飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成28年産は完売しました。平成29年産はジャンボタニシ食害のため、一般販売を見合わせることにいたします。

ラジオ体操会を開催します。
6月7日(水)〜10月4日(水)の月曜・水曜日(8月14日はお休みです)
時間は 6:25〜6:45  会場は、主に小城市三日月町樋口地区
 「7月24日は江利天満宮」です。

元氣と景氣と大気を探求する震和塾を開催します。
6月12日(月)〜10月2日(月)の月曜日
ただし、7月17日、7月31日、8月14日はお休みです。
時間は
 13:20〜14:50(人を読み、時代を読み、天意を読む)
 15:20〜16:50(人類の至宝インド哲學、眞理學入門)
 19:20〜20:50(ボーダレスな社会・定員5名)
会場は小城市三日月町樋口803 震和会事務所
参加費は1回 1,000円相当 (但し後援会会員は2回まで無料)
震和塾参加申込みはこちらから
お名前と当日連絡の取れる連絡先をご記入の上、送信してください。

震和会とは。(為雷)人生の試練や困難を切り拓き、奮いたつ勇気をもって、
(日本)の国を再興する、という意味です。

その他の記事

年金破綻

5046a45e.jpg
社会保険庁が運営する年金が破綻したわけではありません。
(行き詰まることは眼に見えていますが)

給与明細を見て、健康保険料と厚生年金保険料の額にビックリしました。
想定年間給与総額 210万円の私が、年間に支払う保険料の総額が64万2千円。

まさに私の財布は年金保険料で破綻してしまいます。

国会では、年金削減法案が審議されているようですが、野党の皆さんはこうした若者の現状を知って答弁しているのでしょうか?
選挙目当ての答弁はそろそろ終わりにして欲しいものです。

建築土木の時代が終わって、福祉の時代が20年間続きました。

トランプ新政権が誕生する米国と同じように、日本の政治にも新しい枠組みの誕生が期待されます。

辻発彦新監督の挨拶

fb63eddd.jpg
bd72a33f.jpg
西武プリンスドームで開催されたファン感謝デー。
中学時代に体育の先生が昭栄中学時代、クラスメイトだったという辻発彦新監督の挨拶を観に足を運べました。
新宿や池袋から片道370円というのも魅力です。

十二社熊野神社へ

4468fdec.jpg
6a9cc2ae.jpg
西新宿のビル街
都庁からすぐのところに

地球規模で変化を始めた社会価値

待望のトランプ大統領誕生が決まりました。日本社会では、想定外のように報道されますが、それはメディアにとって都合の悪いことを日本では報道しないために起こることであり、その情報だけを信じることのリスクを学ぶ良い機会になったのではと感じます。
振り返って今年6月にイギリスのEU離脱はないと言われながら国民投票で離脱を決めたことも、メディアの意に反する事でしたね。

動き始めた社会の変化に驚かない精神が必要です。

この流れは、日本がその魅力を発揮できるチャンスが到来していると考える事ができます。

日本の魅力、和の精神と勤勉な労働精神です。

デフレを心配して貯蓄意識が働けば社会は混乱するでしょう。今の日本は老朽化したインフラの更新が早急に必要です。
社会は労働力不足で、東京のコンビニレジやファストフード店は、アジア系の労働者が社会を支えています。
日本人の労働意欲を高めなければ、社会秩序は不安定になりかねません。

年金の不安、雇用不安を考えるよりも、社会の一人として働きましょう。

今回の選挙結果を受けて、チャイナからのリスクが生じることも考えられます。
朝鮮半島では、金王朝による南北統一も想定されます。
これまでの価値観では、想定できない変化が起こりうるのです。

この変化に対応するには、他人に何かを期待するのではなく、今、自らができることにしっかり取り組む事だと感じています。

今年は一度だけ サガン鳥栖の観戦

082 10月29日のサガン鳥栖ホーム最終戦。今年初めて試合会場へ足を運びました。
 昨年までに比べて、走り足らない感じも。

 来年もJ1で戦えること。また新しい活躍に期待しています。

2016熱気球世界選手権

037 今年もバルーンの季節がやってきました。
佐賀で37回目のシーズンを迎えています。
今年は3回目の世界選手権も開催。
いろんな事故も発生していますが、これからも長く続いて欲しいイベントです。

おくんち

002 今日10月15日、今では知る人がどのくらいいらっしゃるのか分かりませんが、三日月町でのおくんちです。
 お祭りがあるわけではありませんが、お赤飯が炊かれます。最近は食べなくなりましたが、クリークでとれた鮒を昆布巻きにしていただきます。
 最近は稲刈りが早くなりましたが、昔の稲刈りはおくんちの後。豊作を祈っての行事だったと思います。

西洋社会の衰退を示す大統領選挙

 一ヶ月後に迫ったアメリカ合衆国の大統領選挙。その選挙報道をみて、西洋社会の品のなさと求心力を失う現実を感じています。なりふり構わぬトランプ候補への避難。

 もし、トランプ候補がこれまでも公職(自治体の議員や管理職の公務員)についていたのであれば、その時の発言が問題となり非難されることは当然です。しかし、今回問題になった発言は10年以上前のことです。当時のトランプ氏は実業家です。それぞれの社会に応じたお付き合いもあったことでしょう。おそらく、大統領選挙に自らが出馬することなど想像もしていなかったはずです。そんな時代の発言を入手して騒ぎ立てることは、それを問題にする側がより恥ずかしいことだと感じないのでしょうか?

 生まれてから今まで、一度も差別的な発言をしたことがない人、嘘をついたことない人、どのくらいいらっしゃるのでしょう?
 どこかに線引きを設けなければ、この世の中はたった一度のミスも許されない、窮屈な社会になってしまいます。再チャレンジが許されない社会では、未来を失うことになるでしょう。私が知事を目指したのは2012年6月末です。公に活動を始めたのは2014年1月からです。当然、それまでの言動・行動とそれ以降のものは異なりますし、このブログの内容も大きく変わっていると思います。だからといって、過去に振り返って記事を修正することもありません。与えられた情報と時代を読み解く力が、その時の言動や行動の支えになっています。過去を非難されることよりも、成長のなさを非難されることの方が大きな欠点になると感じます。

 教科書で学ぶことと異なる現実に直面し、日本を変えたいと思う人が政治を志したときに、それまでの誤った教育で振る舞った言動・行動によって足を取られることは、日本の未来を失うことになります。
 西洋社会とは違う日本社会の「品格」を取り戻せればと感じています。

格差拡大を推進する外国人雇用

 国家戦略特区諮問会議で農業分野で特区への外国人労働者の受入を検討、厚生労働省の有識者検討会では外国人介護福祉士の就労を訪問介護に拡大する方針を決定したことが佐賀新聞の一面記事で紹介されていました。

 少子高齢化と並行して進んでいるのが、ロボットやコンピュータ化による中間所得層の仕事が減少する社会構造の変化です。これからの時代に必要なくなる仕事として、銀行員や証券マン、駅の窓口業務、士業などが上げられています。こうした中間所得層の受け皿となるであろう低賃金の労働。トラックドライバーや建設作業員、農業や介護の仕事がこれに当たると考えられます。
 ところが、現在の人手不足を理由に外国人労働者を受け入れてしまうと、今後、コンピュータやロボットに仕事を奪われて職を失う日本人が、そのまま所得水準の低い仕事に転職しなければならなくなるのです。もし、現在の人手不足の環境を政治が対策をとらずに賃金を上昇させることができれば、中間所得層の人が所得水準を低下させることなく業種を変えることが出来る可能性が残されます。
 それにもかかわらず、一部の経営者や高所得者の環境を維持するために外国人による安価な労働力を大量に受け入れれば、ますます格差が拡大してしまうのです。人手不足を招いた現状を考えていけば、それは経営者が労働者のために自らの利益を少しずつ労働者に分け与える布施の心掛けが足りないのです。

 経営者が自らの利益のために安価な労働力を求める姿勢、安価な商品を海外に求める姿勢、そして消費者が安価な輸入商品を買う姿勢を続けるなら、日本の国際競争力が失われることになるでしょう。

リーダーが行うこと

組織人事の編成に立ち会う機会がありました。

テレビが情報源として、大きなウエートを占める現代、リーダーのパフォーマンスが注目され、本来行うべきテーマをおろそかにしていないかを考える良い機会になりました。

リーダーが行うべきテーマ
1.ビジョンを示すこと
2.それにむけた組織人事をつくること
3.問題が発生したときに責任をとること

これができれば、後のことには目をつむっていただく、そのくらいの覚悟でないと務まらないのではないかと感じます。

広島25年ぶり優勝から見える時代

 9月10日土曜日、プロ野球セントラルリーグで、広島東洋カープが25年ぶりの優勝を決めました。母親が40年以上カープファンである我が家でも、ひっそりと祝杯が挙げられました。
 今年、ほとんどの解説者が予想された広島の順位はBクラス(4位以下)。開幕当初から上位争いを続けても
「今のうちだろう」「ほら巨人が追い上げてきた」
マジックが点灯しても
「また消えるさ」
と常に心配する母親。25年の長い月日は、ファンの心理に敗者思考(不安になる眞理)をしみこませていたのかもしれません。そんな母親を私は
「同一カード3連敗をしなければ大丈夫」
マジックが点灯したら
「セリーグは3位争いがあるから消えない」
と励ましたものです。

そして、現実に黒田投手の先発の日に優勝が決まったことで、この意味を考えることができました。

 25年前は、日本経済がバブル全盛に終わりを告げようとした時期です。プロ野球界はスター選手の年俸アップと元木事件によって、フリーエージェント制度とドラフト制度が変更され、お金のある球団に選手が偏るようになりました。広島球団の低迷が始まります。この広島東洋カープの低迷は日本経済における失われた20年と同じ要因が根底にあり、その克服が今回の優勝につながったと感じます。

 一度はカープを離れた黒田投手と新井選手。この2人が、お金を選ばずにチームを選んだ選択。お金よりも大切なものに気づいた心。

 日本社会もグローバル化、西洋化の波にのまれIT企業をはじめとする、拝金主義経営者が時代の寵児ともてはやされました。残念ながら今でも多くの大企業が外国資本の影響を強く受けています。その流れは地方経済にもおよび、働かなくてお金を得る安易な方法へ人々を導いてしまいました。

 今年の広島カープの優勝。それは黒田投手を見本とする練習量の豊富さに基礎があるといわれます。
 日本社会の再生も、同じ所に根はあります。ゆとり教育、労働時間の短縮、訴訟と給付金を待つ受け身の姿勢。お金のない広島カープと同じように資源のない日本を再建するためには、ほかの国と同じことをやっていてはいけないのです。あらためて神話と歴史に学び行動する必要があるのです。

 イギリスがEU離脱を決めました。アメリカ合衆国ではメディアの情報工作と戦いながらトランプ候補が大統領就任を目前にしています。全てのグローバルではなく、その国・その地域を尊重したグローバル社会を迎えようとしているのです。

有田焼の未来を想像する

 先週は有田焼に縁がある一週間でした。佐賀新聞の連載記事にうなづいたり頭をかしげたり。若手作家さんがつくるお茶碗を見せていただいたり。
 有田焼は唐津焼から派生した磁器で、肥前のこの地域から積み出された焼き物のうち、唐津から積み出される陶器を「唐津焼」、伊万里から積み出される磁器を「伊万里焼」と呼んだそうで、有田焼も伊万里焼の一つと理解することができます。

 さて、磁器のお茶碗で抹茶を点てると、ちょっと点てにくい感じがします。表面がつるつるしていることに加え、厚みが薄いために、熱いお湯を注ぐと、お茶碗を持つ手にそのまま熱が伝わってくるのです。茶道よりも華道の方が相性が良いのかな?
 有田焼を売るならマーケットはアメリカ。でも、装飾品としては期待できないだろう。日本文化と融合させて市場を開く。茶道が無理なら、華道?

292 そんな中、一つのストーリーを思い出しました。1980年代に大統領を務めたレーガン氏。カリフォルニア州から初の大統領を出すために陰で演出した、Mr.Katoのお話しです。政治家の資金集めに有効なパーティー。しかし、高額のパーティー券を購入することは、あまり喜ばれるものではありませんでした。そのパーティーでMr.Katoが出した食事が日本のお寿司。しかし、当時のアメリカには生のお魚をご飯と一緒に食べる文化などありません。そこで、ワイングラスに寿司飯を入れ、キャビア、スクランブルエッグなどで、彩りを演出したのです。それを、燕の銀のスプーンで食べるというパーティーは好評で、スプーンをこっそり持ち帰った参加者から口コミで人気が広がり、レーガン氏のパーティー券は、人々から求められるものになったそうです。

 有田焼の市場開拓にも、既存の使い方ではない方法で、その魅力を伝えることが必要だと感じました。一つのアプローチが、ワイングラスです。ワイングラスと同じように香りを楽しめる形状。一方で色は磁器の白に映えるように。

 うまくいくかの評価は、地球にとって良いものか否かにかかると考えています。グラスと比較して
・ 生産工程で地球に影響のない状況を維持できるか?
・ 製品の最終処分に、材質が自然に分解可能なものになっているか?

 もし、グラスより優れているのであれば、アメリカ市場を開くことができるし、日本でも支持されるでしょう。しかし、製品の処分により多くの費用がかかるのであれば、磁器そのものの魅力が、時代遅れということになるでしょう。処分費用がかかるものが、一時的に売れたとしても、その商品は100円ショップなど安価な商品に市場をとられるので、製品化する魅力はありませんね。

 洋の東西文化が融合する商品づくりこそ、有田焼の可能性を見いだすことができると感じます。

早すぎる行事中止・学校の休校

 台風12号は佐賀県内にほとんど被害を及ぼすことなく、県内を通り過ぎてしまいました。

 先日の台風10号が岩手県や北海道に大きな被害をもたらしたので、リーダーは慎重な判断を選びたくなる心理は分かります。しかし、天気予報の気圧配置や雲の写真、アメダスデータからも分かるように、今回の台風が佐賀県内に大きな被害をもたらす可能性は、極めて低いことが3日土曜日の時点で見えてきました。
 にもかかわらず、本日、多くの学校が休校になるのは、重大な課題であると感じます。一斉休校にするには、明らかに判断が速すぎると感じます。
 通信手段のない、回覧板を回す時代ではありません。メールで一斉配信できる時代です。電話連絡も可能です。休校を判断するなら、日曜日であっても昨日の昼までに判断すれば良かったと感じています。

 リーダーが責任問題になることを恐れているのでしょうか?
 それとも、天気図が読めないのでしょうか?

 明日の天気を予測できないリーダーでは、その下で学ぶ子どもたちの才能を引き出すことは出来ません。

 組織の危機管理として、リーダーは最悪のことを頭に入れておくことは必要です。
しかし、そのことを末端まで下ろしていたのでは、人々は不安で疲弊してしまいます。経済活動の停滞につながります。
 予想される状況を、どこまでのメンバーで共有し、対応できる態勢をつくるかが組織の危機管理として、重要なテーマだと考えています。

秋のクリーク清掃

048 台風接近で心配された今日のお天気。朝から曇り空の絶好の清掃活動日より。
 しかも、接近する台風の影響を考慮し、予定されていた小城市三日月町民ソフトボール大会は早々と金曜日に中止決定。
 50名を超える住民の皆さんと、クリークの川藻上げに勤しむことができました。


046 若い人から、80歳近い年配の方まで。泥に足を取られるクリークに腰までつかりながら2時間半の作業で、生活排水で汚れたクリークも、きれいになりました。
 菱で埋め尽くされたBiforeの写真がないのが残念です。10月には釣り大会が開催される予定です。

自己中になったマニュアル言葉

 ある懇親会で、締めのご挨拶をなさったかたの指摘。

 今の若い人たちの言葉遣い。先生に自らの作品を観て頂くときに、
「これでよろしかったでしょうか?」
と、訪ねるそうです。先生が
「これでよろしいでしょうか? でしょう。」
と指摘すると、
「いいえ、これでよろしかったでしょうか? です。」
と答えるそうです。そこで確認なさると、マニュアルで
「よろしかったでしょうか?」
に、なっていたそうです。

この問題の原因は、評価して頂く先生の立場を尊重して、言葉を使うのか、
作品を完成させた、自らの立場で言葉を使うのか、
その違いにあると気づきました。

これから作品を見る先生にとっては当然、今の出来事です。しかし、作品を見てもらう前に、完成させたという思いの強い生徒の立場からいえば、過去の出来事に違いありません。

 日本語の難しさ、と片付けてしまいそうですが、そこにあるのは、日本人としての心配りではないのでしょうか?
正しい日本語、常に意識し研究し、お互いに評価していくことが大切だと改めて感じました。

信ずべし尊ぶべき山「信貴山」

056 信貴山を初めて訪れた二年前。有名な絵巻物があることしか知らずに訪れたこの時は、滞在時間わずか2時間。
 ご祈祷と宿坊を兼ねた千手院さんでお食事と法話をいただいて慌ただしく高野山へ向かったことを覚えています。



039 そんな信貴山を改めて訪れることができるとは思ってもいませんでした。しかも、先生や帝王学を学ぶ皆さんと一緒に。
 信貴山というと戦国武将・松永久秀をイメージされる方が多いようですが、日本の国造りの始まり、聖徳太子にゆかりの深い山なのです。


 今から1400年前、聖徳太子は物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。太子が戦勝の祈願をするや、天空遙かに毘沙門天が出現され必勝の秘法を授かりました。その日は奇しくも、寅の年、寅の日、そして寅の刻でありました。
 太子はそのご加護で勝利し、自ら天王のご本尊を刻み伽藍を建立し、信ずべし尊き山「信貴山」と名付けられたそうです。
 崇仏論争で、「そもそも日本には、古来より八百万の神がおり、外国の神様なんかを容認しようものなら大変なことになる」と仏教に反対した物部氏を、良いものは取り入れたいとする蘇我氏、そして聖徳太子。
 この戦いに勝利したことで、仏教が日本へと徐々にと広められていくことになるのです。この後国の制度をつくる過程で制定される冠位十二階は儒教の教えを基につくられたとされています。

109 千手院に宿泊、夕食の後に境内を散策。







110 目的は本堂・朝護孫子寺から見える町の夜景です。







005 こちらは朝の御来光。








112 夜の境内と








011 昼間の境内








013 朝ご飯を頂いて、山に登ります。








017 本堂の脇から空鉢堂まで、ポットに水を抱えて上ります。ポリバケツに水を治めることで功徳を積んだことになるそうです。
 空鉢堂まで、まつわる絵巻「飛倉巻」をはじめ国宝の絵巻3本(ただし模造品)は必見です。



 日本の成り立ちから考えて神社巡りをなさる方は沢山いらっしゃいます。しかし、天皇家が約1300年にわたり、日本の神様と並べて祈った仏教の祈り、忘れているような気がします。

毘沙門様のご加護について、次のような説明がなされていました。

御利益を得るためには、それなりの努力と信仰が大切です。
何にもまして、運(強運)を頂かなければなりません。その強運を頂く最大の鍵が信仰心なのだと。福を頂くためには次の十ヶ条を守ることが必要で、この実践により生活が変化することで、自らが良い方向へ導かれることになるということです。

1.感謝の生活をする人
2.収入以下で生活する人
3.夫婦仲の良い人
4.金や物を大切にする人
5.健康に心がける人
6.独立自尊心の強い人
7.仕事を趣味とする人
8.一事をつらぬく人
9.常に節約をする人
10.儲けをあてにせぬ人

簡単そうで、意外に難しい生き方。そう、今の私たちには日本人としての生き方が問われているのです。

日本佛法最初のお寺・四天王寺へ

043 氣の學問を学ぶ皆さんと1泊2日の修学旅行。今回のテーマは聖徳太子の国造り。
 初日に訪れたのは、先生が30年前につくられた緞帳がある四天王寺。当然、緞帳を観ることが出来ると思っていたのですが、納められているのはこちら。


042 なんと、四天王寺高校。大阪一の才女が通う女子校ではありませんか。
 しかも、オリンピック卓球で活躍された、石川佳純選手の母校だったとは。
 ここで問題です。四天王寺学園は成人男性の入校を許可して頂けないのです。みんなで女装してはという冗談もでていましたが先生曰く、
「厳しい門番がいるからダメだよ。」
ということで断念せざるを得ませんでした。

077 そんな四天王寺ですが、私たちの知らない歴史が凝縮されています。
 日本という国の成り立ち、それを学ぶためには外すことのできないお寺なのです。同じ聖徳太子がつくられた法隆寺よりも歴史が古く、推古天皇元年(西暦593年)に建立されました。
 物部守屋と蘇我馬子の合戦の祈り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、「この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世全ての人々を救済する」と誓願され、戦勝後にその誓願を果たすため建立されたものです。

082 四天王寺のすぐそばには、世界一歴史の長い企業「金剛組」があります。
 近年、不幸な事件がありましたが創業から約1400年続く世界企業です。
 こちらの訪問も叶いませんでしたが、今回スタートしたこのツアーは毎年実施されることが決まりました。

 四天王寺の緞帳と共に、いずれ足を踏み入れ、責任者の方とお話しできる機会が生まれることと期待しています。



なるには學問堂を観てきました

003 今、関西で注目の児童教育施設なるには學問堂。ご縁があって今回、会社と施設を見学させて頂くことができました。
 夏休みの午前、10名ほどの子どもたちが楽しそうに学んでいました。
 學長の上村さんが子どもたちに
「学長先生のお友達のいさがいさんです。」
と紹介してくださると、元気な声で
「こんにちは、***です。」
と挨拶してくれます。
009 子供の才能を引き出すための施設は、お部屋によって様々なテーマを設けてあります。
 このお部屋は、新聞を読まない子どもたちに、新聞に親しんでもらおうと造られたお部屋。



015 子どもたちが気になる記事を読んで








014クイズをつくります。
「学校の好きな時間は?」
といった記事や鉄道に関する記事が多く目にとまりましたが、論語を取り上げて出題をする子どもたちもいて、関心事の広さに驚かされます。
 新聞記者さんも注目ですし、取材に来られた後は、
「新聞記者になりたい」
という子どもたちが続出したというお話しもありました。

 こうした魅力ある施設は、保育園のように厚生労働省の補助金を受けずに、学校のように文部科学省の助成金も受け取らない、子供とお父さん、お母さんというお客様のために、という視線でつくられているところから生まれていると感じます。
 所得環境の違いから、佐賀では難しいと思いますが、未来の日本のためにも上村さんの施設が全国に広がれば良いな、と感じています。

八田與一が導いた烏山頭ダム

167 佐賀県で治水の神様といえば成富兵庫茂安候ですが、1945年まで日本が統治していた台湾では、八田與一氏がそう呼ばれています。日本にいると全く知ることのない台湾の歴史。なぜ日本で震災が発生すると真っ先に義援金を送り支援を続けてくれるのか。


191 1930年に完成した烏山頭ダムは、その後の台湾経済の安定、台湾南部の農業振興に大きな役割を果たしたのです。
 堰堤は標高66.66m、長さ1273m、高さ56m、堰堤上の幅は9m、底の幅は303mにも及ぶそうです。専門的には「セミハイドロリックフィル工法」と呼ばれ、アジアにはここだけの施設ということです。
 湖面の水が堤防を適量しみ出すことで、その堤防が強い強度を保つ設計になっているとのことです。

127 長い堤防の中には、水力発電を行うための水管が設置されています。曲線を描くことで水圧をうまく逃がす仕組みになっているそうです。





147 水力発電施設が新しくなったげんざい、こちらの水管は、現在は使用されていませんが、映画KANOのラストシーンはこの放水路から水を放水して撮影されたそうです。




079 このダムから配水する15万haの灌漑地には総延長16,000km の給排水路を同時に建設し、多くの土地を潤すために、稲作は3年に一度の輪番制とし、その間の2年はサトウキビなど畑作を推奨することで、より多くの人々に恩恵を与え、嘉南平野と人々を潤すことに成功している。
 戦前日本の陰の部分がクローズアップされるばかりで、現地で80年以上経つ今でも人々の役に立つ功績が伝えられない現実。
 もっと史実に目を向けることが必要であると感じます。

 そして、稲作は日本文化の象徴で、その果実であるお米を食べることが日本人の精神そのものであることに、光を当てなければならないと感じています。

李登輝元総統に会えなかった台湾

056 昨年11月、法友の鳥内浩一さんが主催するグループで、李登輝総統の講演を聴きに行くツアーが開催されていました。私は参加していませんでしたが、その後、日本塾をはじめとする会合の場所で、参加した皆さんから「とてもよかった」という声を沢山耳にしました。
 今年になって、第二段が開催されるということで日程を調整し、参加することにしました。ところが、総統は高齢です。日本から若者が来るというと、より張り切ろうとして体調を崩されることがあるようです。
 058 
 残念ながら、講演の登壇は叶わず、代役の金美齢さんと交流協会の沼田幹夫様にお話を伺うことができました。
 親日国(国ではないが)台湾の歴史を少しだけ理解できるようになりました。

 この時期、台湾は新しい総統の誕生に期待が高まっていました。

蓬莱米ってどんなコメ

119 台湾には蓬莱米、という日本人が開発したお米があるそうです。
 台湾で育てられていたお米は長粒種のインディカ米で、日本人の味覚に合わないため、磯永吉先生と末永仁先生によって研究をはじめられた短粒種をベースに、食味を日本米と同程度に育成された品種を総じて蓬莱米と呼ぶそうです。
 日本でいう「コシヒカリ」とか「ヒノヒカリ」という一つひとつの種類の呼び名の一つに「蓬莱米」があるのではなく、研究されてできたお米を総じて「蓬莱米」と呼ぶそうです。

054 南回帰線付近に位置する台湾で日本のお米を育てることは、容易ではありません。温度の違いを克服するために台北・陽明山の麓にある竹子湖に試験場を設け、品種改良に取り組まれています。生育に成功すると少しずつ、標高の低い地域に作付けを広げることで、新しい品種の実用に結びつけたそうです。

072 資料館を見学したあとは当時、品種改良を行っていた試験田へ。







095 今は、稲の品種改良ではなく地元の皆さんが様々な野菜作りに励まれています。

 戦前、日本本土だけでまかなうことができなかったコメを、海外の土地から輸入する、そんな時代があったことを私たちは知っておく必要があると感じます。

東京を手軽な場所にする春秋航空

005 今年の7月、善光寺・戸隠・黒姫フィールドキャンパス、下田自然学習会と2回東京へ出掛けることができました。
 こんなに頻繁に自分のお金で東京に行くことは・・・。
 費用の負担が大変なことになります。春秋航空がなければ。
 新幹線なら往復5万円です。ANAなら3万円。しかし、春秋航空なら最安値で
約 3,000円です。東京都内までの電車代を含めて約 5,000円。

 とても有り難い時代なのです。そんな時代だから東京の皆さんにも、気軽に佐賀へ足を運んで欲しいと思います。成田空港第3ターミナルから出発する春秋航空の利用は、成田空港第二ターミナル駅に飛行機の出発時刻より1時間早く着く必要があります。
006月〜木曜は一日一便(11時台出発)ですので早起きが必要になります。
しかし、週末の帰り(金・土・日)は佐賀発14時半と19時半の飛行機があります。
 夏休みのおもいでづくり、魅力ある食を楽しみに、そして農作業の手伝いに佐賀へ足を運んでみませんか。

伊豆下田の爪木崎で海岸清掃

044 関東地方が梅雨明けしたばかりの7月29日、30日の両日、伊豆半島の南端、下田市の爪木崎へ出掛けてきました。
 お天気に恵まれた両日、自然からのメッセージを理解するための學を身につけるために、成田から東京へ出て、さらに東京から5時間かけて現地に到着しました。

 ここは、アリスの門と呼ばれるそうです。

046 門をくぐると目の前に美しい青い海が広がります。ゴミ一つ無い美しい芝生。

 この場所は皇室の御用邸がすぐそばにあるために、行政が総力を挙げて清掃活動を行っているから、この美しい環境が維持されているということを知りました。


051 広場での授業を終えると海に向かって歩いて行きます。
 眼下に広がる美しい海。しかし、その景色が少しずつ違った姿を見せてきます。海岸にテントを張ってくつろぐおじさん。美しい景色に癒やされているようです。

 しかし、その先には・・・。

054 大きな冷蔵庫!!

 遊歩道はありますが、自動車で行くための道路はありません。
 キャンプに来る家族が捨てに来るわけはありません。
 この冷蔵庫が、どうしてここにあるのか?

 これが、日本の海の実情なのです。決して、そこに捨てようと思って捨てられたゴミがそこにあるわけではありません。意図しない場所からそこにたどり着いたのです。
 たとえば、津波で流された家の中から流れ出た冷蔵庫の一つが、この冷蔵庫なのかもしれません。
076 時々ニュースで
「川原でキャンプ中のグループが、増水した水で中州に取り残されている様子」
を報道されます。
 取り残された家族は、場所代も払ってキャンプをしている。
何も悪いことをしていないのに。
そう思うでしょう。

 しかし、地球から見た姿は違って写るのかもしれませんね。
「ここにテントを張るお前、そこにテントを張る前に、この冷蔵庫を片付けろよ。」
と。もし、あなたの部屋に身も知らずの誰かが、毎日ゴミを捨てていったら、あなたは警察や市役所に届けることなく、何日間我慢できるのでしょうか?
「あなたが我慢できる時間」
それが、自然の待てる時間なのです。

083 ゴミを拾うだけながら芦刈海岸や県内の海岸でも行うことができます。しかし、自然からのメッセージを解釈できるのは法友との学びです。
 学びの深い2日間でした。

第41回本庄会

 東日本大震災が発生した翌年、佐賀市本庄町の居酒屋で「本庄会」がスタートしました。毎月一回の開催で、被災地支援などを目的に、会費3500円+寄附500円の個人負担で開催し、寄付金は個人負担と同額をお店も負担して積み立てる仕組みで継続されました。私が初めて東北の被災地へ足を運んだ時期と同じだったこともあり、第2回から参加してメンバーや会合の中身がいろいろ変化することも感じながら過ごしてきました。
 実際に東日本大震災を支援したのは1回に終わったようですが、募金は継続され、振り返るとその用途に疑問を持つこともありました。震災から5年を迎える今年こそ、東日本大震災の被災地に、と思っていたのですが、東京から帰る直前に起きた、熊本地震で状況は一転しました。

 あまりに近くで起きた地震。被災地の線引きが難しい地震。出遅れた感じは否めません。本庄会は通常の参加が20名前後。残念ながら昨日の参加は6人。しかし充実した議論ができたと思います。
 4年間に動いた寄付金は約35万円。そのうち15万円が手元に残っています。
「これを今使わずに何時使うの?」
 会合の発足場所が本庄ということで、佐賀大学のお膝元。立上直後には佐大生も多く、その中には熊本出身の方もいらっしゃいました。メンバーに熊本出身者がいるならそこを拠点に支援しても良いだろう。そう考えてまとまったのが
「熊本出身のメンバーの実家がお総菜屋さん。そこの弁当700円を応援販売とすることで、被災地の人々を支援すると共に、地域の流通に貢献しよう。」
ということで、週末など限定で100〜200円程度を本庄会が負担し、地域の皆さんに少しお安く弁当を購入してもらえるようにすることが決まりしました。時間が合えば、メンバーも応援に駆けつける予定です。

一律に支援することが難しい以上、これも支援方法の一つとして、良いまとまりになったと感じています。

ある中学生の夢にビックリ!

今週、中学生が将来の夢を語る場面に遭遇しました。その内容にビックリ!
将来は公務員になるんですって!
公務員になって、お金を稼ぎたいんですって!
月収は70万円くらい!

 10代の若者数名を前に、思わず説教してしまいました。

「そんなんではダメ。もっとしっかりした仕事を考えないと。
同じ公務員になりたいのでも、公務員になることが目的ではなく、公務員になって何をしたいかが明確であればOK。たとえば、土木技師になって町をつくりたいとか、・・・・・・」

周りにいた人からは
「すげー説得力がある」
と言っていただきました。私を評価してもらう必要はありませんが、将来「公務員になりたい」という夢を語る子供を育てた親の教育を考える必要があると感じます。

「月収70万円をもらう公務員」
その給料は誰が払いますか?

皆さんの税金です。しかも、本人の給料が70万円なら負担する方は、福利厚生費をはじめ150万円以上が必要になります。そんな計算から教えなければならないのでしょう。

「夢は月収70万円の公務員」
と語る中学生では、将来仕事がなくなることが保障されるでしょう。あなたの仕事はコンピュータ、ロボットが代わりに行います。

真剣に親の教育を考えないと「この国は滅んでしまう」そう感じてしまいました。

未来の世界はファンタジーから

016 黒姫童話館を訪ねます。バスを降りて裸足で芝の上を散策。地球の暖かさを感じます。
 芝生に目を向けると小さな動物たちが懸命に生きる姿を見ることが出来ます。

 さて、童話館。改めてミヒャエルエンデの言葉を考えます。

「おまえは自分の知らないものにかんして存在を認めません。そしてファンタジーなど現実でないと思うのです。でも未来の世界はファンタジーからしか育ちません。私たちは自らが想像するものの中でこそ自由な人間になるのです。」

 振り返って三ヶ月前倒しになった昨年の選挙。ファンタジーを描きながら、それを主役に戦うことができませんでした。新しい取組を実行するためには勇気と信じる力が必要です。

先祖供養は善光寺

020 3年ぶりに長野・善光寺を訪ねました。ここでの目的の一つに、戦没者の御魂を仏式でお祭りされている三重の塔へお参りに行くことがありました。
 靖国神社の参拝が政治的に賛否の議論がなされる中、そうした声に左右されることなくお参りしたいとのおもいで短い時間でしたが、実現させることができました。

 善光寺は宗派を越えて先祖供養ができるといわれます。今回は母と共に参加しましたので、飯盛家と母の実家の先祖供養をお願いしてきました。三年前に訪れたときは、その準備をしていなかったので善光寺で供養を依頼するのは初めてです。
 善光寺の本堂には阿弥陀如来様と観音菩薩様、勢至菩薩様が迎えて下さいます。今回は願い事がないので、タダ感謝のお参りになりました。

003 善光寺へ貸切バスの駐車場から入るとすぐの場所に、7年目に一度行われるご開帳の時に建てられる回向柱を見ることが出来ます。
 毎回新しいものを前にして、古くなったものは腐ったところを除いてだんだんと短くして埋められます。

1人教王護国寺へ

074 神宮参拝の帰りに東寺に立ち寄り、ご挨拶させていただきました。本来、熊本地震を受けて6月1日に緊急召集された、日本を護るための参拝に参加しなければならなかったのですが、稲の種まき日程の都合上、時間をつくることができなかったためです。


076 先生から日頃
「旅行は一人で行くものではない。2人以上で出掛け何を感じるかが大切だ!」
と言葉をかけられます。「1人で東寺を訪れるとは論外」とも思いましたが、日本の危機である今、時間がありながらそこをスルーする方がもっと問題だと考え、内なる5人と救国の念いを新たにしてきました。

10年目の神宮参拝

022 平成28年6月6日朝
人影のない神宮参道を歩くことができました。
 初めて伊勢神宮にお参りしたのは 平成18年8月。それまで、初詣を含めて観光目的で神社参拝することしかなかった私が、全く違ったに踏み入れた理由は「運命学」の影響かもしれません。
 
051 前年に仕事で立ち寄った取引先で
「(六星占術で社長と私の)来年の相性を見てやる」
といって本を取り出されたことにはじまります。その影響なのか、当時放送されていたテレビ番組
「幸せって何だっけ?」
を見ることが習慣になりました。その番組の中で出演者である
カンニング竹山さんの鑑定で、
「次の誕生日までに結婚しなさい、でないと死ぬよ。宿命大殺界が終わるから。」
という場面が印象に残りました。宿命大殺界、何だろう?
 当時はインターネットで宿命大殺界を計算するサイトが有り、簡単に調べることが出来ました。簡単に見ることが出来たのは良かったのですが、なんと私の宿命大殺界も同じように終わりを迎えようとしていたのです。
 あらためて本を購入して宿命大殺界を調べるも、コンピュータの結果に間違いはなさそうです。これは一大事でした。

029 テレビで鑑定された竹山さんは当時お付き合いをされていた女性に、番組中にプロポーズして結婚なさったのですが、私にはその相手がいませんでした。
 もしいたとしても、この年の私は大殺界の真ん中、幸せにならない、命をつなぐだけの結婚など考えられませんでした。
 知らなければ、そのまま過ぎてしまう課題が、大きなプレッシャーとしてのしかかってきます。
 まさに最後の神頼みという事で足を運んだのが、私のお伊勢参りのスタートなのです。

 一生に一度のお伊勢参り

 本当にそんな気持ちでした。お参りする前日に伊勢市駅の前のホテルに泊まり、翌朝は日の出時刻に間に合うように、予約したタクシーで二見浦へ(たぶん5000円くらいかかった)。ホテルへ戻って外宮・内宮の順に参拝。
047 初めてのことなので、正式な参拝方法など分からなかったので、白い封筒に
「上 飯盛良隆」
と書いてお賽銭を入れてお参りしたと思います。誕生日まで約一週間の時です。
 その甲斐あって、誕生日を無事に越すことができました。さらに伊勢神宮についての学びを深め、大殺界を抜けた正月に、改めてお礼参りをさせていただきました。

060 学びの中で、神宮と共に斎宮という歴史があったことも知り、足を運びました。

 いろんな反省、感謝、祈念、また反省、様々な思いがありますが以来、毎年足を運ぶことができることが、一番の感謝だと感じています。

限定解除の試験合格

 人の気持ちを読む管理能力の一つに、経験者の判断、洞察力を教わることが必要とされます。人の不安の原因は未経験から生じるものであり、様々な経験を積むことで不安を取り除くことができるのです。経験値を増やすためには、どんな仕事が来ても言い訳をしないように準備することが必要になります。

001 昨年2月から受験していました大型特殊車両の限定解除。昨日、10回目の挑戦でなんとか合格できました。
 平成24年9月に「農耕車限定」で免許を受けていました。合格当初は、将来役に立つかも、と思いすぐにでも受験しようと思ったのですが、その後いろいろな慌ただしさから試験場に足を運ぶことはありませんでした。
 しかし昨年、普通二種免許を受験することにした際、試験慣れすることを兼ねてこちらにも挑戦することに。
 ところが、佐賀県では毎週金曜日の午前しか試験が実施されません。しかも、一日6名までという事で、不合格者が多くなると、一週間前には予約できない状況になります。しかも、3月から4月10日までは隔週金曜日の実施ということもあり、受験すること自体が困難で、挫折するかと思っていました。

003 東京から戻り、まとまった時間がとれるようになったので、先週からあらためて挑戦。昨日の試験で、ぎりぎり合格することが出来ました。

 新しく免許の裏書きには大特限定解除の文字が記載されました。


 慣れない車両で、それを操ることにみんな苦労します。そして、普段から守れない交通ルールにも苦心します。特にポイントとなるのは
・ 左折時に白線から1m以上、車輪が離れないこと
・ 右折時に中央のゼブラから2m以上車輪が離れないこと(小回りしないこと)
・ 右折時に中央線から50cm以内に車輪を寄せること
・ 合図を出すタイミングは車線変更時は3秒前まで、右左折時は交差点の手前30m、方向指示器を出してルームミラー、サイドミラー、目視の順に確認すること。
・ 発進、および前進・後退が切替わる際には、目視で右後ろ、左後ろ、右前、左前の4点確認を行った上で速やかに進行すること。
・ 左折時の巻き込み確認
・ 踏切停止時の窓開け確認
・ 停止位置(「赤信号」「止まれ」は停止線を出ない、出発点はポールの間、中心±30cm)厳守。
・ 乗降時の安全確認
などが上げられます。特に冒頭の3項目は自動車運転の際に忘れがちになりやすいので注意が必要です。

青春18きっぷっで只見線を走る

017 平成28年3月6日。25年前からの念願が叶い、只見線に乗車することが出来ました。高専を卒業する年に企画した、このルートを通って北海道を目指すこと。当時人気のトワイライトエクスプレスのチケットが、偶然にも前日に手に入りルートの変更をしたのです。


025 紅葉の時期は特に人気のこの路線、雪が溶け始めるこの時期は、ご乗車なさる観光客も少ないようです。
 車窓の雪もほとんどなくなってきています。




035 紅葉はなくても車窓には美しい渓谷が見えてきます。







064 平成23年の大雨で不通になった区間。バス代替輸送のため線路を眺めながら走ります。






088 会津川口駅にて。これから会津若松を経由し仙台市内泊。明日は東日本大震災で津波被害を受けた、東松島市野蒜地区と石巻市、女川町へと足を運ぶ予定です。
お問い合わせ

名前
メール
本文
飯盛良隆


佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学・氣學を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!
実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。
そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ