飯盛良隆のi佐賀iよ〜したか

住まいづくりのコンシェルジュから転身 佐賀県知事に挑戦した飯盛良隆のブログです。

準完全無農薬・無化学肥料のお米「Shin-和」
平成29年産はただいま予約販売受付中です。

災害・防災

防災を考える

 昨日は「防災の日」でした。各地で様々な訓練も実施されていたようです。
 ここで防災をテーマにしたのは防災をテクニックとして考えるためではありません。
「防災」という漢字から意味を考えてみたいのです。
 防災という漢字は「いをぐ」と書かれています。確かに、災害が発生した後、スムーズな対応が出来なければ人的被害が拡大します。しかし、素直に意味を考えれば、災害を起こさないことが防災なのです。災害を起こさないこと。

 堤防をつくることでしょうか?
 耐震住宅を作ることでしょうか?
 脱原発を進めることでしょうか?

想定外という言葉に象徴されるように、どれも間違いであることを學ぶ必要があります。

 20年前にこの世を去った司馬遼太郎氏は、子どもたちへ向けた作品「二十一世紀を生きる君たちへ」の中で
051 人間は、〜自然によって生かされてきた。古代でも中世でも自然こそ神々であるとした。このことは、少しも誤っていないのである。歴史のなかの人々は、自然をおそれ、その力をあがめ、自分たちの上にあるものとして身を慎んできた。
 その態度は、近代や現代に入って少しゆらいだ。
 〜人間こそ、いちばんえらい存在だ。
という、思い上がった考えが頭をもたげた。二十世紀という現代は、ある意味では、自然へのおそれがうすくなった時代といっていい。

と述べられています。そして、こうした考えの時代は、終わっていくにちがいないと。

 東日本大震災以降、人の心が変わりつつある一方、既製の利益を受けてきた人たちの思いを変えるには、まだ時間がかかりそうです。
 眼に見えないもの、神社をお参りする人も増えました。伊勢神宮をお参りする人の数が1000万人を超え、先人たちの行動に念いを寄せ靖国神社をお参りする人も、増えているようです。

 しかし「災害を防ぐ」ために必要なのは、身近な地域の神社を参拝し、自然に感謝し、この土地で暮らすことができることへの「感謝の祈り」をする人が増えていかなければならないのではないでしょうか?

 今から50年前。私の住む江利部落は世帯数が40戸程度の小さな集落でした。しかし、子どもたちは毎週日曜日の朝に神社に集まり、草むしり、掃き掃除、境内の拭き掃除を行っていました。夏休みをはじめ、様々な季節のお祭りごとに地域の人たちは、神社へ足を運んだものです。

 月日は流れ、4町合併により市役所が隣接した現在は、世帯数が200戸近くに増え、さらなる開発も予想されています。しかし、新しく転入された人に限らず、以前から住む人たちからも信仰心が失われ、神社の清掃はもちろん、お祭りに参加する人もわずかになってしまいました。

 宗教の自由を口実に、神社と関わらないのはこの世の価値観として認められています。しかし、地域を守護する毘沙門天をはじめ、土地の神様をお参りしないことは、自然に対する敬意を失い、共存共栄する日本の精神を否定するように感じます。
 住む場所を愛する人の割合が50%を割った今、この土地を自然災害から守る方法は、ありません。その現実と向き合う必要に迫られています。

非常持ち出し袋のラジオで液漏れ

006 毎朝続けるラジオ体操。
 正しくはテレビ体操を録画し、起床後しばらくしてからの時間に、その画像を見ながら行っていました。
 今回、ラジオ体操会を企画するにあたり、ラジオを探してみました。
 


007 その際に、災害時のために準備している「非常持ち出し袋」の中を確認してみます。
 コンパクトなラジオは準備していますが、電池を入れたままのラジオは「液漏れ」発生により、使用することが出来ません。

 非常時の情報源として大切なラジオ。
 ラジオをはじめ、非常持ち出し袋の中に入れるアイテムの電池管理は非常に重要です。特に寒い季節は非常持ち出し袋を置いている場所の温度差が激しく、低温の時に結露が発生し液漏れへとつながるようです。

 せっかく準備するものですから、常に使える状態に確認しておくことが大切だと感じました。

小学生の目に映る津波の映像は

213 昨日、天皇皇后行陛下が宮城県女川町を、お尋ねになったというニュースが流れていましたが、ちょうど10日前に女川町へも足を運んでいました。





216 鉄道が再開されて間もなく1年、駅前商店街も作られ、駅前には人々の賑わいが戻りつつあります。(震災前の女川町の様子を知らない私が書くのも変ですが)





254 一方で、高台移転の住宅地整備はまだまだこれからのようです。道路を歩くと、まきあげられた砂埃の影響でしょうか。鼻水が止まらなくなってしまいます。一瞬花粉症かと思ってしまいましたが、翌日以降にその症状は出ないので、明らかに埃の影響です。
 復興途上の町に住む人々の、伝わってこない日々の苦悩ですね。

264 駅前が賑わいを取り戻す一方で、2年前は人々で溢れていた希望の鐘商店街。こちらは、到着した時刻が13時半と食事時を過ぎた影響もありますが、人影がまばらで「地方都市の商店街」というイメージに写りました。
 被災地の中でも、地域隆盛の流れが出来ています。

298 今回の被災地訪問で一番影響を与えたのが、女川駅横の物産館で出会ったこの本です。
 当時小学5年生の子どもたちの目に映った、震災当日の様子。震災以降一転した暮らしの日々。月日が経つことで、出来事を風化させてはいけないとの思いから語り、綴られた内容です。

「避難した場所で流されるおじさん。手を伸ばして・・・・・・」

とてもリアルで、大人たちの声のようにフィルターのかからない声。

もし、自らが同じ立場を経験した時のために考えたいこと、そんな本です。

震災から5年 東松島市を訪ねる

036 3月7日月曜日、震災から1年後の2012年
3年後の2014年に続き、東松島市野蒜地区に足を運びました。
 
JR仙石線の野蒜駅、東名駅は山側の丘の上に移転して、新しいまちづくりのための区画整備が進んでいます。
032 次に足を運ぶ時には、新しい町が完成しているかもしれません。ただ、これまでこの町で暮らしてきた人たちが、この場所で暮らすことが出来るか気になります。仙台市のベッドタウンでもあるこの地域。5年前の震災で時計が止まった感じのする地元の人々がここに住むより早く、新しい人たちが新たな町をになうのではないか、そんな感じがする景色です。

084 一方で古い野蒜駅ホームは、前と変わらぬ姿で保存されています。







085 旧駅舎は観光案内所に衣替えされていました。職員の方とのお話しで、旧駅舎はこのままの形で保存することが決まったそうです。






086 観光案内所の様子。






087










これまでと同じように被災現場へも足を運んでみます。町中の後片付けは終わっていますが、郊外施設の解体にはもう少し時間がかかりそうです。
114








044 旧野蒜駅と新しい野蒜駅の間に残る仮設住宅。法の縛りで片付けることが出来ない現実が見えてきます。


 観光案内所で職員の方とお話ししながら、何も手助けできることがない私でも、現地へ足を運ぶこと、それだけでも力を与えることが出来るみたいでした。

諫早湾干拓事業の推進派最前線へ

162
諫早湾干拓へ出掛けてきました。
堤防の向こうが新しい干拓地です。

163
堤防の手前は稲作も行われています。

158
堤防の向こうは畑作地帯。大きな農業法人を設立して野菜の栽培が行われているようです。

154
まるで北海道を思わせる景色。

145
人間が作った景色とは思えない雰囲気が漂っています。

115
駐車場に車を止めて堤防を越えていきます。

125
散策路が整備され、展望台が設けられています。

141
葦が生い茂ったこの景色。

134
20年前に行ったサロベツ原野を思い出します。

130
開門賛成と反対で対立する諫早湾事業。海側から見る景色と陸側から見る景色がこうも違うのかと考えさせられます。

092
ところで、干拓の里など資料館があるにもかかわらず、「関係者以外立ち入り禁止」の看板が掲げられています。見せない施設を作りたかったのでしょうか?

環境破壊を食い止めるためにも、正確な情報が公開されることが望まれます。




気仙沼線を走るBRT

101
一見、普通のバスの車内です。

103
車両は普通のバスと同じでも走る場所がちょっとだけ違います。BRT(バス・ラピッド・トランジット)により復旧されたJR東日本・気仙沼線の一部です。もともと線路だった部分を舗装道路にして、数百m間隔で行きあい場所が設けられています。

106
一般車両が進入しないように赤信号の時は遮断機が下りています。

107
バスがセンサーに検知されると信号が変わり遮断機も開きます。

108
駅(バス停)から一般道へ歩いて出ます。

112


116


147
駅の設備も充実しています。

149
トイレと案内板が設置された待合所。

130
気仙沼線を走るBRTの位置情報が一目で分かります。

151
最寄りを走る車両の様子も。

156


161
まもなく到着のお知らせです。この案内があってからホームに出るとちょうど良いです。

163
陸前戸倉駅へ走ってくるBRT。

173
終点柳津で列車に乗り換えです。

現在でも利用が少ない鉄道区間へ導入することを積極的に検討すべきだと感じました。

奇跡の戸倉小学校と志津川町

027
平成26年3月14日志津川町のホテル観洋から出発する震災を風化させないための「語り部バス」に参加しました。ホテルを8時45分に出発して約1時間で志津川の被災地を回ります。

054
ホテルを出発して市街地とは反対の方に

055
まず戸倉地区へ向かいます。
壊れた水門が印象的です。

064
ここには、戸倉小学校が建っていたそうです。
3月9日午前、振り返ると東日本大震災の前震が襲います。防災マニュアルに従って3階建て校舎の屋上に児童全員避難したそうです。
無事に難を過ごしたその日、先生の一人から
「この後、もっと強い地震が想定されるだろう。その時、この校舎の屋上では危険なのではないか?」
この言葉をきっかけに、その日の午後の職員会議で避難場所を学校から国道を渡った先にある神社の建つ裏山に変更されたそうです。

072
3月10日、児童全員による避難訓練が行われました。
そして3月11日の震災。学校にいた児童全員が前日の訓練通りに行動して、無事に一夜を過ごして難を逃れることが出来たそうです。

088
ここは仮設庁舎が活動しているベイサイドアリーナです。
周囲にはまだ、仮設住宅が並んでいます。

102
対岸に見えるのが宿泊したホテル観洋。津波では2階にある露天風呂まで浸水したものの、上の階は難を逃れ避難場所として活用されたそうです。

104
再開された仮設の魚市場。
漁業が盛んな三陸では、やはり市場が再開しないと町の活気が戻りません。震災の翌年、わかめはかつてない生育をみせたそうです。

119
ニュースなどで頻繁に目にした防災庁舎。

122
生き残ることが出来た10数名の方は屋上よりも少しだけ高くなった階段の所とアンテナに上っていた人たちです。

133
2014年3月の志津川市街地。

141
高野会館という結婚式場。
当日は老人クラブのカラオケ大会が開催されていたそうです。震災直後に帰宅しようとしたお年寄りの方々に、責任者の方が
「助かりたかったらここに残りなさい」
と玄関に立ちはだかり、屋上に避難させて命を守ることができたそうです。

大震災の中で、生死を分けるわずかな判断の違い。石巻市の大川小学校の判断が非難されますが、その判断の成否を結果だけで評価するのはどうなのでしょう?

児童達の命を守った戸倉小学校。たまたま早退した児童が津波で命を落とすことになったことにも、誰も責めるわけには生きません。

大川小学校の経験から防災を学ぶ

229
石巻市立大川小学校。宮城県石巻市釜谷山根にある公立小学校でした。
旧桃生郡河北町に位置するので、石巻市の中心から30kmくらい離れています。

233
河口から学校まで約5km。
佐賀県で考えると、唐津市の鬼塚中学校が同じ程度の距離の場所にあります。

250
校庭に立って、実際に避難した大橋を見ますとこんな感じ。


255
振り返って、避難場所として検討された裏山を見ると・・・。



260
河口から5km。
通常の穏やかな流れを見ていると、この場所で起きる被害を予測することは容易ではありません。


264
河口からの距離に限らず防災計画が作成されているのか。
日頃から心掛ける身近な活動の、積み重ねが災害を軽減することにつながると考えて行動する必要があると感じます。

女川の街とトレーラーハウス

0313-27
女川町では、トレーラーハウスの民宿エルファロに宿泊しました。

0312-66
 トレーラーハウスを侮ってはいけません。

0312-67
 普通のお部屋よりもずっと綺麗です。

0312-72
 結構広いです。

0312-68
 おしゃれです。

0312-73
 夕食は・・・。
ちょっと高いかも。

0312-74
 デザート付き

0312-75
 イベントテラスを囲んで複数の食堂があり、宿泊者が多い時には、利用するお部屋の数が増えるそうです。

0313-07
 食堂の中はこんな感じ。

0313-03
 朝ご飯

0313-01
 ちなみに、ここのトレーラーハウスは震災以前より宿泊施設を経営していた方たち4人が共同で運営をはじめていらっしゃるそうです。現在女川町の旧市街地には住居施設を建設できないために、基礎が固定されないトレーラーハウスを設置してお客様を迎え、将来きちんとした場所が確保できるようになった時には、それぞれのオーナーさんが自らの持ち分のトレーラーを移設して営業できるように考えて運営されているそうです。

0313-27


0313-40
 震災の時の津波は、このトレーラーハウスが建つ敷地総てを浸水させたそうです。海岸からは1kmほど、高さは約40mもあります。
 この浸水した地域には現在、住宅を建てることが出来ないそうです。

021
 この日は女川原発のPRセンターを訪れました。

021
 震災の時の様子などいろいろ詳しく伺うことが出来ましたが、震災から1年間休館されていたと言うことで、今回案内して下さったスタッフの方は当時お勤めされた方達ではありませんでした。

024
 その後、女川市街地へ戻り笹かまの工場高政を見学に行きました。
被災地の雇用の場として健闘する工場を見ながら、被災地の支援には笹かまを購入することが一番いいのかもしれないと感じました。
現地に水揚げされるお魚を、現地の人たちを雇用する会社が製造販売するわけですから。

0313-50
お昼ご飯は仮設商店街へ。

0313-51
食事処三秀さんで女川カレー 780円をいただきました。3月9日に海軍カレー。3月11日に新潟で朝カレー。この日3月13日に女川カレー。やっぱり日本人にはカレーが一番ですね。

0313-53
 しっかりといただいた後は、志津川経由で気仙沼を目指します。

2年ぶりの野蒜海岸 復興は今

2012年3月27日、震災から1年が過ぎた宮城県東松島市野蒜地区を訪れていました。ここは、学生時代の1989年8月に訪れて、松島海岸とは異なる美しい砂浜が印象に残った場所でした。

あれからさらに2年が過ぎた今年、宮城県は瓦礫の片付けが完了したと宣言していますが、実際の様子はどうなのか気になって、同じ場所へ足を伸ばしたのです。
128

129
今回2014年、野蒜駅のホームです。

078
077
2012年は晴れの日の午後、今回は小雨の夕方という天気と時間に違いがありますので見え方は異なるものの、様子はほとんど変わりありません。

133
136

土地の整備は確実に進んでいるようです。

140
142
一方で、平気で捨てられるゴミは当時と変わりません。人の念いが天災を創り出すことを学ぶことは出来ません。

105
2012年には至る所に積まれていた瓦礫の山は確かに片づいています。
134
こちらは野蒜中学校
138
校舎は取り壊され備品も片づいていました。
143


148
お隣の公共の宿。
147
こちらは2年前から変わらぬ姿勢を保っているようです。。
152
2年前は瓦礫の山を積み替える車両が溢れていました。
156
アングルが違いますが、片付いた部分とそうでない部分が混在する、瓦礫の定義にどんな意味があるのか考えさせられる東松山市の復興状況です。

159
飯盛良隆
佐賀県小城市三日月町出身。
佐世保工業高等専門学校卒業後、ブリヂストン鳥栖工場設備課勤務。橋本龍太郎通産大臣の時代に第3種電気主任技術者の免状を取得。

建材店:サンコー商事にて14年間建材の販売に携わり新築・リフォームの現場に数多く潜入。戸建て住宅でもインテリアの重要性を感じ平成20年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー福岡校に入学しインテリアの基礎を学ぶ。

平成22年、スメトコプロモーションを設立し住宅CMサービス佐賀の運営を始める。
平成25年2月、ダブルスネットワーク(株)社との契約を解消、住宅CMサービス佐賀の運営を終了する。

平成24年3月、帝王学(氣の學問、道の教え)を学び始める。同年6月
唐津から釜山へ新幹線で!

実現するためには長崎県と佐賀県をひとつに。そしてアジアや世界中の人たちが、自然と人の美しさを求めて足を運ぶ地域にする。

そんな夢を描き知事を目指して政治活動をはじめることに。 活動に専念するために平成26年6月末にて住宅に関する事業は終了。平成26年8月末にて(株)スメトコプロモーションを退社。
平成27年1月11日実施の佐賀県知事選挙に立候補。惨敗。

現在
眞理學指導員 (日産鮎川義塾)
夏・佐賀で稲作
冬・東京エムケイ(株) 勤務
記事検索
お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ