気料金が値上げされるなど不安要素が増える中で、今後も問い合わせは増えると考えられます。ただ、変動金利でローンを組むことは太陽光発電を導入する上で、電気料金の値上げに対応する家計面でのメリットを奪いかねませんので、注意が必要と感じています。

 太陽光発電は設置費用と見込み売電料、発電ロス、故障・メンテナンス費用を検討した上で、ローンに伴う金利を払っても効果大と判断できることが、導入のポイントになることを十分に頭に置いて取り組んでください。

 

新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

佐賀市大和町の入札結果報告

20120908面談準備 9月8日10時より、佐賀市大和町久池井に建設を予定されているお施主様へ、入札結果のご報告をさせていただきました。
 8月7日公開、8月28日9時の締切に、会員5社のうち3社が参加され、価格差はそれぞれ200万円ほどの違いがありました。それぞれの会社からいただいた見積書と提案書を並べて配置します。価格の違いについては項目ごとに内容を分析してご紹介出来るようにまとめています。

20120908面談中 ご夫婦で足を運んでいただき、まずは比較表の見方から。続いて、各社の見積を提案書で確認しながら説明していきます。
 見積書の中には、本体工事の他、各社が提案していた照明器具や水道の本管取り出し工事、エアコンが4台含まれていたことに驚かれていたようでした。

 住宅の見積は、家にいくらお金がかかるかよりもお施主さんのお財布からどのくらいのお金が出ていくのかが重要な問題です。別の財布を捜す必要のないように、提案することも重要なポイントだと考えています。



新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

住宅家歴書は誰のためにあるのか

 以前から、住宅を長期にわたり維持管理し、資産価値を保つために住宅の「家歴書」が必要だと考えていました。新築の際に長期優良住宅を希望されると、住宅履歴情報の作成が施主であるあなたに義務づけられます。

 この家歴書は、自動車に「車検証」があるのと同様に、住まいの設計/建築工事/アフターメンテナンス/改築工事などに関わる書類や図面、写真の情報が記入され、
将来、家を売買する必要が生じたときに、資産価値を高める効果があると期待されていました。

 しかし、住宅コンサルタントの野辺公一さんは、
「施主、または施工・販売業者が不利になる情報を自ら記入するだろうか?」
と警鐘されています。

 確かに、「建築・維持保全」についての報告をしなかったり、虚偽の報告をしてしまうと30万円以下の罰金に処せられてしまう事があります。しかし、入居してまもなく
「雨漏りが発生しました。原因は分かりませんが、シリコンを詰めて治まりました」
とか、
「外装板にクラックが発生しました。貼り替えて修復しました」
と記載するでしょうか?
 そんな物件にとってイメージを悪くする情報が書かれている場合に、中古住宅の購入を検討しているあなたは、その家を購入するでしょうか?

 相対的にも魅力的で、よほど安い価格(付近の住宅価値にくらべて)でなければ、購入をためらうことになると思います。家歴書に正しい履歴を書くことが、住まいの価値を下げてしまうことにもなるのです。


 自動車の車検証には、自動車の仕様についてや定期点検を確実に実施したことなどが、書かれています。
 しかし、交通事故にあったという情報は記載しませんよね。
 
 住宅の家歴書も同様に、住まいの仕様について記入することは出来るでしょう。定期点検の実施やリフォーム工事の様子は、記入できるかも知れません。

 しかし、補修やトラブルの情報は、たとえ30万円の罰金があっても、記載しないのではないでしょうか。


 結果として、家歴書にお金をかけて作成しておくことは、売買の時の価値を高めることよりも、ご自身が住まいに住み続けた将来リフォームするときに、

・ どんな素材を利用しているか
・ 構造がどうなっているか

ということを確認する資料が整っていることであり、リフォームを依頼する業者を、家を建てたときの施工業者と別の業者に依頼することが出来る点をメリットとして考えるべきではないかと感じます。



新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
佐賀で住まいのプランニングに関するご相談は身近なインテリアコーディネーターへ

安全な飲み水は逆浸透膜浄水器で
アクアクオリア・バナー

あなたの家づくりの基準はなに?

 最近いただくお問い合わせに、
「住宅CMサービスを利用すると、坪いくらで家ができますか?」
という声が増えています。
 いろんなメーカーの展示場でお見積もりをいただいていらっしゃるようですね。

 セミナーでもお話しさせていただくのですが、住まいづくりの費用を考えるときに坪単価という金額は非常に抽象的な数字で、この質問に対するお答えは正直なところ、お答えすることが出来ません。

 それよりも、これから新しくお家を新築したいあなたご自身の、お家に対する基準は何か考えてみてください。

建築基準法を満たすだけの家でよいのでしょうか?

現在、住んでいる場所に建て替えできる家でよいのでしょうか?

冬の寒さを、光熱費を少なくして快適に過ごしたいのでしょうか?

多少費用がかかっても、将来支払う光熱費を少なくしたい、とお考えでしょうか?

地震の揺れを、あまり感じない家にしたいのでしょうか?

省エネが叫ばれているけど、私は冷暖房をがんがん使って、ホームシアターを見ながら快適に過ごしたい、とお考えでしょうか?

エレガントなイメージのリビングで午後の時間を楽しみたいのでしょうか?

などなど

 住まいづくりは、そこにお住まいになるあなた自身やご家族の暮らし方をデザインすることから始めなければならないでしょう。
 そこに、住まいとしての性能を重ねてゆきます。

 こんな空間で過ごしたい。
その為にこんな設備(キッチンやバス、トイレなど)が欲しい。
そんな希望を積み上げることから家づくりは始まるべきです。


 その上で、予算を超えてしまうときに「優先順位」を決めて、どうしても採用するものと、仕方なくあきらめるものを仕分けてゆきます。
 こうした手順を踏んでいくことで、ご家族のより納得できる住まいを手にすることが出来るのではないかと考えております。



見積金額のどこを比較しようか

 4,5年前から新聞などマスメディアの影響でしょうか、
住宅のリフォームでも
「複数の業者から合い見積もりを取りましょう」
という掛け声から3社前後の見積をとる方のお話を耳にします。

 当然、新築住宅では、より沢山の住宅メーカーの展示場やイベントに出かけられていると思いますので、
「営業に来られて、どこを選んで良いのか迷っている。」
というご相談をいただくことになります。

 そんな方は、自分たちがどんなお家を手に入れたいのかの整理や検討が不十分で、売り手主導の
「今が建て時ですよ」
の言葉に惑わされているようです。本当に、しっかりした家づくりが出来るのか心配になってしまいます。
 本来、ニーズがあるところへは政策がなくても依頼は増えるものです。様々な補助金などの政策を実施しないと、動かない住宅政策はいずれ、今日の経済不安に象徴される行き詰まりを迎えるのではないかと危惧しています。


 政策に流されない家づくりを行うには、施主であるみなさん一人ひとりが、ご自身のしたい暮らしと将来をイメージすることが重要になります。


 きちんと考えを整理した上で、家づくりを行うことにしたのなら、住まいに対する要求も明確になってきていることと思います。住宅メーカーや工務店からプランや見積書を受け取ると、準備したご自分たちの要求がきちんと反映されているか検討することになります。
 このときに、建物の仕様書や見積明細書が添付されていないと、なにも判断することが出来ないことに気づきます。当然、その点を担当者に確認することになるでしょう。


 住宅の購入に比べて、一回り(ほぼ10分の1)小さいお買い物に、「自動車」があります。ディーラーのショールームで実物を見て、場合によっては試乗車を体感し、そしてカタログで色やオプション装備を付け加えてオーダーします。

 自動車の外観は、住まいの外装です。内観は住まいのインテリアです。建て売り住宅や大手ハウスメーカーの商品の場合、自動車で「トヨタのカローラ」の色は「ホワイト」と注文するのと同じように、それだけで仕様の大部分は決定し、施主であるみなさんの余計な注文は原則として受け付けない仕組みが出来ています。

 ところが戸建て住宅の場合、その多くは「注文住宅」です。「床」「壁」「天井」「外壁」「屋根」そして雨樋などに至るまで、部位ごとに(価格の異なる)色や素材を、施主であるあなたの希望で選ぶことが出来るのです。
 そして、選ばれた部材や商品が一つひとつ現場に納品され、職人さんの手によって組み立て、仕上げられていきます。当然、お部屋の大きさも違いますし、そこで使う建材も違ってきます。
 さらに、お風呂や台所に設置するキッチンなどの設備器具は、扉の色ひとつで大きく価格が異なるものがあります。とても自動車の注文書と同じような、紙1枚の契約書(注文書)に書き表すことの出来るものではありません。


 住宅の価格を比較する場合には、まず間取りと外観の「プラン」を揃える必要があります。見積書の比較を行う場合に「プラン」が異なっていては、どちらが安いのかすら説明できないのです。

 一方、自分の建てたい住宅会社を探すだけなら、「最終費用」のみを固定し、「プランを提案」していただく方法もあるでしょう。こうすれば、ご自身の理想とする住宅会社は見つかるかもしれません。

 ただ、いずれの場合でも、変動する要因はひとつではありません。さらに意図しない住宅会社の営業をきちんと断れる力やプラン通りに施工されていることを確認できる能力も必要になります。


 こうした要因をしっかり理解した上で、見積金額の比較が出来るようになるのです。

住宅CMサービスの見積明細

 見積金額を比較するには、間取りと外観を同じにした「共通のプラン」が必要になります。金額だけの比較でよいのなら、仕様書を共通にすることが必要になりますが、これを行うと、会社ごとの特徴を出すことが出来ません。

 あえて仕様は共通化せず、お施主さんの希望条件をきちんと提示することで、各社特色のある提案書と価格を検討できる見積書を手に入れることが出来るのです。

 では、住宅CMサービスの明細はどのような項目に区分されているか。
詳細を全てここに示すことは出来ませんが、たとえば

[5]内部仕上げ工事
〈2〉1階玄関ホール
1.床 (メーカー名)複合フローリング12mm
                1坪 7,500円
2.上がり框  (メーカー名)品番   1本   25,000円
3.付け巾木  (メーカー名)品番   2本   12,000円
4.壁   ビニルクロス 材工とも  18.8屐 。院ぃ械娃葦
5.天井  ビニルクロス 材工とも   6.6屐 。院ぃ械娃葦
6.巾木  (メーカー名)品番      2本    1,000円

といった具合に、工事の種類ごと、部屋ごとに細かく見ることが出来ます。床材を別のものに変更したい場合には、その部分を入れ替えることで、追加費用も分かりやすく明示できるのです。
 この見積明細がない場合、よくわららない大幅値引きが可能になり、その一方で住宅会社が当初予定していた、素材や設備のグレードを引き下げることも可能になるのです。


 住宅CMサービス佐賀の、第3ステップは基本設計業務です。
無料プランニングでフロアプランが、気に入っていただいたところで「基本提案申込書」を記入していただきます。このときに157,500円(税込み・50坪まで)をお支払いいただくことになりますが、これから住まいを建てようとするみなさんは、この費用のみで工務店数社からの「提案書」と「見積明細書」を手に入れることが出来ます。

 さらに、その後の「工務店面談」「主要な打合せ」「契約」への同行・立ち会いや「工事中の現場チェック(週1回程度)」を行うことはもちろん、ご縁のなかった会社へのお断りの連絡も、しっかりと行っていますので、その後に営業を受けることもありません。

 なお、基本提案申込みから工務店との面談まで通常、一ヶ月程かかっています。



新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
住宅CMサービス佐賀

流行色は2年前に意図的に決まる

201204インテリアコーディネーターセミナー 昨日の夕方、Panasonicのショールーム内の会議室にて、福岡インテリアコーディネーター協会による「最新インテリア情報セミナー&IC座談会」が開催されていましたので、新人コーディネーターの私も早速、新入会員参加者6人のうちの1人として初参加してきました。
 テーマは流行色。実は流行色は世界19カ国が加盟するインターカラーと呼ばれる専門機関によって、時代の流ちょうや生活者意識を見据えて実シーズンの2年前に決められているそうです。この決定を受けて日本では日本流行色協会が、会員企業にその情報を発信しインテリアやファッション、自動車といった商品の開発を進めるそうです。そして、これから流行らせるタイミングでテレビドラマなどのメディアを通して、消費者の脳へ刺激を与えて販売を即すことになります。

 さて、皆さんが購入する住宅ですが、色彩は住宅の仕上がりの印象を決める大きな要因です。どんなにしっかりしたお家を建ってても、床材と壁紙の組み合わせやカーテン選びで間違うと満足できないお家になることがあります。色選びはとても重要です。
 でも、自分のイメージの色が本当に自分の暮らしたいイメージの色なのか、単なる流行色で頭に思い浮かんだ色なのかは注意する必要があります。定期的にリフォームする店舗などの場合、流行色に合わせたコーディネートが可能です。しかし、一度入居すると人生の節目などでしかリフォームすることのない個人の住まいでは、そのときの流行色を追いかけてしまうと、流行が過ぎた後で暮らしに物足りなさを覚えるかもしれませんね。流行にとらわれず、自分の暮らしを考えることが住まいの色づかいには重要ではないかと考えています。

ちなみに、2012年秋冬のカラーテーマは、
Effulgent"--燦然と輝く
カラーグループは明るい光を感じさせるものと、ブラックを効かせて闇に微かな光を見いだすものと2つに大別される。
とのことです。

新築住宅づくりの応援サイト


新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
住宅CMサービス佐賀

無垢と突き板・プリントを選ぶ

 木質系の内装仕上げ材は、大別すると3つに分けることが出来ます。「無垢板」「突き板」「プリント」です。

1.無垢板
   床板では単層フローリングとも呼ばれ、仕上げ面(表面)から裏面まですべて1枚の板で出来ています。壁材や天井材にも使用されていますが、反りや曲がり、割れといった自然素材特有の不具合も発生します。木目や色合いもばらつくことが多いのですが、特に予算の余裕のある場合を除いては、色合わせなどは行わずに使用されています。
 
2.突き板
   床材では複合フローリングとも呼ばれ、仕上げ面(表面)
0.2〜2.0mm程を天然の木からスライスして、下地となる合板材に貼り付けて造られています。無垢板に比べて、反り・曲がり・割れといった心配が少なく(ほとんど発生しないが、希に発生することもある)、木目や色合いのバラツキも少ない。
 木が異なると木目の表情や色合いが異なるので、予算が許せばロット(製造順番)を揃えて使用したい。
 無垢材にも共通するが、着色することで色違いを減らすことが出来るので、クリア塗装の商品は価格が割高に設定されていたり、微妙な色加減が気になることもある。

3.プリント
   主に壁材としてのプリント合板が長年定番であったが、近年(15年ほど)オレフィンシートの性能と塗装技術の向上により、フロアー材として使用されるケースも多くなった。人気のある東洋テックスのサクラ系の商品がこれに分類できる。
 木目が統一でき、色合いもそろう。インテリアでカラーを重視したい場合にはお薦めである。


 無垢板や突き板を使用する場合に、色合いを巡るトラブルは尽きません。選ぶときには、きちんと説明を確認してメリットとデメリットを認識して採用を決めていただければと感じます。

 こうした建材の選び方に関するセミナーを5月20日(日)
14時30分よりドゥーイング三日月にて開催します。
 これから住まいづくりをはじめる皆さん。工事が始まってからのトラブルを少しでも減らせるように建材選びのポイントを学んでみませんか。

住宅の坪単価を下げるセミナー

住宅CMサービス佐賀

第13回目のとなります「住まいづくりの基礎講座」
新築住宅の住宅の坪単価を安くするには
を下記の通り開催します。


日時  12月25日 14時30分より
場所  マリトピア (佐賀市)
      

第1部  住宅の坪単価を安くするには
          14時30分〜15時40分
         講師:住宅CMサービス部 飯盛良隆


第2部  住まいに関する相談会
         (個別のご相談にも対応します)
          16時00分〜

住宅リフォームに大規模な助成金を設けた佐賀県の取組。
新築とリフォーム、それぞれのメリットに関する相談にもアドバイスさせていただきます。


詳しくはこちらから

フラット35Sエコが始まりました。次々に発表される政策に振り回されて、今取り組むべきではない家づくりを始めようと考えてしまっている方もいらっしゃると思います。

ご自身の理想の暮らしとは?

という原点に立ち返り、ゆっくりと家づくりを考えてみる機会になればと考えております。


新築住宅づくりの応援サイト

建材店が助言する建材の選び方」セミナー開催

知っていたらごめんなさい「第12回住まいづくりの基礎講座を11月20日(日)14時30分より開催します。

日時  11月20日(日) 14:30〜15:40
会場  (株)スメトコプロモーション 応接室ほか

テーマ 「建材店主が助言する住宅建材の選び方」

定員   4組

費用   1,000円
(若本修治氏著「家づくりで泣く人・笑う人」 定価1,500円をお渡しします。なお、当日この本をご持参いただきます方は無料でご参加いただけます)


今回は、会場を変更しています。
併設する建材店「サンコー商事」に在庫する、商品などを題材にして、家づくりに使う仕上げ材の種類とそれによりどのように費用が変化するのか。また、間取りプランにどのような影響を与えるのかを体感していただくことを目的にしています。

お申し込みはこちらから。

申込フォームの「コメント」欄に下記を貼り付けてお申込下さい。

----------------- コ ピ ー -------------------------
知っていたらごめんなさい「住まいづくりの基礎講座」参加希望
【参加人数】    名
--------------------------------------------------------


また、第13回セミナーは12月25日(日)、佐賀市のマリトピアにて開催予定です。第12回セミナー修了後にご案内させていただきます。

住まいづくりで考えるリスク

 科学技術はリスクを生み出すものだ。ドイツの社会学者ニクラス・ルーマンはそう考えた。ルーマンは「危険」の対語を「安全」としない。「危険Gefahr」と対置されるべきは「リスクRisiko」だと考えた。彼が「危険」と呼ぶのは、いわゆる天災の類だ。それに対して、人間が関わることで発生する危険を、彼は「リスク」と呼ぶ。(日経ビジネスより)

 福島第1原発の事故から、電気エネルギーに対する考え方が大きく変わろうとしています。この流れは、私たちの暮らしそのものにも変化を強制することになるのでは、と考えています。

 そもそも、戦後の暮らしが豊になった理由の一つに「危険」を遠ざけ、身の回りを「安全」にという考えがありました。

 家で、炊事をするときに「竈で木を燃やす」という生活は、「火事」という危険を自らが住む家の中に抱えていました。
「お風呂」を涌かすときも同じです。

 「木を燃やす」ことから、「ガスを使う」「灯油で暖める」という行為に変わると、「木を燃やす」行為に比べて管理がしやすく、格段に「火事」という危険を遠ざけることが出来ました。しかし、「爆発」という危険を身近な場所に抱えたのです。

 こうした危険を遠ざける、便利なエネルギーが「電気」です。電気は長い距離を簡単に運ぶことが出来ます。火力発電所でつくる電気は、発電所のそばに黒煙による公害をもたらしたものの、多くの人はその危険から離れることが出来ました。

 便利な電気エネルギーの利用が広がると、製造コストを安定させるために原子力に頼ることになります。

 原子力は、排ガスも出さないクリーンエネルギーとして、私たちの生活の場から、さらに遠い場所でエリートたちが管理運営する優良企業・組織と思っていた企業や団体により安全に管理運営されていると思っていました。

 しかし、今年の3月11日以降、優良企業・組織と思っていた企業団体は幻想だったことに気づかされます。

 本来、原子力発電は「安全」と説明されるべきものではなく「リスク」として紹介されるべきものだったのです。身近な暮らしの安全を支える、遠くのリスクです。リスクとどうつきあうのか、私たち日本人の暮らしに欠けていたテーマだと感じます。


 住まいづくりで考えるリスク。テレビコマーシャルで見る大きな会社に頼めば良い家が出来る。雑誌で目にする設計士に頼めばあこがれのライフスタイルが手に入る。
 この考えも、間違った「安全」神話ではありませんか。地元の工務店に頼むのは「不安(危険)」という構図ではなく、それぞれの事業者に頼んだときに、どんな「リスク」があるのだろうか。このことをしっかりと考え、そのリスクを最小にする方法をイメージすること。

 そのことが家づくりの失敗を防ぐ第1歩だと考えます。

第6回 住まいづくりの基礎講座開催

住宅CMサービス佐賀

 第6回目の「知っていたらごめんなさい
住まいづくりの基礎講座」を開催します。

日時  3月6日 15時から17時まで(予定)
場所  マリトピア (佐賀市)

詳しくはこちらから

フラット35Sの優遇金利政策も、今年までの予定です。この政策を利用したい方は、今年の上期に家づくりのプロセスが出来上がる必要があるでしょう。一方で、政策に振り回されて、今取り組むべきではない家づくりを始めようと考えてしまっている方もいらっしゃると思います。

ご自身の理想の暮らしとは?

という原点に立ち返り、ゆっくりと家づくりを考えてみる機会になればと考えております。

建材店:サンコー商事のサイト 


(株)スメトコプロモーションのサイト: 


新築住宅づくりの応援サイト

第3回 住まいづくりセミナー開催

住宅CMサービス佐賀

 第3回の家づくりセミナーを開催します。
 開催場所は佐賀市のマリトピアです。今回の日時は、
9月26日(日)、14時半開場です。

サブテーマは「建材から考える住まいのコストダウン」です。

 今回も企画営業部長の大野君が九星による、住まい造りに役立つ五行の活用法について講演を行います。ちなみに大野君の講演をそれだけで受講すると5,000円です。おまけの講演だけでも聴くとお得です。

定員は8組です。受講料1,000円。

もちろん、メインは家づくりの基礎講座です。
よろしくお願いします。


 なお、このセミナーはこれから戸建て住宅を新築したい、とお考えの方向けのセミナーです。現在着工中の方、リフォームを検討中の方のお申し込みはご遠慮下さい。








第2回 住まいづくりセミナー修了

住宅CMサービス佐賀

第2回セミナー 昨日、佐賀市のマリトピアにて第2回住まいづくりセミナーを開催しました。
 今回は私の「住宅の坪単価を下げるには」という話題に加えて、企画営業部長の大野君が「五行」の力を借りてより幸せになるための間どれを考える話題を話してもらいました。
 本来、4時間の話題を1時間ちょっとにまとめて頂いたので、難しく感じられたようです。これからも定期的に実施しますのでご都合の良いときに是非ご参加下さい。






100年定期借地が必要になるわけ

 日本になじみの薄い定期借地権。これを100年にして運用せよとおっしゃる住宅生産性研究所理事長、戸板さんの話はとても斬新で興味深いものでした。特に農家とはいえ地主である私にとって「土地は負債だ!」と連呼されると、分かっていても悲しいものがあります。
 今度の参議院議員通常選挙の話題を見ても日本人に消費税の値上げを受け入れる覚悟はまだ育っていません。一方で地方自治体を中心に、税収不足は深刻さを増しています。これは国税も同じことです。当然に当局は「相続税」の引き上げに踏み切るのは時間の問題だということです。
 そうなったときに、個々人が土地を切り売りしていたのでは住宅が出来ても統一感のない景色しか生まれません。一方、土地所有を法人化して「定款」で建築物を規制することで、地主は土地を手放すことなく保有出来、借り手は土地にかかる費用を抑えて住宅を手に入れることが出来るというのです。
 住宅取得価格を抑えるという意味は、今後訪れるであろう
「年収300万円時代」
の対応策として、非常に重要になってくると予想されています。







住宅CMサービス佐賀

住まいづくりセミナーをマリトピアで行う理由

セミナーの申込みはこちらから
 今月11日(日)16時から佐賀市のマリトピアにおいて住まいづくりセミナーを行います。
 今回のセミナーを行うきっかけになったのは広島での研修でお施主様がお尋ねになった一言
「基礎にかかる費用って、坪数が大きくなると高くなるのですか?」
ということに始まります。建築業界にいると当然のことで気にもしていませんが、「衣・食・住」という言葉がありながら学校で住について学ぶ機会が極めてない日本においては、
「本当は聞きたいのだけれど(恥ずかしくて?)聞けない」
ということをそのままにして家づくりにかかってしまう方が多いのではと思います。6月の新聞記事を見ていても、減税やローンが話題のセミナーはいろいろ開かれていますが、住宅用語に関するセミナーは見かけません。
 そこで今回はサブテーマ「住宅の坪単価を安くするには」ということで、「一坪とは?」ということから始めたいと考えています。
 ところで、このセミナーをマリトピアで行うには理由があります。私が以前勉強させて頂いたリブネット(当時)の
馬渕裕嘉志さんが
「軽い気持ち(短パンに草履履き)でハウスメーカーの住宅展示場を見学に行ったつもりが、そのまま自分の命をを担保にして住宅を購入することになる、そんな現実に直面する不幸な人を無くしたい。」
という思いを受けてのことです。セミナーを行うだけなら、事務所やメーカーのショールーム、公共施設でも行えます。しかし、住宅を新築するということ(特にローンを組んで)はしっかりした心構えが必要だということをセミナーの内容と共に感じて欲しいという気持ちから選んでいます。
 今回のシリーズは毎月1回ペースで全6回、来年1月までを予定しています。3つのサブテーマで実施していきますので、受講してみたいけど今回は都合が付かないという方も、次回以降に是非ご参加下さい。各回とも定員は8組の予定です。受講料1,000円。
 このセミナーはこれから戸建て住宅を新築したい、とお考えの方向けのセミナーです。現在着工中の方、リフォームを検討中の方のお申し込みはご遠慮下さい。

セミナーの申込みはこちらのページへ








住宅CMサービス佐賀

バイアス5

 住宅のリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 最近では設備工事店や家具屋さん、塗装屋さん、さらには家電量販店までもがリフォーム工事を受注しています。

 最近の動きで注意したいのは、家電量販店です。生活に密着した商品を取りそろえてますから、お施主さんにも身近に感じられる存在だと思います。ただ、これまでの取扱商品を考えると、エアコンこそ住宅に穴を開ける工事を行いますが、それ以外は住宅の駆体をさわることはほとんどないでしょう。
 このことから考えると、IH調理器の取付、エコキュートの設置といった商品を購入することは問題も少ないと考えられます。しかし、ユニットバスや太陽光発電といった商品の設置を考えると、依頼業者としてはちょっと不安が残ります。
「工事を売ることよりも商品を売りたい。」
これが、量販店の基本です。
 こうした家電量販店の心理を考えてリフォームの依頼をするとさらに良い住まいが出来上がるのではと考えます。

バイアス4

 住宅のリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 最近では設備工事店や家具屋さん、塗装屋さん、さらには家電量販店までもがリフォーム工事を受注しています。

 お施主さんの予算に上限がない場合は、どこに頼まれても問題になることは少ないでしょう。しかしながら、キッチンやお風呂など水廻りのリフォームといったときにはその人それぞれにご予算があると思います。最近は、リフォームローンもありますから、思わぬうちに予算オーバーなんてことも。
 さて、設備工事店に依頼して、キッチンなど水廻りをリフォームするときに気をつけたいことは、
「住宅構造のメンテナンスがおろそかにならないか」
という点と
「お部屋の仕上げ材が簡単な材料になりやすい」
という点です。限られた予算を外注に出すのはなるべく避けたいものです。軸組構造をチェックしたり、木の材料でお部屋を仕上げる為に腕の良い大工さんを手配することは、費用が外部へ流出することになり、設備工事店ではなるべく避けたい業務になりがちです。
 こうした設備工事店さんの心理を考えてリフォームの依頼をするとさらに良い住まいが出来上がるのではと考えます。

バイアス3

 住宅の新築やリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 最近では設備工事店や家具屋さん、塗装屋さん、さらには家電量販店までもがリフォーム工事を受注しています。

 地縁などで大工さん(地場工務店さん)に依頼できる場合は住宅の構造を考えたとき、比較的安心して仕事を頼むことが出来るでしょう。
 大工さんは木を使うことが好きな方が多いです。
「お施主さんのためにしっかり長持ちするものを造ろう」
と努められます。しかし、お施主さんの予算には限りがあります。自分が生活したいイメージをしっかり伝えないと、
「私のイメージとは違う!」
ということになりかねません。また、設備機器に予算を費やされることを嫌う方も多いようです。
 こうした大工さんの心理を考えて意見交換するとさらに良い住まいが出来上がるのではと考えます。

バイアス2

 住宅の新築やリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 展示場や内覧会を訪れて業者を決めたものの、後になって
「こんなはずではなかった」
という声をよく耳にしてきました。この現実を何とかしたい、との思いで2000年に中部電力の従業員だった馬渕裕嘉志さんが社内ベンチャーで立ち上げられたのが「リブネット」。その後、8年間で400件の住宅プロデュース実績を積まれ、この春中部電力の資本から離れ、リブネットプラスを開業されています。「リブネット」の成功以降、各地に住まいのコンシェルジュやプロデューサー、住生活エージェントなど同様のビジネスが各地で生まれています。また、家造りセミナーというイベントも開催されています。

 さて、これらのサービスを受ける際に気をつけて欲しいこと、それは運営されている母体の事業が何かということです。
 たとえば、林業組合や材木店がアドバイスする場合
「地元の木を使って欲しい」
という気持ちが入り、地産地消を強く訴えることになります。地元の杉の木を使って仕事をする業者さんが良い建築家ということにもつながります。
 こうしたアドバイザーの心理を考えて意見を受け止めるとさらに良い業者さんに巡り会えるのではと考えます。

バイアス1

 住宅の新築やリフォームを思い立って、誰かに相談しようとします。身近に相談できる人がいればよいのですが、そうでない人が多いのが現実だと思います。
 展示場や内覧会を訪れて業者を決めたものの、後になって
「こんなはずではなかった」
という声をよく耳にしてきました。この現実を何とかしたい、との思いで2000年に中部電力の従業員だった馬渕裕嘉志さんが社内ベンチャーで立ち上げられたのが「リブネット」。その後、8年間で400件の住宅プロデュース実績を積まれ、この春中部電力の資本から離れ、リブネットプラスを開業されています。これ以降、各地に住まいのコンシェルジュやプロデューサー、住生活エージェントなど同様のビジネスが各地で生まれています。

 さて、これらの業者のサービスを受ける際に気をつけて欲しいこと、それは運営されている母体の事業が何かということです。
 たとえば、建材店の私がアドバイスする場合
「良い建材を使っていただきたい」
という気持ちが入り、床材などで高級な商品を勧めがちになるでしょう。こうしたアドバイザーの心理を考えて意見を受け止めるとさらに良い業者さんに巡り会えるのではと考えます。

50万円の35%は17万5千円

 リフォーム業界の適正利益が35%、これ
お施主さんから見たら
「そんなに儲かるの?」
業者さんから見たら
「そんなに儲からないよ!」
という数字だと思います。この数字こそ業界のからくりであり問題点だと考えます。もし、トイレのリフォームを思い立って見積を依頼したところ、50万円の見積を出してもらったとします。
 そこには設備商品代や職人さんの手間代、そして諸経費といった内訳が記されていると思います。ここで、見積を依頼したお施主さんが全て1社に見積を依頼し、業者さんが現場の工事を依頼されたら、17万5千円の利益が
「儲けすぎ!」
ということになるでしょう。しかし、合い見積もりなどにより仕事を受注できない(他の業者に獲られてしまう)場合も多いのです。業者の方は50万円の仕事を受けるためにでも、様々な広告宣伝をしたり、現場に足を運んで採寸して見積を作ったりします。しかしながら、失注したときには経費をどこかで補う必要があるのです。依頼する方はこの部分の経費を0円だと勘違いされてしまっているのです。依頼する側から見ればサービスでも、事業者から見れば確実に負担しなければならない、経費なのです。
 経費負担が続いてお施主さん思いの業者さんが、世の中から消えていくことは防がなければなりません。この思いからブログ開設当初より見積の有料化を提唱しています。

長期優良住宅普及促進法 どう読み解く

 先週6月4日から施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」、当日は新聞やテレビでも大きく取り上げられていました。この法律は、福田康夫前総理の肝いりの法律であったため、正直なところ先月まで、内閣総辞職で立ち消えになったと勘違いしてました。

 日本の住宅の平均寿命は26年ともいわれています。これって本当でしょうか?
 日本の住宅はウサギ小屋と呼ばれ、住宅の面積が先進国の中では小さい方だといわれてます。これって本当でしょうか?

 こうした疑問を解いていくと、この法律に対しこれから住宅を新築しようというお施主さんがどうすべきか、道筋が見えてくると思います。
 同様に、地場の工務店さんがどう対応すべきかも見えてくるでしょう。

工務店さんに質問です
 あなたの建てた家は何年間、住み続けられていますか?
 この10年に建てた住宅は、何年もつと思われてますか?

この質問に対して、正直にお施主さんへ説明されること。このことが、この法律に対応する最良の答えだと思います。

お施主さんへ質問です
 これから建てようと思われている住宅でどんな生活をなさいますか?
 これから建てようと思われている住宅に、何年間住むつもりですか?

 この質問に対する答えが、長期優良住宅の思想と合致している場合は、その制度を積極的に使うべきだと考えます。

 長期優良住宅の使用で建てた住まいに、その住まいの寿命を満たすまで住み続ける人がいない場合、地球に優しくないものになってしまう恐れがあります。
 建築時に金銭的に無理して長期優良住宅仕様で建てていても、およそ10年ごとに巡ってくる、メンテナンス計画を履行するお金を準備できなければ、長期優良住宅ではなくなってしまいます。

 住宅を投機の手段と考える方は別ですが、自らのしあわせを実現するためのものとしてお考えの方なら、どうか自分に合うものは何かを、しっかり吟味して行動されて下さい。
  

建築会社の選び方

 前回は、建築を依頼する先が個人事業主の場合について紹介させていただきました。
 今回は会社です。こちらは個人事業主と違って簡単ではありません。中小工務店であっても、経営者の身なりから経営を判断することは出来ないからです。会社が赤字であっても、経営者は給料として所得を得ることが出来ます。有限会社や株式会社であれば、結果として倒産しても個人保証をしているもの以外は、個人の資産は別管理になってしまいます。
 経営者の身なりで会社を判断できないということは、破綻した英会話スクールNOVAと猿橋社長を例として見ると分かり易いと思います。
 結果として、取引銀行以外はその会社の経営実態を知ることは不可能と言っても過言ではありません。どんなにすばらしい、経営理念を掲げていても、自己資金で運転している会社ではない限り、その企業を生かすも殺すも、金融機関の判断になってしまうのです。このことは、地場の会社組織された工務店であれ、パワービルダーであれ、大手のハウスメーカーであれ同じ原則である、ということは頭に入れておいて下さい。
 その上で、いろんな力関係で存続する企業、そうでない企業が存在するということです。その力関係を否定した記事が、前回も紹介した森一夫さんの記事
「市場原理」は悪くない
だと思います。

 さて、会社化された工務店を選ぶときに、どう気をつけたらいいかを考えてみます。
 まず、利用したいのが完成保証制度です。
 (財)住宅保証機構の完成保証に加入すると受注工事金額の40%までお施主さんは保証を受けることが出来るとのことです。ただし、1事業者の限度額として1億5000万円が上限になってますから、契約金額2000万円の住宅を同時に20戸を超えて受注する業者では完全に保護を受けることが出来ないことになります。(新建ハウジングプラスワン5月号、野辺公一氏による)
 私の取引先である越智産業さんが勧める保証会社、(株)住宅あんしん保証では、審査に通った工務店しか入れないので、1事業者の制限はない、とのことでした。ただし、補償金額は工事金額の30%、または1100万円のどちらか低い方、となりますので、2000万円の住宅なら600万円が保証限度額となります。
 工務店さんの規模を見て、これら制度に加入したところに依頼するのであれば、少額の契約金で完成保証を発行してもらった上で、(進捗状況の工事高)+(保証限度額以下)を支払う方法が有効ではと考えます。
 このような仕組みがありますので、新築住宅を依頼するときには是非、参考にしていただければと思います。

 もう一つが、住宅ローンを業者任せにしない、ということも考えです。クローズアップ現代で紹介された業者被害者の話では、
「銀行は会社の行き詰まりを知りながら、契約者にローン付けしていた」
と話されています。こうした被害を防ぐ方法のひとつとして、スタイルオブ東京と勧めているライフプラン作成制度があります。
 より良い暮らしを手に入れるための手法のひとつとしてご利用下さい。

「市場原理」は悪くない

 タイトルは今年3月22日、日経新聞に森一夫論説委員が「中外時評」に掲載されたものです。この記事を頭に置きながら、住宅工事の依頼先として選ぶ会社・個人を考えてみます。依頼先を選ぶ参考になると思いますので、これから住宅を購入しよう、リフォームしよう、と思われる方は是非、この記事をお読みになって下さい。

 建築の依頼先が個人事業主の場合、代表者を観察すれば、住宅建築の依頼先としてどうなのか、おおよその判断が出来ると考えます。

1.事業所がきれいに整理整頓されているか?
2.トイレを借りたとき、気持ちよく使うことが出来たか?
3.代表者の身なりが、信頼できるものか?

といったことです。3は注意して下さい。清潔感がある、とかオシャレだ、という意味ではありません。請け負われている工事に対して、身なりや行動がマッチしているかということです。
 たとえば、新築住宅を2000万円程度で年間2棟受注し、本人と職人の大工さん二人で仕上げた場合、その工務店さんの年収はいくらくらいか。その金額に代表者のそれがマッチしているかということです。
 この点を判断する材料のひとつに、ご自身の所得を参考にされることをお薦めします。公務員や会社員さんの場合、ご自身の総所得の1.5倍程度が、個人事業主の同程度の所得と考えるのがひとつの目安となるでしょう。

良い値引きと悪い値引き

 商品の値引きに良い値引きと悪い値引きがあると思いますか?
いつ、どなたが書いたのかは忘れてしまったのですが、たしか日経新聞で、
「値上げするときは外部に要因を求め、値下げするときには自助努力にする」
ということが書いてありました。
 つまり、値上げするときには原油や材料の高騰、人手不足など、自分には関係のないことを理由にします。一方、値下げするときには、コスト削減、技術の革新など私の頑張りを強調したがるものというのです。
 ですから、企業にとって良い値引きというものは、価格を下げることと同時に、自社の宣伝を兼ねて行うことが多いと考えられます。
 一方、月末になると問屋さんが
「社長、今月ベベルボードを1山つきあってくれん。」
「マットエース、はいらん?」
というように電話を掛けてきます。当然
「いくらにすると?」
という話になるわけです。同じ商品をなんの違いもなく、安売りをしなければならないこと、これが悪い値引きです。業者間ではこんな感じですが、一般向けなら、売り上げ不振の時に
「円高還元セール」とか、「消費税分還元セール」ということがこれに当たるでしょう。
 住宅の販売でも、同じことが言えると思います。材料や工法を見直した結果値引きをするのであれば、良い値引きと言えるかもしれません(材料にもよります)。しかし、
「今月末までに契約してもらえたら、5%値引きします」
ということは明らかに悪い値引きなのです。
 外部の要因が価格に影響する場合は、最初の見積もりに対して、
「今月末までに契約しないとこの価格で受注することは出来ません」
となるのです。悪い値引きを続けることは、経営を圧迫する最大の要因になりかねません。住宅は完成してからも、その業者さんと長くお付き合いしたい買い物です。こうした見方が、長くお付き合いできる業者さんを見つけるきっかけのひとつになればと思います。

請負業

 先週、富士ハウスの経営破綻を話題にしたことから、被害者の方からコメントをいただきました。建築依頼先が倒産して深刻な被害を受ける方がひとりでも少なくなれば、ということを考え、業者さんをどのような目で見分けていけばよいのか、考えていきたいと思います。
 賛否、いろんなご意見があるかと思いますが、同じような気持ちでご意見をいただければと思います。

 注文住宅を受注する業者さんの仕事を、請負業と呼ぶことがあります。ある、年配の工務店さんと話していたときに、請負業とは字の如く、
仕事を請けて、相手に負ける、事業である。
とおっしゃるのです。つまり、お客さんに自分の気持ちや仕事を理解してもらえずに法律論になったら、必ず負けるものだ、ということです。職人が現場で造ったものだから、あら探しをすれば何か欠点は出てくるものだと。そうならないために、しっかりしたコミュニケーションが重要とのことでした。

 日本語の敬語に、尊敬語と謙譲語があります。自分自身をへりくだって表すのが謙譲語と記憶しています。請負業の基本は謙譲の姿勢ではないかと思います。
 商売の世界では、「お客様は神様です」の言葉通り、尊敬語を用いることが多いと思います。住宅のセミナーでも、
「お客様を大切に」
という姿勢の尊敬を重要視されます。しかし、住宅というものを考えたとき、このスタイルが本当に正しいのか、疑問に感じることがあります。住宅というものは、完成するまでではなく、それからも長いお付き合いが必要なものです。
 お施主さんと業者さんが常に同じ上下関係であり続けることへ疑問を感じるのです。建てるとき、お金を出して下さるお施主さんは確かに神様です。しかし、住み始めてから台風の被害を受けることもありますし、不幸にして火災に遭うこともあるでしょう。完成して時間がたてば、メンテナンスも必要になります。
「何かあっても自分で修理する」
とおっしゃる方は別として、多くの場合、工事した業者さんと長くお付き合いいただいて大切に維持して欲しいものです。
 このことを考えると、お施主さんと業者さんの関係は「尊敬語」の関係ではなく、「謙譲語」の関係であって欲しいと考えます。その思いから私は、「お客様」という表現より「お客さん」という表現を使わせていただいてます。

新スタイルの現場見学会

 「 さが 住宅生活RC」で紹介する業者さんの多くが参加された、2007年7月ヘルシーパル佐賀で実施しましたセミナー、この時講師を務めていただいた馬渕裕嘉志さん。
 この春、中部電力資本から離れたリブネット社の社員の方々と、(株)リブネットプラスを立ち上げられ活躍中です。
 そのリブネットプラスで先週末に実施された現場見学会、そのやり方が斬新です。

建築家と建てた家「ゆるりずむ de ふたり」の完成見学会

これ、予約者限定です。
だから、予約しないと会場が分かりません。開催日時と大まかな場所、最寄り駅は案内されてますが、駐車場もなく現場地図もなし。
佐賀で見かける内覧会といえば、CMや新聞広告を活用して宣伝し、のぼりを立てて
「現場見学会をやります。見に来て下さい」
という形がほとんどです。しかし、このやり方では集客にコストがかかること、見込み客の把握が難しいこと、など成約までの追い込みが難しいものであります。
 一方、今回のやり方では、明確に住宅に手を加えたいという意志を持った人が、自らの情報を明かして見学に来て下さるわけですから、対応する側にも力が入ります。さらに、事前に時間ごとの見学予定者が分かるわけですから、社長や棟梁自ら案内することが出来ます。
 展示場としてお見せするお施主様。見学に足を運ぶお客様。そして事業者の方、ともに満足できる内覧会になったことでしょう。
 同様のやり方で、構造見学会や内覧会を実施していけないか、私たちも考えていく必要があると思います。
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ