飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産はジャンボタニシ食害のため、一般販売を見合わせることにいたします。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「8月21日は震和会事務所前」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

学問のすすめ

嫁ぐとは

昨日、久しぶりに初級の講座を受講してみました。
上のクラスの内容があまり変わらないのに対し、初級は資料の内容がより充実しているようです。

そんな初級の講座でインパクトのあった話題が、女性陣
嫁ぐとは相手の家すべてを継承することです。家の宗教くらい、調べておこう!

やらない結果が今の離婚率に。

お金を考えてみると

ここで取り上げるお金は「貯金」と「借金」です。

一般に貯金が良くて借金が悪いイメージを持たれますが、経済活動である以上、借金が増えれば別の所に貯金が増えます。

個人が借金を行うこと。基本的に避けた方が幸せになれるでしょう。
天は、その人に必要な分だけお金を与えて下さいますので、それを越えてお金を使うことは天の裁量を無視していることにほかなりません。


法人が借金すること。ここでは、個人保障のない法人の借金です。法人が借金できるのは、将来成長するビジョンがあるから借金することができます。社内留保をため込む大手企業よりも、ずっと魅力的なことです。大切なことは、次々と新しいビジョンを描く能力を開発することです。


国や自治体が借金すること。基本的には良いことのはずです。しかし、現代社会において、その借金が公のためにならないケースが増えてしまいました。借金そのものよりも、その投資によって人々が幸せになる未来を開くことができるか、難しい検証が必要になります。

転法輪

044 大阪四天王寺の西大門に取り付けられている「転法輪」。これは、お釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを「輪」にたとえたもので、仏教の象徴とされています。
 また転法輪は仏陀が教えを説いた場所という意味を表すチャクラ(法輪)を小さくしたものとのこと。チャクラは古代インドの戦車の車輪を形どったもので、転法輪という王様が輪宝によって敵を破ったことにたとえ、仏の教えが車輪のように世界へ転じて人々の迷いを打ち砕くことを念じたのが始まりと言われています。
 日本仏教最初のお寺・四天王寺。訪れる機会がありましたら是非、西大門の転法輪に合唱して「心が清浄になりますように」と唱えて軽く右へ回して境内へと進んでください。これから「仏の法を教えて下さい」という挨拶代わりの行為といわれているそうです。

経営の3要素 プラス

経営の3要素は「人」「もの」「金」といわれてきました。

1980年代くらいから、これに「情報」が加わりました。

これが全てなら、日本の将来を悲観するメディアが伝えるとおりです。

しかし、決算書で計ることのできない日本魅力が「勤勉」であることです。

西洋の数値では評価できません。

日本人が磨き続けなければならない経済要素。それが勤勉な姿勢です。
資源のない国日本が、国際社会で引けをとらないために失ってはならない、大切な要素です。

お金は腐るもの(食べ物と同じです)

045 通貨は約4300年前のエーゲ海文明の時に、宗教家ヘルメスが開発しました。当時の人々が食べ物(衣食住の産物)を手に入れるためには、物々交換か他の村を襲うことしかありませんでした。交換する産物が秋まで収穫できなければ、飢えて死を待つか、春に収穫のある村を襲うしかなかったのです。
 そこでヘルメスは、「通貨」と「貿易」の仕組みをつくり、戦わずにお互いに繁栄するシステムを完成させたのです。商業活動には信用が第一です。人々に「信じる力」を教えたのです。

 商業の徳義で、最も重要なるはである。(渋沢栄一)

 宗教での「信者」を商業では「儲」かるとしての言葉で使います。お金は不安から逃れるために蓄えるのではなく、信じることを学ぶために生まれたことを知る必要があるのです。大切なのは稼ぎ方や貯め方ではなく、その使い方なのです。
 争いをなくすためにつくられた通貨を、蓄えることを目的にしては食べ物と同じように腐らせてしまいます。戦後の日本で失われた教育の一つに「お金の使い方」があると感じています。

2007年 リーマンショックで世界の金融に激動が走りました。失われた資産は約7京円。
2011年 東日本大震災発生。その後20兆円の予算を組んで、被災地復興を決める。
2015年度 日銀がマイナス金利政策を実施。

この10年間、お金を蓄えてはいけないというメッセージが常に発せられています。
しかし、メディア情報を真面目に見聞きすると不安を覚えてしまうのです。

理解できない若者には、より強いメッセージが必要なのでしょうか?
・普通預金の金利をマイナスに。
・定期貯金、満期前の解約手数料引き上げ。

国や地方の借金を真面目に働いて返せる時代は終わりました。
返済には、違う方法を選ばなければならないのです。

南への旅はリーダーシップを學ぶ

054 観光とは「光」を見ることです。昔の日本人は方位学を学び、心が病むことの無いように努めていました。これを処方箋といいます。
 現在は医療の世界で便利上、「処方箋」という言葉を用いられていますが、正しい漢字の使い方ではありません。旅行に行くときに疲れた身体、心を癒やしたいのであれば西を選びます。西方浄土といいます。私が今年旅行したのは台湾、南の方角です。南は指南といいます。リーダースシップを學ぶ場所です。
050 このツアーの目的は台湾の元総統・李登輝氏の講演会にありました。昨年11月に行われた第一回のツアー参加者からとても良かったとの情報をいただいて参加を決めました。
 ところが、ツアー出発の一週間ほど前に「体調不良で李登輝氏の登壇ができない」という情報が入ってきました。とても残念です。しかし、昨年11月のツアー終了直後に、李登輝氏が病気になられたという情報が流れましたので、年齢を考えればやむをえないことです。真のリーダーが発する空気を感じることはできませんでした。
 総統の講演は叶わなかったものの、親日といわれる台湾の様子、戦前に先人たちが築いた歴史を目の当たりにすることができました。
113 台湾には正しい漢字が残っています。戦後の日本では、常用漢字というものに簡素化され、本来「象形文字」である漢字の意味が分からなくなってしまいました。
戦時中の小学校は日本でも「国民学校」と呼ばれていました。正しくは「國民學校」です。戦後、大陸から入ってきた蒋介石は、國民學校という看板を、國民党と同じ文字ということで壊すことがありませんでした。
114 大切な日本の文化がここに残されたのです。国という文字と共に学という象形文字「學」が。
 爻(こう)という大切な文字がここに生きています。教育の「教」、これも土ではありません。海判颪ます。
 台湾の人、文化から古き良き日本を学ぶことができる。それを体感する観光旅行になりました。

すべての人が、自分の塾を持とう

019 先月の車載雑誌「Message Keeper」に
中谷彰宏さんの記事で、これからは私塾の時代です。
と、紹介されていました。

「塾をつくっても、生徒が集まらなかったらどうするんですか」
と考えるより、塾をはじめるためには、まず旗を掲げ、それも、誰もいないときに、自分一人で立ち上げる。塾生一合は塾長。誰も来なくても塾は成立します。
と。
なるほど、目から鱗でした。
ビジネスの延長から考えると、集客にばかり意識が向いているのですね。

「そこに誰か一人来たら、完全に塾として成立します。利益を上げる必要は、まったくありません。
生き方というものがきちんとあれば、教えるコンテンツがなくても、何も教えられなくても別にいいのです。」

この記事に触発されて、震和塾は旗を掲げました。

毎週月曜日13時20分から16時50分までです。

講義タイトルは目安で、参加者に合わせてその日のテーマも変わります。

自らの知らない世界への知的好奇心、行動力があるかたの参加をお待ちしています。

「民」は目に矢が刺さって見えない

學問との出会い、そこでは日本人でありながら漢字の意味を知らなかった現実を学ばせてもらいました。


経済が発展する時に使う漢字「儲かる」

「儲」という字は、「信じる者」 「信」「者」と書きます。
人と人が信じることから商業の発展が始まるのです。
疑いの心や行政の政策から発展するものではありません。


「景気」という文字は、「京都」の「街を明るく照らす」という意味があります。


教育の「教」、学校の「学」と言う文字は略字で、
正式には「魁廖◆嶮棔廚箸いκ源です。

何も知らない子供が、両手を広げて「天」に教えを請うという意味です。
「爻(こう)」という部分を省略すると本来の意味が分からなくなるのです。


昨日は統一地方選挙の投票日でした。選挙の投票率が低いことが問題になっていますが、民主主義政治と呼ばれるときの漢字「民」は、目に矢が刺さって物事が見えない人という意味なのだそうです。正確な情報を知らずに、ただ踊らされているだけだと。
では、その反対の意味の漢字は?
大臣の「臣」という字だそうです。大きな目で人々を監視すると言う意味です。

正しい情報を得ることが出来ないのなら、正しい判断を行うことはできません。私たちは
正しい情報を得るために、自ら努力することが必要です。

一方、リーダーとしてトップに立つ人が、建前の民主主義を演じるように、人々の声を聞いて政治を行うことは、判断を誤りかねません。自らの保身ではなく、人々の暮らしをよくするために天の声を聞く努力が必要になります。

地域の景気を良くする有明海清掃

 有明海を清掃するわけ

 元気(人の心・免疫力)と景気(経済・創造力)と大気(自然環境)はつながっています。

001
 人の心が汚れると、

 部屋が汚れ
 家庭が汚れ
 会社が汚れ
 社会が汚れ
 自然が汚れます。


006 唐津のように外洋に面していない有明海は閉鎖的な海ですから、芦刈海岸(六角川)に落ちているゴミは、そこの流域から出されたゴミで有る可能性が極めて高いのです。小城市内から出されたゴミがそこにあると考えるべきなのです。



 つまり、芦刈海岸の汚れは小城市民の心の汚れを象徴している現象なのです。この状況を一つずつ元に復元していかなければ、真の景気回復はありません。

009 そして自然環境を考える人を増やすためには、健康とお金を正しく循環出来る人を増やすことが必要なのです。

銀座久兵衛ランチ会に参加して

002 学び初めて間もなく3年、ついに法友の皆さんと銀座久兵衛のランチ会に参加することが出来ました。






004 5階のカウンターに座った私たち。3人の板前さんがおもてなし下さいます。中央近くに座った私たち4人は、板前の金丸さんが魅せて下さいました。
 美しく研がれた包丁。お皿を空けると
「わかめのおかわりはいかがですか?」
との問いかけ。そして、上着のボタンを外しはじめると、後ろのスタッフに
「上着お願いします」
と、常に気配りがなされた接客。学びが深いです。

005 常に新しいシャリを準備し、暖かく美しいにぎりの姿を見せてくれます。
 本物の中トロは、何とも言えない口の中に広がる美しい味。苦手ないくらも、ここではOK。準備されている醤油を使うことは、ほとんどありません。でも、本物の醤油も味わいたいものです。




008
 1時間のランチを楽しんだ後は椿屋珈琲店でシェア会を楽しみました。

006
 レトロでとても雰囲気の良いお店です。

010
 久兵衛でお隣の席で談笑させて頂いた、元Jリーガーの奥野さんと。

国宝を未来につなぐ活動・信仰心

035
昨日は奈良を訪れました。學を深めて3回目になります。まずは大華厳寺(東大寺)です。9時半と早い時間ですが、修学旅行の児童や生徒など見物人で境内は人が溢れるほどです。
一方で、大仏様にお経を唱えている人・団体は他に見当たりません。就學旅行の意味を日本人は失ったのです。

061
大仏殿の正面に1本の灯籠が建っています。銅で作られていますが、夜に明かりをともすと光が漏れる造りになっているそうです。国宝だそうです。

059
その国宝が今、溶け出しています。1000年前に作った人たちが想定しなかったことが起こっているのです。酸性雨による影響です。このまま環境破壊を止めることができないなら、国宝は失われ、日本の繁栄を祈ることも出来なくなるでしょう。

111
午後に訪れるのは聖徳太子が描いた夢の生地・法隆寺です。正式には法隆學問寺と呼びます。それぞれが教室・寮であり、広い石畳はキャンパスの廊下です。

114
寮に「魔」が入らないために、屋根には鬼瓦が設置されています。このキャンバスの廊下の壁も至る所で崩れかけています。誰かが、この費用を負担しなければ1000年間守り続けられた日本の宝が失われてしまいます。

西洋の資本家が認定する世界文化遺産に、目を奪われていて良いのでしょうか?

地域の一過性の欲望ではなく、日本にとってより大切なものを守る努力を怠ってはならない、そう感じた今回のツアーでした。

東寺と三十三間堂で夢をあげる

005
京都駅南西にある東寺。五重塔が有名ですが、ここでは人間の内側を観ることが出来ます。學問を学び始めて2年半、今回が3回目の就學旅行です。

009
最初は経典を読むこともたどたどしかった私ですが、2年間の積み重ねで自信を持って暗唱できるようになっています。すると、仏様のと対話が出来るようになります。
「素敵な夢が叶いました」
と。

013
今回の旅では初めて、観智院を訪れました。ここ五大の庭には、遣唐使船で帰国する空海の様を絵巻風に表現されています。お庭の左側には、五大虚空蔵菩薩像をを石で表現されています。

025
続いて三十三間堂です。ここは、自らの先祖が並んでいらっしゃる場所です。自分と同じ顔の仏様を探しに来るところではありません。見物の方も多く、ゆっくりお参りできた仏様、陰からお参りすることになった仏様など様々ですが、これまでの訪問とは、また違った気持ちでお参りできたと感じております。

027
しかし、この三十三間堂の通し矢。昔の日本人のすごさを感じます。長さ100mを超える距離を、高さわずか4mほどのしかない廊下と軒の間を、通し射貫く訳ですから。

人は孤独でないことをあらためて学ぶ良い機会です。

日本のマチュピチュ・高野山へ

十七条の憲法第2条には
「篤く三宝を敬え 三宝とは佛と法と僧となり」
とあります。

ところが、現代社会で生活していると篤く尊敬できるお坊さんと接する機会がなかなかありません。佐賀ではもちろんのこと、京都でもそんなお坊さんに巡り会える機会は限られているのではないでしょうか?

そんなことを思って過ごす私に、今回の旅は衝撃を与えました。
159
標高1000m近い山の中に、日本の人口がわずか100万人の平安時代につくられた、京都のお寺で見るものよりもはるかに存在感のある仏教施設が今なお存在し、世界中の人々を魅了しているのです。

085
今回の旅の宿は無量光院というお寺です。

088


107
精進料理は、想像していたよりもしっかりと塩味が付いて美味しくいただくことが出来ました。


010
9月とはいえ標高1000m近い山の朝は予想以上に冷えます。5時を過ぎると山門が開いて、町へ出ることが出来ます。列をなして出掛けるお坊さん達にすれ違います。
036
何組もすれ違います。

そして、最大の衝撃は6時からのお勤めです。なんと筆頭格のお坊さんがフランス語を話すスイス人だったのです。高野山は日本の仏教文化の一つだと思っていましたが、すでに世界基準なのです。その現実に私を含めた多くの日本人が、まだ気づいていないのです。

日本文化の象徴は京都。古代都市をめぐるならヨーロッパや南米の高地だと思っていた考えが、すでに古いものになっていることを痛感しました。

読経の後の講話も、日本人顔負けのユーモアを交えて、参加者を楽しませてくださいます。お坊さんの世界ですから「日本語だけで十分」ではないのです。英語だけでは足りません。

133
世界中の人々が集う場所、それが21世紀の日本なのです。
ここなら篤く尊敬できるお坊さんにも出会えます。


昨年、出雲の足立美術館に行った時、スケールの大きさ、訪れる人の多さに驚きました。
011
今回の高野山も同じです。島根県と和歌山県。どちらもそれほど大きな県ではありません。しかし、人が集まる場所を考えると、どちらも「本物」を見ることが出来るのです。

周りの人たちや観光客を呼ぶためには、中途半端な公共事業でつくられた遺跡や資料館ではいけません。最低でも200年先まで人々を呼べる本物を持つ、しっかりとしたコンセプトが必要なのです。

それをつくる時に「無駄な公共事業」と呼んで計画を縮小させてはいけません。つくる以上は本物でなければ人を呼ぶことは出来ないのです。言い換えれば、目先の便利さや人々を呼ぶ仕掛けは、ほかの地域と比較されて繁栄は一瞬で終わるでしょう。
企業が投資するのならそれも有りだと考えられますが、公共施設としてつくるものが目先の便利さでは、最終的にゴミを拡散することにしかなりません。

時間を超えた魅力を放つ公共事業の企画力が求められます。

玉虫厨子で学んだ信貴山を訪れる

031
今から約1400年前、聖徳太子が物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中にここ信貴山を訪れます。大使が戦勝祈願すると天空遙かに毘沙門天が出現され必勝の秘法を授かったそうです。

057
その日は奇しくも、寅年、寅日、寅刻であり、そのご加護で戦いに勝利したことから、ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、信ずべし貴ぶべき山「信貴山」と名付けられ以来、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されているそうです。

050
今回は千手院の皆さんにご案内いただきお参りさせていただくことが出来ました。

039
ご本尊の毘沙門天王像は、左に善膩師童子像、右に吉祥天像ともに本堂内陣の正面に安置されています。毘沙門天王の右手にある「ほう棒」は、時として善膩師童子をたたくことにも使われたそうです。現代社会では児童虐待、体罰と呼ばれてしまいますが、毘沙門天王の行為は「愛」に裏付けされたものであり子供の成長のために必要なものであると説かれました。日本の伝統的な精神として
「子供には金をあげてはいけません。努力することを教えなさい」
というものがあったそうです。現代社会では絶滅した精神のように感じます。

025
信貴山の訪問は、こうした日本の精神を学ぶことが出来ただけでも貴重なひとときとなりました。

信貴山の霊宝館では3本の縁起絵巻(国宝)を見ることが出来ます。今から1100年ほど前、信貴山中興命蓮上人が、ここで修行していた時の物語を、面白く描き綴られたもので「飛倉巻」「延喜加持巻」「尼公巻」の3巻です。
特に印象に残った「飛倉巻」を解説書により紹介します。

京都山崎の里に一人の貧者がおりました。命連の教えに従い慈悲の心を持って、毘沙門天王を信奉し努力すると、行く年もたたぬ間に大福長者になりましたが、時がたつにつれいつしか心奢り命連の教えも忘れ、怠惰な暮らしをして命連に差し上げるお布施の米も惜しがり、お返しする托鉢も米倉に投げ入れました。すると、突然倉がゆらゆらと動き出し、転がり出た鉢が倉をのせて空高く舞い上がりました。長者も家の人々も、あれよあれよと騒ぎ立て、唖然と空を見上げるばかりです。黄金色の鉢が空を飛んでいく、しかもその上には巨大な倉が軽々と浮かんでいます。
馬に乗った長者、後を追う召し使い達、倉は信貴山に向かって飛んでいく。
長者の後悔と不安に満ちた顔、召し使い達の驚きの顔、絵巻はその表情を克明に描き続けています。

このお話は、私たちの身近なところでも神仏への感謝、人への感謝が出来ているかを考えさせられます。そして人の念いは倉をも飛ばす力があることを学ばせていただけます。

028
とても素敵なお寺ですが、私たち九州の人にとってはなじみの薄いお寺です。景色も良く素晴らしいお寺ですので是非足を運んでみて欲しいところです。最寄り駅は法隆寺ということです。

056
最後に千手院のお坊さん(左)とツアー参加者の方と三人で。お二人が余りに似ているので・・・。

六本木でガウディの精神と出会う

001
六本木ヒルズ森タワーの52階で開催されている建築家ガウディ・漫画家井上雄彦特別展へ出掛けてきました。
スペインのサクラダファミリアが2026年の完成を目指すことになり、より注目を集めるようになった感じがするガウディ。その図面などが展示されているイベントが実施されていることを聞きつけて、足を運んでみました。

今回のイベントに足を運んで最も印象に残ったのは
「偉大な本、常に開かれ、努力して読むに値する本、それは、大自然の本である」
という言葉をガウディも残していたことです。
ガウディの設計には、自然が表現した最も美しい姿が再現されていたのです。

008
そして、午後は清澄庭園へ移動します。

010
ガウディと同じように
「自然からのメッセージをしっかり受け止めてください」
と教えてくださる先生の講義をしっかりと学んできました。

サクラメント市を一日楽しむ

304
アメリカ合衆国二日目はサクラメント市内の観光です。

254
ところでアメリカのホテルには「13階」がないのですね。日本でも4号室や9号室が無いところはありますが、4階、9階がないなんて聞いたことありません。

021
ここはオールドサクラメント、西部開拓の歴史が詰まった街並みです。アメリカへ来て気づいたのは町中にゴミ箱が沢山あることです。それも「ゴミ箱!」と主張するわけでなく、街並みになじんでいます。

007
パーキングメーターも沢山あります。お店の前に車を止めるのは当たり前のことのようです。

080
鉄道開拓の歴史が学べる資料館

115
ちょっと意外なアングル。木の皮を用いた屋根材です。日本では高級旅館や寺院でしか見ることはありません。

164
サクラメントリバーに沿って鉄道を楽しみます。ちょっと大きな遊園地の鉄道といった感じです。

299
車窓から向こうにカリフォルニア州議会が見えます。

318
アメリカの人たちは甘いものが好きなのでしょうか。

322
アイスクリームにも挑戦。

031814
お昼ご飯はピザの食べ放題(約7$+税+チップ)。意外と高く付きます。

326
カリフォルニア州議会

343


401
ゴールデンベアー

412
コスト

414
お土産を買い込みました。帰る時大変なことになるとは思いもせず。

488
サクラメントの住宅街。
境界に日本のようなブロック塀や垣根がないのでとても美しく見えます。

558
インディアンカジノ。西部開拓の時に白人達が追いやった原住民。その後の政策で、土地を奪われた原住民を保護する目的でカジノという職場を与えられたそうです。スロットは1セント〜1ドルまで5種類のレベルがあります。1セントでやっていた時は好調でしたが、早く食事に行くために5セントの台に代わったら全く音なし。

031821
食事はバイキングで約15$+チップ。朝昼と異なりこちらはお得でした。

577

アメリカ氣學ツアーで海外初体験

「海外へ行くものが、よく知らぬから、知らぬからというが、知って往こうというのがよくない。何も用意しないで、フイと往って、不用意に見て来なければならぬ」
これは、7月4日の佐賀新聞に掲載されていた勝海舟の座談です。

3月17日から1週間のアメリカ氣學ツアーは、行程やホテルは主催者任せで、目的地がサンフランシスコとサクラメントということ以外にはほとんど情報を持たずに出掛けてきました。
そして、冒頭の言葉にあるように「予備知識」がないことで新鮮な発見や驚きを得ることが出来ました。
正確に言えば、予備知識を備えようと成田空港で「すぐに使える英会話」みたいな本とカリフォルニア州のガイドブックを2500円ほどで購入したのですが、飛行機を降りる時に座席前のポケットに入れたままで下りてしまったのです。
何が災いし、幸運をもたらすか分かりませんね。

090
フィッシャーマンズ・ワーフにて

003
サンフランシスコはどんよりと曇った日が多い町らしいのですが、そんな表情は一度もみることはありません。私の中には「カリフォルニアの青い空、そして海」だけが印象に残っています。

262
ロンバート・ストリート

095
ハイウエーの広さ

097
個性的な自動車のデザイン。
アメリカの自動車が日本の道路を走ったらどんなことになるか!
ニュースや新聞では想像できない光景です。

151
サクラメントのホテルの窓から

155

日本では当たり前なのにアメリカのホテルになかったもの
浴衣であり、バスローブです。
ホテルなのに部屋着を持って行かなければならないとは想像していませんでした。
161


170
オールドサクラメントの街

179


ディナーはサクラメントリバーに浮かぶ船の上で
213

戸隠フィールドキャンパス 戸隠編

068
バスを降りて戸隠神社を目指します。
自然からどんなメッセージを受けられるでしょうか。

079
まっすぐに伸びた杉並木。歩道は雨の流れで整備されたものでしょうか?
根が地上に現れたところも見かけられます。

080
参加者の一人、小学生の手の甲にアサギマダラが!

093
参道を10分以上歩いているのに飛び立ちません。
もしかしたら、私たちの願いを叶えてくれるのでしょうか。

095
戸隠神社の奥社まで一緒に来てくれました。

102
帰りは随神門から鏡池を目指します。

115
湧き水が小川になって鏡池を目指します。

118
鏡池到着。

122
素晴らしい青空。御山も綺麗に映っています。ちょっと波立つと映らなくなってしまうこの景色。きっと私たちの今の心を写してくれているでしょう。

139
歩き疲れてティータイム。この後はバスで宿を目指します。

戸隠フィールドキャンパス 善光寺編

144
8月29日、東京駅丸の内に7時前の集合で、1泊2日の戸隠フィールドキャンパスへ出発しました。
浅草橋のホテルを出て、東京駅へ向かう山手線には、ま〜るいみどりの山手線を再現した電車が。

東京の高速道路はどこを走っているのかよく分かりません。
でも、軽井沢を通って長野市内に入ったようです。
011
善光寺にはこんな木が。

151
まずは、善光寺に着きました。

018
善光寺を案内してくださる常円坊さん。
専門のガイドさんの解説は寺社巡りには欠かせません。

038
六地蔵は私たち衆生が輪廻を繰り返す六つの世界(六道)に現れ、迷いや苦しみから衆生を救ってくださる菩薩様です。
右から地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界の地蔵菩薩様です。

034
佐賀には善光寺の会派はないのですね。

055
こちらの釣り鐘

060
1998年2月に開会した長野冬季オリンピックの開会を告げるときに鳴らされた鐘なのです。
平和の象徴の鐘です。

158
バスの中で信州名物・おやきをいただきながら、戸隠へと移動します。
(続く)

2013年 出雲の旅 その2

出雲の旅2日目は、ホテル皆美の散策から
001
早起きは三文の得、といいますが私は日頃から4時前に起きる早起きさんなので、
人影がないホテルの中を、いろいろ撮影することができました。

009


015
ここは、展望風呂のロビーです。
欅の床板が・・・。

019


020
 上を見上げると・・・。

022
出発前のロビーから見るお庭

024
ロビーにはこんなお茶室も

027


030


035
斐伊川を越えて出雲市へ

099
出雲大社の正面参道に、ちょうど1年ぶりの訪問です。

102
60年ぶりに遷宮された本殿は、伊勢の遷宮と異なり見た目には
あまり気づかないところも・・・。

105
日本一大きいといわれる日章旗

043
古代の出雲大社を復元した模型。
48mといわれる社殿はどのようにして造られたのでしょう。

052
駐車場側のお社にも大きな注連縄

054
日御碕へ向かうバスの中から
昨年足を運んだ、稲佐の浜からほんの少し先へ行くだけで、別のような海岸の景色に。

111
日御碕神社を遠くから眺めると

066
日御碕灯台

094
萩を含めて天気に恵まれ、2泊3日の素敵な旅を楽しむことができました。

2013年 出雲の旅 その1

023
 2013年8月18日、米子駅に集合して1泊2日の修学旅行が始まりました。
 最初に訪れたのが足立美術館

159
 美しい庭園が有名な美術館です。

011


019


167
 見せ方にも工夫がなされています。

182


204


220
 続いて訪れたのが八重垣神社
素戔嗚尊が祀られているこちらの神社は、世間には恋愛・縁結びの神様として近年人気を集めています。

227
 しかし、私たちは恋愛のみならず、いろんなご縁をいただくために訪れています。

228


229
 さて、私の結果は・・・。

230
 5分ほどで沈みました。
それ以上に、書かれている内容が嬉しいですね。
神助により幸福をつかむ

236
 この日最後は、宍道湖をバックにみんなで記念撮影でした。
 ただ、暑い!

 この日の宿は、玉造温泉ホテル皆美です。




飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ